池田知久

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

池田 知久(いけだ ともひさ、1942年1月4日[1]- )は、中国思想学者、東京大学名誉教授博士文学)(東京大学、1998年)(学位論文「『荘子』-「道」の思想とその展開」)。

先秦思想、特にを研究。

略歴[編集]

著書[編集]

  • 荘子学研 中国の古典(5・6)、1983-1986。別冊付録に原文
  • 淮南子 知の百科講談社「中国の古典」、1989
  • 馬王堆 漢墓帛書五行篇研究』汲古書院「東京大学文学部布施基金学術叢書」、1993
  • 『老荘思想』放送大学教育振興会、1996/NHK出版、2012。改訂版
  • 老子 「馬王堆出土文献訳注叢書」』東方書店、2006
  • 『道家思想の新研究 『荘子』を中心として』汲古書院、2009
  • 『郭店楚簡老子の新研究』汲古書院、2011
  • 荘子 全訳注』 講談社学術文庫(上下)、2014。学研版の全面改訂版
    • 『荘子 全現代語訳』 講談社学術文庫(上下)、2017。簡易改訂版
  • 『「老子」 その思想を読み尽くす』 講談社学術文庫、2017

共編著[編集]

  • 諸子百家文選』研文社、1995
  • 『中国思想文化事典』東京大学出版会、2001(溝口雄三丸山松幸共編著)
  • 『郭店楚簡儒教研究』汲古書院、2003
  • 『占いの創造力 現代中国周易論文集』勉誠出版、2003
  • 『中国思想史』東京大学出版会、2007(溝口雄三・小島毅共著)
  • 『中國傳統社會における術數と思想』汲古書院、2016(水口拓壽共編)

参考[編集]

  • 「池田知久教授略年譜」『大東文化大学漢学会誌』2012-03

脚注[編集]

  1. ^ 『現代日本人名録』