厚谷襄児

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

厚谷 襄児(あつや じょうじ、1934年昭和9年)6月6日 - )は、日本の官僚法学者北海道大学名誉教授弁護士。専門は経済法独占禁止法函館市生まれ。

経歴[ソースを編集]

  • 1953年(昭和28年)3月 - 北海道函館東高等学校卒業
  • 1957年(昭和32年)3月 - 東北大学法学部卒業
  • 1957年(昭和32年)4月 - 函館市勤務
  • 1958年(昭和33年)4月 - 公正取引委員会事務局勤務
  • 1987年(昭和62年)7月 - 公正取引委員会事務局長
  • 1990年(平成2年)3月1日 - 退官
  • 1990年(平成2年)3月3日 - 北海道大学法学部教授
  • 1992年(平成4年)12月15日 - 北海道大学法学部長・法学研究科長
  • 1998年(平成10年)3月31日 - 退官
  • 1998年(平成10年) - 帝京大学法学部教授
  • 1998年(平成10年) - 北海道大学名誉教授 
  • 1998年(平成10年) - 弁護士登録(第二東京弁護士会)
  • 1999年(平成11年)4月 - 愛媛大学法学部非常勤講師 (~平成12年)
  • 2001年(平成13年)4月 - 愛媛大学文学部非常勤講師 (~平成14年)
  • 2003年(平成15年)- 放送大学客員教授
  • 2003年(平成15年)4月 - 愛媛法文学部非常勤講師 (~平成16年)
  • 2004年(平成16年)- 瑞宝重光章を受章

編著書[ソースを編集]