樋口紀男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

樋口 紀男(ひぐち のりお、1940年11月 - )は日本実業家商学者、マーケティング論研究者、クリエイティブ・ディレクター。元日本大学商学部教授

略歴[編集]

人物[編集]

博報堂勤務時代は、『日清カップヌードル』・『日清・どん兵衛』、『白鶴酒造・まる』等のマーケティングビジネスモデルの設計、デザイン・パッケージ作り、市場導入等の仕事を担当。また、トヨタ自動車のマーケティング・モデル設計にも携わっており、『トヨタ・マークII』の開発・市場導入の戦略策定等に携わったほか、『トヨタ・プリウス』の企画・開発、市場導入などに携わった。その他、シャープパナソニックなどでもマーケティング関係の仕事を行ったほか、国家行政政府関連の仕事も行っている。大学教授時代は、マーケティング論マーケティング・コミュニケーション論、消費論消費者行動論、消費・サービス論などの授業を担当したほか、日本大学大学院商学研究科教授として商学特殊講義(Ⅱ)などを担当した。
2011年3月11日に発生した福島第一原子力発電所事故では、過去に原子力安全委員会委員を務めた実績から、事故発生後に吉田昌郎と共に調査のために、原子炉建屋に入った。

研究分野[編集]

所属学会[編集]

著書[編集]

  • 『経営学の基本(5-2マーケティング)』(2003年、中央経済社
  • 『消費者行動論』(2004年、中央経済社)
  • 『コミュニケーション戦略』(2004年、中央経済社)
  • 『戦略マーケティングの体系とマーケティング・ミックス』(2004年、中央経済社)

制作実績[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]