フィールドマーケティング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
マーケティング
主要概念

プロダクト • 価格戦略
流通 • サービス • 小売
ブランド管理英語版
アカウントベースドマーケティング英語版
マーケティング倫理英語版
マーケティング効果英語版
市場調査
市場細分化
マーケティング戦略
マーケティング論
市場支配英語版

宣伝内容

広告 • ブランディング • アンダーライティング英語版
ダイレクトマーケティング • 個人販売
プロダクトプレイスメント • 広報
販促活動英語版 • 宣伝における人間の性英語版

宣伝媒体

印刷 • 出版物  • 放送
アウトドア英語版 • インターネットマーケティング
ノベルティ
レベルマーケティング英語版 • ゲーム内広告
実演販売 • ブランドアンバサダー英語版
口コミ

  

フィールドマーケティングとは、マーケティングの典型的な分野であり、「フィールド」での流通、監査、販売、サンプルプロモーションを行なう人材が関係している。

フィールドマーケティングは歴史的には一方通行のコミュニケーションツールとして考えられてきた。ブランドメッセージは、プロモーション担当者から消費者へとサンプル、商品の一部、文書などの媒体を通して伝達される。

現在では、フィールドマーケティングには消費者にサンプルのフィードバックを要求したり、ソーシャルメディア上でブランドをフォローするよう招待するなど、双方向のコミュニケーションも含まれる場合がある。

フィールドマーケティングが他の全てのダイレクトマーケティング活動とは異なっているのは、対面式の人と人が触れ合うダイレクトマーケティングだからである。フィールドマーケティングには、対象を絞ったダイレクトセールスプロモーション、販売、監査、サンプリング、デモンストレーション、実験的マーケティング、ロードショー、イベント、覆面調査の運営などが含まれる。こうした分野を個別にあるいは組合わせることでブランドが構築され、その実行中にブランドオーナーに対して明確で実質的な投資回収率(ROI)を提示することになる。収益支出の中で特定の利益をあげる、これがフィールドマーケティングの主な目的であり利点である。[1]

文献[編集]

  1. ^ Williams, Alison & Mullin, Roddy . (2008) " The handbook of field marketing : a complete guide to understanding and outsourcing face-to-face direct marketing" , Kogan Page Limited. ISBN 978-0-7494-5025-0

参考[編集]