森雄二とサザンクロス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
森雄二とサザンクロス
別名 サザンクロス
出身地 日本の旗 日本
ジャンル ムード歌謡
活動期間 1975年 -
レーベル 日本クラウン
日本コロムビア
日本エンカフォンレコード
メンバー 森雄二
生田目章彦
島ゆたか
柳田さとる
旧メンバー 菅野ゆたか
田村修三

森雄二とサザンクロス(もりゆうじとサザンクロス)は、森雄二をリーダーとする歌唱グループである。

バイオグラフィ[編集]

1975年に「さようなら幸せに」でデビュー。「意気地なし」、「足手まとい」(後に敏いとうとハッピー&ブルーがカバー)などのヒット曲を世に送り出し、1981年に大ヒットした「好きですサッポロ」は、同年開催されたさっぽろ雪まつりのテーマソングにもなり、現在でも北海道のテレビ・ラジオで放送されるなど、一定の人気がある。1985年発表の「ひとり占め」を最後に解散する。

1987年には、元メンバーの菅野ゆたかがソロデビューし、2002年には、元敏いとうとハッピー&ブルー森本英世、元秋庭豊とアローナイツの木下あきらとともに「ハッピーサザンアロー」を結成している。

その後、敏いとうの勧めもあり、1995年に再結成。現在もディナーショーなど、精力的な活動が続いている。 森雄二が不在の場合はメンバー4名(田村修三の死去後は3名)で「サザンクロス」として活動も行っている。

ボーカルの田村修三が2013年末に肺炎にて倒れ多臓器不全を併発し、危篤状態のまま翌2014年1月16日、52歳の若さで生涯を閉じた。

現在のメンバー[編集]

「サザンクロス」
「森雄二とサザンクロス」[要出典]
  • 菅野ゆたか(ボーカル)
  • 山口晃生(ボーカル) - 1992年に加入。1996年に演歌デュオ「金剛と榛名」としてもデビューしている[2]
  • 奥野弘道[要出典]

元メンバー[編集]

  • 菅野ゆたか(ボーカル) - 初代リードボーカル[3]
  • 田村修三(ボーカル) - 2014年1月16日死去[4]

ディスコグラフィー[編集]

  • さようなら幸せに/愛してくれてありがとう (1975年、クラウンレコード<以下、クラウンと表記> CW-1510) - デビュー曲。
  • 夜の銀狐[注 1]さそり座の女[注 2] (1976年、クラウン CW-1533)
  • 意気地なし/縁があったら逢いましょう (1976年、クラウン CW-1540)
  • 札幌の星の下で/生命のブルース (1976年、クラウン CW-1563)[注 3]
  • 渚ホテル/感謝しています (1976年、クラウン CW-1590)
  • 四国のおばあちゃん (1976年、クラウン CW-1610)[注 4]
  • 二人だけの世界/帰っておいでよ (1977年、クラウン CW-1617)
  • 足手まとい[注 5]/やさしく別れて (1977年、クラウン CW-1646)
  • トゥワイライト・サッポロ/可愛がられて (1977年、クラウン CW-1682)
  • 女子大小路のあの店で/女子大小路ホステス小唄 (1977年、クラウン CW-1704)
  • 生命のブルース/生命のブルース(カラオケ) (1978年、クラウン CW-1750)
  • 母性本能/泣きたいわたし (1978年、クラウン CW-1780)
  • 夜の甲府[注 6]/わたしのあなた (1979年、クラウン CW-1809)
  • サザンクロスのサンバ北海盆唄/サザンクロスのディスコ・ソーラン節 (1979年、クラウン CW-1826)
  • サザンクロスのディスコ常磐炭鉱節/サザンクロスのディスコ会津磐梯山 (1979年、クラウン CW-1847)
  • あゝばかみたい/あゝショックだね (1979年、クラウン CW-1877)[注 7]
  • 死にもの狂い/罪つくりなあなた (1980年、クラウン CW-1904)
  • アロハまつり (1980年、クラウン CW-1919)[注 8]
  • 今は仲良くやってます/今夜はそっとしておいて (1980年、クラウン CWA-3)
  • 三の宮ブルース/三の宮ブルース(カラオケ) (1980年、クラウン CWA-30)
  • 好きですサッポロ/もっと愛していたら (1981年、クラウン CWA-55)
  • モシモシタンゴ/小雨にぬれたネオン街 (1981年、クラウン CWA-71)
  • 足手まとい[注 9]/献身 (1981年、クラウン CWA-95)
  • その名はレイコ/鍵をかえして (1982年、クラウン CWA-117)
  • 前橋ブルース/いちりんざし (1982年、クラウン CWA-124)
  • はじめまして仙台/旅情・みやぎ路 (1982年、クラウン CWA-129)[注 10]
  • 金沢のひと/男と女のミステリー (1983年、クラウン CWA-159)
  • かえるのうた[注 11] (1983年、クラウン CWA-160)[注 12]
  • 起こさないでね[注 13]/それはキッスで始まった (1983年、クラウン CWA-199)
  • ひとり占め/甘ったれ (1984年、クラウン CWA-215)
  • 京都ろまん/誰かが泣いて・・・ (1984年、クラウン CWA-233)
  • 愛はゆらゆら/五分五分(フィフティ・フィフティ) (1984年、クラウン CWA-254)
  • ふたりのシュビドゥバ/モイザ・ソウル (1987年、リバスター[注 14]
  • 夫婦げんか/ふるさとに帰ります (1989年、キングレコード
  • 酔いしれて歌舞伎町/地球岬 (1991年、キングレコード)
  • 足手まとい'92[注 15]/足手まとい'92(カラオケ) (1992年、ポニーキャニオン PCDA-00381)
  • ためらい/意気地なし[注 16] (1994年、ポニーキャニオン PCDA-00538)
  • Tokyo なみだ/サ・ヨ・ナ・ラ (2003年、スバック SVDA-150)[注 17]
  • 好きです前橋/煙が目にしみる (2009年、スバック SVCA-221)[注 18][注 19]
  • いで湯恋吹雪/ふれ愛 (2012年、日本エンカフォンレコード YZNE-15028)[注 19]
  • ラストナイト・イン札幌[注 20][5]/面影グラス[注 19] (2014年、日本エンカフォンレコード YZNE-15060)

