高安国世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

高安 国世(たかやす くによ、男性、1913年8月11日 - 1984年7月30日)は、日本の歌人ドイツ文学者。専門はリルケであり、多くの作品を翻訳している。短歌結社「」創設者。

大阪府大阪市道修町出身。父高安道成は医師、母やす子はアララギの歌人、叔父に高安月郊[1]。母の影響を受けて短歌を志し、アララギに入会、土屋文明に師事する。リアリズムに基礎を置きながらも、現実には存在しないものを表現の対象に求めるなど、常に新しい表現を求め続けた。

京都大学短歌会の顧問もつとめ、永田和宏栗木京子を育てた。三男高安醇画家

評伝に、水沢遥子『高安国世ノート』(不識書院、2005年)、松村正直『高安国世の手紙』(六花書林、2013年)がある。

略歴[編集]

  • 旧制甲南高校では、内田義彦下村正夫と同期。野間宏とも交流を持つ。
  • 1934年 アララギ入会。京都帝国大学文学部独文科入学。
  • 1937年 京都帝国大学文学部卒業
  • 1946年 関西アララギ地方誌「高槻」創刊に参加
  • 京都大学教養部助教授
  • 1949年 最初の歌集『真実』(作品発表年次では第二歌集に当たる)刊行
  • 1952年 「高槻」を「関西アララギ」と改名。編集者となる。
  • 1954年 歌誌「塔」を創刊
  • 1957年 ドイツ留学
  • 1963年 京都大学教養部教授
  • 1970年 「現代歌人集会」を結成、初代理事長に就任
  • 1976年 京大定年退官、関西学院大学教授
  • 1982年 梅花女子大学教授
  • 1983年 京都府文化功労賞受賞
  • 1984年 『光の春』で第7回現代短歌大賞受賞

著書[編集]

  • 『若き日のために ドイツ文学断想』七丈書院 1944
  • 『新しき力としての文学』秋田屋 1946
  • 『物への信頼と意志』明窗書房 1948 「「魔の山」その他」と改題
  • トーマス・マンとリルケ』アテナ書院 1949
  • 歌集『真実』関西アララギ会高槻発行所 1949年
  • 歌集『Vorfrühling』 1951年
  • 歌集『年輪』白玉書房 1952年
  • 『リルケ』(世界名詩鑑賞)筑摩書房 1954
  • 歌集『夜の青葉に』白玉書房 1955年
  • 歌論集『抒情と現実 今日の短歌明日の短歌』第二書房 1956年
  • 歌集『砂の上の卓』白玉書房 1957年
  • ドイツ語訳歌集『Herbstmond』 1959年(西ドイツにて刊行)
  • 歌文集『北極飛行』白玉書房 1960年
  • 歌集『街上』白玉書房 1962年
  • 『万葉の歌をたずねて』創元社 1963
  • 歌集『虚像の鳩』白玉書房 1968年
  • 歌集『朝から朝』白玉書房 1972年
  • 『リルケと日本人』第三文明社:レグルス文庫 1972年
  • 歌集『新樹』白玉書房 1976年
  • 歌論集『詩と真実』短歌新聞社 1976年
  • エッセー集『カスタニエンの木陰』構造社出版 1977年
  • エッセー集『わがリルケ』新潮社 1977年
  • 歌集『一瞬の夏』 1978年
  • 歌論集『短歌への希求』沖積舎 1980年
  • 歌集『湖に架かる橋』 1981年
  • エッセー集『詩の近代-ドイツ文学エッセイ』沖積舎 1982年
  • 歌集『光の春』 1984年

翻訳[編集]

  • 『リルケ書簡集 第4巻 ミュゾットの手紙』甲鳥書林 1943
  • 『落穂拾ひ ドイツ近代詩抄』臼井書房 1946
  • ハイネ抒情詩集』世界文学社 1948
  • シュティフタア『バヴァリアの森から』養徳社 1948、→『荒野の村・森の泉』岩波文庫、改版2011
  • リルケ『若き詩人への手紙』養徳社 1949
  • ヴィルヘルム・ハウフ『キャラバン』谷友幸共訳 甲文社出版部 1949
  • ハインリッヒ・ハイネ『ドイツの宗教と哲学の歴史』アテナ書院 1949
  • ハインリッヒ・ハイネ『愛の詩集』弘文堂アテネ文庫 1950
  • マイヤァ抒情詩集』岩波文庫 1951
  • リルケ『ロダン』岩波文庫 1952 →改版1960
  • リルケ『若き詩人への手紙・若き女性への手紙』新潮文庫 1953 →改版1998ほか
  • ルー・アルベール・ラザール『リルケと共に』野村修共訳 新潮社 1954
  • 『ハイネ詩集』彌生書房・世界の詩 1964
  • 『リルケの言葉』彌生書房・人生の知恵 1969 →新版1997
  • 『リルケ詩集』講談社文庫 1977 →岩波文庫 2010
  • リルケ『マルテの手記』講談社文庫 1977 →講談社「世界文学全集 リルケ」
  • カフカ変身判決断食芸人』講談社文庫 1978

脚注[編集]

  1. ^ 松村正直『高安国世の手紙』より

関連項目[編集]

外部リンク[編集]