死霊のはらわた

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
死霊のはらわた
The Evil Dead
監督 サム・ライミ
脚本 サム・ライミ
製作 ロバート・タパート
製作総指揮 ロバート・タパート
サム・ライミ
ブルース・キャンベル
出演者 ブルース・キャンベル
音楽 ジョセフ・ロデュカ
撮影 ティム・ファイロ
編集 エドナ・ルース・ポール
ジョエル・コーエン
配給 アメリカ合衆国の旗 ニュー・ライン・シネマ
日本の旗 日本ヘラルド映画
公開 アメリカ合衆国の旗 1981年10月15日
日本の旗 1985年2月1日
上映時間 85分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $350,000
興行収入 $2,400,000[1] アメリカ合衆国の旗カナダの旗
次作 死霊のはらわたII
テンプレートを表示

死霊のはらわた』(原題: The Evil Dead)は、1981年公開のアメリカスプラッター映画。カラー、91分。リバイバル上映時R-15指定。

監督サム・ライミの長編デビュー作。1980年代のスプラッター・ブームを発生させた作品として知られ、続編として『死霊のはらわたII』、『キャプテン・スーパーマーケット』があり、当作品を含む3部作はカルト映画としても非常に有名[2][3]2013年にはリメイク映画である『死霊のはらわた』が公開された。また2015年にはオリジナルシリーズから30年後のアッシュを主人公とした正当続編としてTVシリーズ『死霊のはらわた リターンズ』が製作され、2016年にはシーズン2が放送された。

ストーリー[編集]

楽しく休暇を過ごそうと、アッシュ、姉(一部字幕では妹)のシェリル、恋人のリンダ、友人のスコットと彼の恋人のシェリーら5人の若者たちは、森の小屋を訪れる。その地下室を物色していたスコットは偶然『死者の書』とテープレコーダーを見つけ、興味本位でテープを再生してしまうが、録音されていたのは森に封じ込められていた悪霊を蘇らせてしまう呪文だった。

復活した悪霊の声に呼び寄せられて森に出たシェリルは森の木々に襲われ、負傷して小屋へ逃げ戻ると、恐怖におびえて強引にアッシュに運転させ、車で山を降りようとする。しかし途中の橋が落ちており、やむなく小屋へ引き返す。状況を把握しようとテープの続きを聞いていると、突如シェリルが悪霊に憑依されて死霊と化し、リンダの足首を鉛筆で刺して負傷させる。スコットは斧で反撃してシェリルを地下室へ閉じ込めるが、シェリーも窓を破って侵入してきた悪霊に憑依されて死霊と化し、スコットに襲いかかる。格闘の末、スコットはテープに録音されていた死霊を倒す方法に従い、シェリーの身体を斧でバラバラに切断する。スコットはアッシュと2人でシェリーを埋葬するが、自分は迂回路を探してでも帰るとアッシュたちを置き去りにし、森に入ってしまう。

小屋へ戻ったアッシュが眠っているリンダの様子を見に行くと、足首の傷から何かが広がり、彼女も死霊と化す。そこへ、森の木々に襲われて瀕死と化したスコットが逃げ戻ってくる。リンダを小屋の外へ追い出したアッシュはスコットを何とか励まして水を飲ませようとするが、彼は息絶えてしまう。

一人残されたアッシュはナイフを持ったリンダに襲いかかられ、彼女の背中にそのナイフを突き立てて倒すと、納屋に運んでチェーンソーで切断しようとするが、どうしても決心がつかずに外で埋葬する。まもなく、土の中から飛び出して襲いかかってきたリンダに対し、アッシュはスコップで斬首する。

小屋へ戻ったアッシュは死霊と化したスコットとシェリルに襲いかかられ、スコットに足を掴まれて動けなくなるが、床に落ちていた死者の書をリンダの形見のペンダントで手繰り寄せ、暖炉に投げ込む。死者の書が燃え上がると死霊たちは次々に溶け出し、その腹を粉砕して異形の生き物が現れては力尽きていった。