大前あつみ&サザンクロス[編集]

大前あつみによって、1996年に結成[6]

メンバー[編集]

  • 大前あつみ(ボーカル)[6]
  • 赤坂憲一(コーラス、レキントギター)[6]
  • 阿部康幸(コーラス、エレキギター、キーボード)[6]
  • 岩浪晴彦(ドラムス)[6]
  • 織井仁(キーボード)[6]
  • 須藤哲史(コーラス、キーボード)[6]
  • 塚本行男(コーラス、ベースギター)[6]

ディスコグラフィー[編集]

  • 愛されて高崎(2004年) - 「大前あつみ&サザンクロス with TOMO」名義
  • 星の河〜ニューバージョン〜(2008年) - 「愛されて高崎」カップリング曲のニューバージョン
  • 洒落た関係(2008年) - 「大前あつみ&サザンクロス with ジュン」名義
  • エンドレス・ラブ(2015年) - 「大前あつみ&サザンクロス with ファンファン」名義
  • 永遠(とき)をこえて(2017年)

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c アーティスト - サザンクロス(Southern Cross)、日本エンカフォンレコード。 - 2017年1月5日閲覧
  2. ^ 山口 晃生、Facebook。 - 2017年1月5日閲覧
  3. ^ 菅野ゆたか、北村音楽事務所 - 2017年1月5日閲覧
  4. ^ 一条聖矢マネージャーブログ「サザンクロス」、一条聖矢マネージャーブログ、2014年2月18日 17:48:00。
  5. ^ “舞川るみさん全国デビュー 「サザンクロス」と共演で”. 桐生タイムス. (2014年6月25日). http://kiryutimes.co.jp/news/4668/ 
  6. ^ a b c d e f g h 大前あつみ&サザンクロス プロフィール、株式会社ビックフロント。2017年8月10日閲覧。

注釈[編集]

  1. ^ 斉条史朗のカバー。
  2. ^ 美川憲一のカバー。
  3. ^ 黒沢明とロス・プリモスのカバー。
  4. ^ 橋本直美とのデュエット。A面は美川憲一「お待ちしてます」。
  5. ^ 編曲:小笠原寛、2コーラス半。
  6. ^ 山下洋治とムーディ・スターズのカバー。
  7. ^ 中谷由美子とのデュエット。
  8. ^ 三條れい子とのデュエット。B面は三條れい子「忘れじの宿」。
  9. ^ 編曲:神山純一、3コーラス。後年のCDにはこちらのバージョンが収録されている。
  10. ^ 仙台市観光協会推薦曲。
  11. ^ 童謡の「かえるの合唱」とは別曲。
  12. ^ A面は鳥羽一郎、星恵津子「お待たせ音頭」。
  13. ^ 作詞:横山やすし(補作詞:高畠諄子)。
  14. ^ 「森雄二とサザン・クロス&真貴子」名義。デュエット:吉村真貴子。
  15. ^ 「足手まとい」の替え歌。作詞:高田文夫
  16. ^ 新メンバーによる新録音。
  17. ^ コロムビアミュージックエンタテインメント移籍後第1弾シングル。
  18. ^ 日本エンカフォン移籍後第1弾シングル。
  19. ^ a b c 「サザンクロス」名義。
  20. ^ 「サザンクロス&ルミ 」名義。デュエット:舞川るみ。

外部リンク[編集]