笹公人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
笹 公人
ささ きみひと
誕生 (1975-07-08) 1975年7月8日(44歳)
日本の旗 日本東京都
職業 歌人ミュージシャン
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
ジャンル 短歌
主な受賞歴 未来年間賞(2004年)
所属 未来短歌会
テンプレートを表示

笹 公人(ささ きみひと、1975年7月8日 - )は、歌人並びにミュージシャン東京都出身・在住。戦国時代の武将可児吉長末裔文化学院文学科卒業。大正大学客員准教授[1]。文化学院講師。NHK学園講師。現代歌人協会理事[2]日本文藝家協会会員。

来歴[編集]

高校生の頃、寺山修司の影響を受け短歌の作歌、YMOの影響を受け、バンド「宇宙ヤング」を結成し、ボーカル作詞作曲を担当する。1999年より未来短歌会にて岡井隆に師事。更に田久保英夫に弟子入りして小説も創作する。

1998年、宇宙ヤングはCDデビューをするも、『短歌朝日』(前登志夫・選)、角川『短歌』(佐佐木幸綱・選)誌上で作品が特選に選ばれるなど高い評価を受け、短歌に専念するため解散する。しかし2001年キーボードプログラミング・作曲・編曲担当のHIDE-AKIを加え、再結成した。

2003年、第一歌集『念力家族』刊行。翌年、未来年間賞受賞。同年に『念力家族』が「爆笑できる短歌集」として皆神龍太郎によって『トンデモ本の世界T』にて紹介される[3]。それ以降、歌壇内に留まらない幅広い読者層を獲得している。2008年の第三歌集『抒情の奇妙な冒険』は早川書房からハヤカワSFシリーズ Jコレクションの一巻として刊行されるなど、歌集出版とはあまり縁のない出版社(KKベストセラーズ幻冬舎扶桑社など)の著書が多く、ユニークな立ち位置にある歌人である。

2005年10月16日には、NHK総合日曜スタジオパークレイザーラモンHGのいでたちで出演し、話題になった。[4]

2012年10月より、歌誌「未来」選者に就任[5]。門下には林みつえこ(小林光恵)、KICK☆など。

著書[編集]

単著[編集]

共著[編集]

監修[編集]

編纂[編集]

原案[編集]

ラジオ[編集]

テレビ[編集]

雑誌連載[編集]

など、6つの雑誌で連載を持っている。

代表歌[編集]

「宇宙ヤング」としての主な曲[編集]

  • あいつはクイズ王
  • ハートに16連射(高橋名人とのデュエット曲)
  • さよなら未来ガール
  • 君は仮装大将☆
  • ファミってオールナイト
  • Karen

映画[編集]

なお、映画パンフレットには、本作品を歌った歌5首と、大林映画に関する歌3首を載せている。

脚注[編集]

外部リンク[編集]