やがて夜明けが訪れ、静寂の中でアッシュは小屋を出るが、彼の背後から何かがアッシュに迫り、襲いかかるのだった。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
アッシュ ブルース・キャンベル 鈴木正和
シェリル エレン・サンドワイズ 乾政子
リンダ ベッツィ・ベイカー 浅野るり
スコット ハル・デルリッチ 加瀬康之
シェリー サラ・ヨーク 伊藤亜矢子

スタッフ[編集]

オリジナルサウンドトラック[編集]

製作[編集]

A man sitting next to a microphone placed on a table.
サム・ライミ 長編映画『死霊のはらわた』に対する投資者からの関心を集めるために短編映画である「ウィズイン・ザ・ウッズ」を制作した。

背景と執筆[編集]

サム・ライミブルース・キャンベルは幼いころからの友達であった[4]。2人は協力して低費用でいくつかの8ミリ映画を製作した[5]。 その中には「クロック・ワーク」(Clockwork)や「イッツ・マーダー」(It's Murder!)といったいくつかのコメディ映画もあった[6][7]。「イッツ・マーダー」のサスペンスシーンの撮影によってライミはホラージャンルの映像制作意欲が沸き、ドライブインシアターでのホラー映画調査を行った後に、ライミはホラー映画を手掛けることとなった。初めに製作者の関心を引くであろう短編映画を製作し、そしてそこで集まった資金を使って長編映画を制作することを考えた[7][8]。ライミが作った短編映画は「ウィズイン・ザ・ウッズ」(Within the Woods)と呼ばれた[9]。その作品は1,600ドルで製作されたが、長編映画である『死霊のはらわた』の製作には100,000ドル以上が必要であった[10]

ライミは映画の製作費を作り出すため、友人の一人の弁護士を務めていたフィル・ギリーズに話を持ちかけた[10][11]。ライミはギリーズに「ウィズイン・ザ・ウッズ」を見せた。ギリーズはその短編映画に特別感銘を受けたわけではなかったが、ライミに『死霊のはらわた』を制作する上での法律的助言を与えた。ライミはギリーズからの助言を念頭に置きながら、様々な人から強く援助資金を請うた[10]。キャンベルは家族一人一人に頼みこみ、ライミは興味をもったと思った人に頼んだ[10]。最終的に、当初期待していたほどではなかったが、長編映画の制作に必要になる十分な資金を集めることができた[10]

二人は映画製作に必要な資金を手に、ハワード・フィリップス・ラヴクラフトの小説の中でライミが面白いと思ったものから「死者の書」という仮のタイトルをつけ、制作を始めた[7][12]。その映画は高い制作費用を使い、短編映画である「ウィズイン・ザ・ウッズ」を長編映画に再映画化したものになると考えられていた。ライミは撮影の直前に20歳になり、彼はこの撮影計画を「通過儀礼」として考えた[13]

制作準備と配役[編集]

2009年時のベッツィー・ベイカー、エレン・サンドワイズ、テレサ・ティリー

映画『死霊のはらわた』の制作のためにライミはかつて共同で制作していた仲間や友人に援助を依頼した[13]。ライミはキャンベルを主人公であるアッシュ・ウィリアムズに配役した[14]。多くの役者を集めるため、ライミは「ザ・デトロイト・ニュース」に広告をつけた。それに応えた女優の一人であるベッツィー・ベイカーや、「ウィズイン・ザ・ウッズ」に出演していたエレン・サンドワイズも同様に配役した[13]。スタッフのほとんどがライミとキャンベルの友人や家族で成り立っていた。「ウィズイン・ザ・ウッズ」のメイクアップアドバイサーであるトム・サリバンは以前にライミと働くことに対しての前向きな反応をしていたため、特殊効果を制作するために連れてこられた。

