松村正直

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

松村 正直(まつむら まさなお、1970年9月3日 - )は、歌人東京都町田市出身。京都市在住。歌誌「」編集長。妻の川本千栄も歌人。

駒場東邦高等学校東京大学文学部独文科卒業後、8年間フリーターをしながら全国の地方都市を移り住む。1996年石川啄木の影響で短歌をはじめ、翌年「塔」入会。1999年「フリーター的」で第45回角川短歌賞次席。2000年毎日歌壇賞受賞。2002年第1歌集『駅へ』で第10回ながらみ書房出版賞受賞。2011年評論集『短歌は記憶する』で第9回日本歌人クラブ評論賞受賞。2014年第3歌集『午前3時を過ぎて』で第1回佐藤佐太郎短歌賞受賞[1]NHKラジオ夜はぷちぷちケータイ短歌」にも選者として出演経験を持つ。

著書[編集]

  • 第1歌集『駅へ』(ながらみ書房、2001年)ISBN 4860230485
  • 第2歌集『やさしい鮫』(ながらみ書房、2006年)ISBN 4860234189
  • アンソロジー『現代短歌最前線 新響十人』(石川美南生沼義朗黒瀬珂瀾笹公人島田幸典永田紅野口恵子松野志保松本典子共著)(北溟社、2007年)ISBN 4894485419
  • 永田和宏 シリーズ牧水賞の歌人たち』(編集)(青磁社、2008年)ISBN 4861980968
  • 評論集『短歌は記憶する』(六花書林、2010年)ISBN 4903480496
  • 『角川短歌ライブラリー 決定版 短歌入門』(共著)(角川学芸出版、2012年)ISBN 4046526130
  • 評伝『高安国世の手紙』(六花書林、2013年)ISBN 4903480895
  • 第3歌集『午前3時を過ぎて』(六花書林、2014年)ISBN 978-4-903480-99-2
  • 評論集『樺太を訪れた歌人たち』(ながらみ書房、2016年)ISBN 978-4-86629-022-5
  • 第4歌集『風のおとうと』(六花書林、2017年)ISBN 978-4-907891-49-7
  • 歌書『戦争の歌』(笠間書院、2018年)ISBN 978-4-305-70918-9
  • 第5歌集『紫のひと』(短歌研究社、2019年)ISBN 978-4-86272-623-0

出演番組[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]