マーケティング・コミュニケーション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

マーケティングコミュニケーションはロバート・F・ロータボーン等の提唱しているマーケティングミックスの4Cの一つでもあり、従来からある4Pのうちの「プロモーション」に対応している。従来の「プロモーション」は企業から消費者へ宣伝情報が一方的に流れると考えられるのに対して、「コミュニケーション」は企業と消費者の相互の情報伝達が行われることが特徴である。近年、広告媒体もテレビCM等を凌いでインターネットが大きくなり、双方向のコミュニケーション戦略が重要になってきている。

戦略の分類[編集]

  • 人的コミュニケーション - 情報の乏しい消費者に対して、専門家や商品に詳しい他の消費者が情報や不満な点などを伝えることを言う。高単価な商品やサービスほど、このコミュニケーションの果たす役割が大きい。
  • 非人的コミュニケーション - マスメディアインターネットデジタルサイネージによるより多数に対する情報のやりとりをいう。特にインターネットにおいては消費者が企業のWebサイトに苦情や改善点を含んだ情報を提供するという今までになかった情報の伝達方法が確立している。

関連項目[編集]