キャストはロケーションスカウトの正式な協力なしに、自分自身でロケ地を探さなければならなかった。制作チームは初めにライミの故郷であるミシガン州ロイヤルオーク で撮影を進めようとしたが、テネシー州モーリスタウンでの撮影を選んだ。なぜなら、テネシー州は唯一ライミの映像制作に対する意気込みを示していたからであった。制作チームはすぐに他の建物から遠く離れた場所に位置する小屋を見つけた。 制作準備の時点で13人のメンバーがそこにとどまらなければならず、 同じ部屋で眠らなければいけなかった。メンバーの中で意見がぶつかってしまうこともあり、生活状況は厳しかった[15]

スティーブ・フランケルは唯一の大工であったため、美術監督の単独貢献者になった[16]。 外観撮影のために電動丸のこを使っていくつかの精密な小道具を作らなければならなかったが、小屋のほとんどは制作中に発見された状態のまま使用された。小屋に配管設備はなく、電話の配線だけがつながっていた[15][17]

撮影[編集]

この映画ではシェイキーカム(shaky-cam)という撮影技法を用いている。シェイキーカムとは中央にカメラを取りつけた木材を二人の人間が両方で持ちながら全速力で走るといった撮影技法である。本来、監督はステディカムを利用したかったが、予算の都合で使えなかったために発案した苦肉の策であり、これ以後で同じような撮影をする場合はステディカムを使用している[18]

終盤、主人公が壁の後ろから悪霊の手に捕まれる演出が有るが、これは監督の手である。当時、予算と配役の関係上、カメラマンと二人きりになってしまい、その様な演出に変えたとのこと。

編集[編集]

Two men in button-up shirts smiling.
写真右が映像編集に協力したコーエン兄弟のジョエル・コーエン

大規模な映画製作の過程の後、ライミには編集しなければならない「多量のフィルム映像」があった[19][20]。ライミはデトロイト編集協会を編集場所に選び、そこでエドナ・ポールに会った。ポールのアシスタントをしていたのはコーエン兄弟のジョエル・コーエンであり、彼は映像編集を手伝った[20][21]。 ポールは映画の大半を編集し、ジョエルは特に小屋での場面を編集した。ライミが制作した「ウィズイン・ザ・ウッズ」に触発されたジョエルは、投資者の関心を集めるための試作映画を制作する考えを気に入った[21][22]。ジョエルは弟のイーサンと協力して『ブラッド・シンプル』の制作を促進するためにこのコンセプトを利用した。そしてこの編集過程を通じてライミとジョエルは友人となった[12][22]

最初の編集で117分に達するほどになったが、キャンベルはシナリオでは65分しかなかったことを考えると素晴らしい仕上がりだと思った。その後、より市場向きの85分に至るまで編集を進めた[20]。 ライミはブライアン・デ・パルマが映画『ミッドナイトクロス』の編集をジョン・トラボルタと共同で同じ音響施設で行っていることに触発された[20]。編集期間の中で最も複雑だった状況のひとつに、「死体が溶けていく」場面のストップモーションがあった。その編集には何時間もかかった[20]。映画にはスタッフによる広範囲にわたる録音を必要とする独特な音があった[20][23]。いくつかの音は制作期間中に正確に記録されず、編集室で再び録音しなければならなかった。死んだ鳥の肉を突き刺して切断された肉の音を再現し、またキャンベルは録音のためにマイクに向かって何時間も叫び続けた[20]

「ウィズイン・ザ・ウッズ」と同様に『死霊のはらわた』は、映画館で上映されるために当時基準であった35mmまで引き延ばす必要があった[20]。しかし「ウィズイン・ザ・ウッズ」に比べて大きな費用があったため、その作業は比較的簡単なものだった[20]

その後[編集]

『死霊のはらわた』およびそのシリーズは映画史上最高のカルト映画三部作と呼ばれるようになった[24][25][26]。小説『The Essential Cult TV Reader 』を記したデイヴィッド・レイヴリーは「キャンベルのキャリアはカルトのアイドルになるための指針」と語った[26]。この映画以降、ライミとキャンベルはよくコラボレイトするようになった[27]。ライミは事実上全ての映画にキャンベルを起用し、キャンベルは映画史上最高の興行収入を得たライミのスパイダーマンの映画作品3作全てにカメオ出演した[27][27][28]。暴力的ホラー映画監督として知られるライミが家族向け映画の監督をすることに難色を示されることも多かったが、ライミにとって監督する映画作品を選ぶのは子供が漫画本を選ぶようなものだと語った[27][29]。2009年、ライミは『スペル』でホラー・コメディ界に戻ってきた[30]

