谷友幸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

谷 友幸(たに ともゆき、1911年5月13日 - 1981年7月24日)は、ドイツ文学者、京都大学名誉教授

経歴[編集]

東京市本郷区生まれ[1]。1931年第六高等学校理科乙類卒業、1939年京都帝国大学文学部独文科卒業。戦後京大教養部助教授、1957年文学部助教授、1962年「ヘルダーリーン文学の基礎的研究」(未公刊)で文学博士、1967年教授、1975年定年退官、名誉教授大谷大学文学部教授。初期にはライナー・マリア・リルケを主として研究、翻訳した。

著書[編集]

  • リルケ伝 創元社 1948
  • 恋愛学講座 大山定一共編 世界文学社 1949
  • リルケ 新潮社 1950(生ける思想叢書)
  • リルケ 弘文堂 1951(アテネ文庫)
  • ドイツ文学論考 郁文堂 1982

翻訳[編集]

  • 神様の話 ライナア・マリア・リルケ 白水社 1940
  • ライナア・マリア・リルケ全集 第5巻 風景画論 三笠書房 1943
  • ベートホヴェン リヒアルト・ヴアクナー 養徳社 1947
  • 芸術について ゲーテ 大山共訳 アテナ書院 1948
  • 北方の画匠たち ブルクハルト 世界文学社 1949
  • キャラバン ヴィルヘルム・ハウフ 高安国世共訳、甲文社出版部 1949
  • 悲劇エムペードクレス ヘルダーリン 岩波文庫 1953
  • 神さまの話 リルケ 新潮文庫 1953

脚注[編集]