海部観光

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
海部観光株式会社
Kaifu-Kanko Co.,Ltd.
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
779-2305
徳島県海部郡美波町奥河内字弁財天84-1
設立 1996年6月5日
業種 陸運業
事業内容 乗合バス事業・貸切バス事業
代表者 代表取締役社長 打山 秀明
資本金 2550万円
外部リンク http://www.kaifu-kanko.co.jp/
テンプレートを表示

海部観光株式会社(かいふかんこう、英語: Kaifu Kanko Co.,Ltd)は、徳島県海部郡美波町に本社を置く貸切バス・高速路線バス事業者、旅行会社である。コーポレート・ステイトメントとして「徳島の先頭を走り続けたい」を掲げている[1]

会社概要[編集]

  • 本社:徳島県海部郡美波町奥河内字弁財天84番地の1
  • 登録番号:徳島県知事登録旅行業第2種108号、社団法人全国旅行業協会正会員
  • 創業:1996年6月5日
  • 代表取締役:打山昇(会長)、打山秀明(社長)
  • 営業所:阿南営業所(阿南市津乃峰町東分99の9)、徳島駅前営業所(徳島市一番町2の18)
  • チケット売り場:徳島駅前バススクエアチケット売り場(無人店舗)(ひらい丼徳島店右隣)、松茂チケット売り場無人(無人店舗)(徳島とくとくターミナルのりば、ローソン松茂中喜来店右隣)

特徴[編集]

高速バス「マイエクスプレス」(ツアーバス時代)

1996年平成8年)6月5日、当時バス運転士として働いていた打山昇(現会長)が会社を創業し[1][2]、同年7月10日付で旅行業登録を受け[2]旅行会社として事業を開始したという比較的新しい事業者である[3]。その後は1998年(平成10年)2月10日付で一般貸切旅客自動車運送事業について認可を取得(四運自旅第71号)し[2]、いわゆる「観光バス」「貸切バス」の運行を手掛けるようになった。貸切バスの運行では、阪急交通社主催ツアー専用のバスを所有・運行している。

バス事業では当初観光ツアー向けの貸切バス運行のみを手掛けていたが、2006年(平成18年)10月阿南徳島東京新宿東京駅)便の運行を開始したのを皮切りに、いわゆる「(高速)ツアーバス」に参入[1][4]。2013年8月の新高速乗合バス制度施行と同時に高速乗合バスに移行し、現在では「マイエクスプレス(“MY Express”)」のブランド名を用い、徳島⇔東京便以外にも徳島⇔大阪神戸便を設定・運行するなど、業容を拡大している。

東京⇔徳島間のツアーバスは途中大阪(梅田駅付近)に停車する便(停車しない日もあり)もあるので、東京⇔大阪間の利用者も多い。トイレ付きの3列独立シートを採用している東京⇔大阪間のツアーバスで、料金が比較的安めに設定されている。

2011年4月27日に2列12席の全席個室タイプの車両「マイフローラ (“MY Flora”) 」を、さらに2012年4月1日からは3列独立21席で「マイフローラ」と同様な大型化粧室を備えた車両「マイリピート (“MY Repeat”) 」を東京⇔徳島便に就航させるなど、車両施策の面でも主力路線である東京⇔徳島便を中心に特徴的な施策を採っている。なかでも「マイフローラ」は、2列12席・全席完全個室タイプという座席配置のほかに、土足厳禁で乗車時に専用の上履きに履き替えるシステム、各座席への小型液晶テレビの設置(地上デジタル放送BSデジタル放送を楽しめる)、大型トイレの採用(桜交通ロータリーエアーサービスから継承したキラキラ号に匹敵する広さのものを採用している)など、非常に豪華な装備となっている。

新制度移行前は古川運送・脇町観光バスのほか、高速ツアーバス事業者としては唯一公営事業者に運行委託を行っていた(小松島市運輸部[5]

運行路線[編集]

東京線(阿南〜東京)[編集]

阿南市津乃峰町の海部観光阿南営業所と東京地区を結ぶ。バスの種類別(マイフローラ、マイリピート)に1日計2便運行される。京王電鉄バスの高速バス予約サイト「ハイウェイバスドットコム」での予約が可能。

以前は一部の便が大阪(梅田)・神戸(三宮)に立ち寄っていたが、2017年1月より停車を取り止めている。

走行距離が700kmを超える[6]ため、乗務員は2人体制をとっている。また、途中2〜3カ所のパーキングエリアサービスエリアを経由し、休憩をとる行程となっている。

関西線(阿南〜大阪国際空港)[編集]

海部観光阿南営業所から大阪の中心部である梅田を経由し、大阪国際空港までを結ぶ。途中、神戸淡路鳴門自動車道室津パーキングエリアにて休憩をとる。1日14.5往復運行されている。

過去には神戸(三宮・新神戸)へも運行されていたが、2015年12月23日より運休中。

2014年4月1日からは阿南〜徳島間の区間利用が可能となった[7]

停留所[編集]

徳島県内
関西地区
東京地区

関連項目[編集]

脚注・出典[編集]

  1. ^ a b c 「海部観光、阿南・徳島〜東京線高速ツアーバスに横3列シートの新型車両「MY Repeat」を投入」 海部観光が新型車両「マイリピート (MY Repeat) 」の導入に際して発表したプレスリリース(Microsoft Word文書)。2012年3月16日発表。
  2. ^ a b c 海部観光株式会社 会社情報
  3. ^ 当初は有限会社として創業され、のちに株式会社に改組された。その名残で、現在でも運行する高速ツアーバスや観光バスの集合・待機所等の看板に「海部観光有限会社」と表記したものが見られる。
  4. ^ 「海部観光、阿南・徳島~東京線高速ツアーバスに横2列シートの最高級車両投入」 日刊工業新聞グループサイトに掲載された企業発表記事。
  5. ^ 乗り物ファンの雑記帳(「公営交通がツアーバス!?」)より
  6. ^ 大阪駅停車の便が740km、それ以外の便については710kmと案内されている。また、所要時間については前者が約11時間、後者が約10時間とされている。
  7. ^ 大阪便高速乗合バスにおいて「阿南⇔徳島」間にて乗降利用をしていただける届け出をいたしました。

外部リンク[編集]