批評家は、キャンベルの当たり役とされるアッシュ役の演技とその後の演技をしばしば比較する[31][32]。キャンベルの演技は映画『プレスリーVSミイラ男』(2002年)のエルヴィス・プレスリー役からテレビドラマ『X-ファイル』のエピソード『愛児(Terms of Endearment )』(1999年)の悪役まで幅広い[33][34]。キャンベルのファンは『死霊のはらわたII』および短期間で終了した『The Adventures of Brisco County, Jr. 』以降拡大した[35]。彼はファン・ミーティングによく登場し、その入場券は完売する[36]。『死霊のはらわた』は後のカルト映画に影響を与え、カルト・クラシックとして決定的になった[24][35]

『死霊のはらわた』は様々な派生作品を生み出した。ゲームソフトでは、1984年、コモドール64の『The Evil Dead 』、1990年代、PlayStationおよびPlayStation 2の三部作『Evil Dead: Hail to the King 』、『Evil Dead: A Fistful of Boomstick 』、『Evil Dead: Regeneration 』が発売された[37]。ライミの弟テッド・ライミが三部作に声で出演し、キャンベルはアッシュ役の声を担当した。アッシュ役が主役となるコミック『Army of Darkness 』が出版された[38]。コミック『Freddy vs. Jason vs. Ash 』シリーズでアッシュはフレディ・クルーガージェイソン・ボーヒーズの双方、『Army of Darkness vs. Re-Animator 』のハーバート・ウェストマーベルコミックスのスーパーヒーロー・チーム『アベンジャーズ』のゾンビ版『Marvel Zombies vs. The Army of Darkness 』、バラク・オバマを守るフィクション『Army of Darkness: Ash Saves Obama 』で戦った[39][40]。2008年1月、ダークホースコミックスは『死霊のはらわた』を題材にしたマーク・ヴァーヘイデン作、ジョン・ボルトン画による月刊コミックを出版した[41]

また2003年、映画に着想を得てライミとキャンベルの許可を得て製作されたミュージカル『EVIL DEAD THE MUSICAL〜死霊のはらわた〜』が開幕し[42]、2009年、日本人キャストによる日本公演が行われた[43]。2013年、フェデ・アルヴァレズ監督、ライミおよびキャンベルのプロデュースによるリメイク映画『死霊のはらわた』が製作された。主演は女優ジェーン・レヴィでアッシュは登場しない[44][45]。キャンベルはクレジット無しで、クレジットが流れた後の短い映像にカメオ出演している[46]

脚注[編集]

  1. ^ The Evil Dead”. Box Office Mojo. Amazon.com. 2012年11月14日閲覧。
  2. ^ Egan (2011), pp. 26–28
  3. ^ Campbell (2002), p. 319
  4. ^ Winston Dixon (2010), p. 161
  5. ^ Campbell (2002), p. 65
  6. ^ Egan (2011), p. 16
  7. ^ a b c Campbell (2002), p. 66
  8. ^ Becker (2002), p. 64
  9. ^ Lamberson (2008), p. 84
  10. ^ a b c d e Campbell (2002), pp. 85–88
  11. ^ Konow (2012), pp. 412–413
  12. ^ a b AMC staff (2008年10月28日). “Ten Things You Might Not Know About the Evil Dead Trilogy”. Filmcritic.com. 2011年12月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年7月12日閲覧。
  13. ^ a b c Campbell (2002), p. 95
  14. ^ Kenneth Muir (2004), pp. 23–24
  15. ^ a b Campbell (2002), pp. 96–98
  16. ^ Campbell (2002), pp. 93–94
  17. ^ Egan (2011), p. 14
  18. ^ Konow, David (2013年4月18日). “The Low Budget Camera Tech of Sam Raimi’s Evil Dead”. 2014年6月20日閲覧。
  19. ^ Konow (2012), pp. 419–422
  20. ^ a b c d e f g h i Campbell (2002), pp. 129–132
  21. ^ a b Eddie (2010), p. 15
  22. ^ a b Pooley (1987), p. 44
  23. ^ Egan (2011), p. 17
  24. ^ a b Egan (2011), pp. 26–28
  25. ^ Campbell (2002), p. 319
  26. ^ a b Lavery (2009), pp. 217–218
  27. ^ a b c d Campbell (2002), p. 337
  28. ^ Spider-Man (2002) - International Box Office Results”. Box Office Mojo. 2010年4月8日閲覧。
  29. ^ HBO Making-Of Spider-Man (DVD). Sony.. (2002年) 
  30. ^ Ebert, Roger (2009年6月3日). “'Drag Me to Hell' Review”. Chicago Sun Times. 2009年6月28日閲覧。
  31. ^ Kenneth Muir (2004), p. 112
  32. ^ Wharton, David (2011年3月9日). “FlixWorthy Celebrates Ash Wednesday With The Best Of Streaming Bruce Campbell”. Cinema Blend. Joshua Tyler. 2011年11月28日閲覧。
  33. ^ Seghers, Christine (2008年7月17日). “Top 10 X-Files Guest Stars”. IGN. News Corporation. 2011年8月11日閲覧。
  34. ^ Russell, Jamie (2001年10月4日). “Bubba Ho-Tep (2004)”. BBC. 2012年7月12日閲覧。
  35. ^ a b Campbell (2002), pp. 245–248
  36. ^ Lowry (1995), pp.19–21
  37. ^ Staff (2004年1月). “Horror Movie Licenses”. Retro Gamer (1): 71. 
  38. ^ WW: Chicago - Freddy vs. Jason vs. Ash Coming in November, 2007-08-12, Newsarama
  39. ^ Phegley, Kiel (2009年5月27日). “'Army Of Darkness: Ash Saves Obama' Artist Todd Nauck On Spider-Man, Barack & Celebrity Team-Ups”. MTV. 2012年7月12日閲覧。
  40. ^ Marvel Zombies vs. Army of Darkness #1 Goes Back to Press”. Marvel.com (2007年3月27日). 2012年7月12日閲覧。
  41. ^ The Evil Dead #1 Movie Adaptation Dark Horse Comics”. Hero Assemble. 2012年7月12日閲覧。
  42. ^ Murphy, Joel (2006年11月). “Hanging Around ... Evil Dead: The Musical”. Hobo Trash. 2007年7月18日閲覧。
  43. ^ http://www.amuse.co.jp/stages/evildead/index.html
  44. ^ Barton, Steve (2012年4月24日). “Jane Levy Talks Evil Dead Remake”. Dread Central. http://www.dreadcentral.com/news/54953/jane-levy-talks-evil-dead-remake 2012年4月24日閲覧。 
  45. ^ Fleming, Mike (2012年2月3日). “Jane Levy Is New Star Of 'Evil Dead' Remake”. Deadline.com. 2012年3月19日閲覧。
  46. ^ Hibberd, James (2013年3月9日). “'Evil Dead' director reveals sequel plans”. Entertainment Weekly. 2013年4月28日閲覧。

参考文献[編集]

  • Campbell, Bruce (2002). If Chins Could Kill: Confessions of a B Movie Actor. L.A. Weekly Books. ISBN 978-0-312-29145-7. 
  • Lamberson, Gregory (2008). Cheap Scares!: Low Budget Horror Filmmakers Share Their Secrets. McFarland. ISBN 978-0-7864-3706-1. 
  • Winston Dixon, Wheeler (2010). A History of Horror. Rutgers University Press. ISBN 978-0-8135-4796-1. 
  • Becker, Josh (2006). The Complete Guide to Low-Budget Feature Filmmaking. Point Blank. ISBN 978-0-8095-5690-8. 
  • Kenneth Muir, John (2004). The Unseen Force: the Films of Sam Raimi. Applause Theatre & Cinema Books. ISBN 978-1-55783-607-6. 
  • Eddie, Robson (2010). Coen Brothers (Virgin Film). Virgin Books. ISBN 978-0-7535-1268-5. 
  • Kenneth Muir, John (2007). Horror Films of the 1980s. Virgin Books. ISBN 978-0-7864-2821-2. 
  • Pooley, Eric (1987). Warped in America: The Dark Visions of Joel and Ethan Coen. New York. ISBN 978-0-7864-2821-2. 
  • Warren, Bill (2000). The Evil Dead Companion. Titan Books. ISBN 1-84023-187-4. 
  • R. Collings, Michael (2008). The Films of Stephen King: From Carrie to Secret Window. Palgrave Macmillan. ISBN 978-0-230-60131-4. 
  • Egan, Kate (2011). The Evil Dead. Wallflower Press. ISBN 978-1-906660-34-5. 
  • R Collings, Michael (2007). Scaring Us to Death: The Impact of Stephen King on Popular Culture. Borgo Press. ISBN 978-0-930261-37-5. 
  • Kerekes, David (2000). See No Evil: Banned Films and Video Controversy. Critical Vision. ISBN 978-1-900486-10-1. 
  • Hantke, Steffen (2004). University Press of Mississippi. Critical Vision. ISBN 978-1-57806-692-6. 
  • Xavier, Mendik (2004). Alternative Europe: Eurotrash and Exploitation Cinema Since 1945. Wallflower Press. ISBN 978-1-903364-93-2. 
  • F. Kawin, Bruce (2012). Horror and the Horror Film (New Perspectives on World Cinema). Anthem Press. ISBN 978-0-85728-450-1. 
  • Staiger, Janet (2005). Media Reception Studies. NYU Press. ISBN 978-0-8147-8135-7. 
  • Finney, Angus (1997). The Egos Have Landed: Rise and Fall of Palace Pictures. Arrow Books Ltd. ISBN 978-0-7493-1946-5. 
  • Chibnall, Steve (2001). British Horror Cinema. Routledge. ISBN 978-0-415-23004-9. 
  • Newman, Kim (2011). Nightmare Movies: Horror on Screen Since the 1960s. Bloomsbury Publishing. ISBN 978-1-4088-0503-9. 
  • Schofield Clark, Lynn (2005). From Angels to Aliens: Teenagers, the Media, and the Supernatural. Oxford University Press. ISBN 978-0-19-530023-9. 
  • Summer, Don (2007). Horror Movie Freak. Unknown Binding. ASIN B004434G7M. 
  • Žižek, Slavoj (2000). The Ticklish Subject: The Absent Centre of Political Ontology. Verso. ISBN 978-1-85984-291-1. 
  • Paul, Louis (2007). Tales from the Cult Film Trenches: Interviews with 36 Actors from Horror, Science Fiction and Exploitation Cinema. McFarland & Company. ISBN 978-0-7864-2994-3. 
  • Harris, J. P. Harris (2002). Time Capsule: Reviews of horror, science fiction and fantasy films and TV shows from 1987 to 1991. iUniverse. ISBN 978-0-595-21336-8. 
  • Lavery, David (2009). The Essential Cult TV Reader (Essential Readers in Contemporary Media). The University Press of Kentucky. ISBN 978-0-8131-2568-8. 
  • Lowry, Brian (1995). The Truth is Out There: The Official Guide to the X-Files. Harper Prism 5. ISBN 978-0-06-105330-6. 
  • Kay, Glenn (2008). Zombie Movies: The Ultimate Guide. Chicago Review Press. ISBN 978-1-55652-770-8. 
  • Konow, David Konow (2008). Reel Terror: The Scary, Bloody, Gory, Hundred-Year History of Classic Horror Films. St. Martin's Press. ISBN 0-312-66883-X. 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]