村田治郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

村田 治郎(むらた じろう、1895年9月23日 - 1985年9月22日) は、建築史家京都大学名誉教授明石工業高等専門学校名誉教授 。工学博士(京都帝国大学、1932年)(学位論文「東洋建築系統史論」)。山口県生まれ。

専門は、東洋建築史。中国建築の研究を重点に据え、中国に隣接した地域(インド、イラン、朝鮮など)と日本の関係を広い視野から捉え、建築文化の交渉に関心をむけていた。

略歴[編集]

受賞歴・叙勲歴[編集]

主な著作[編集]

  • 「東洋建築系統史論」『建築雑誌』544-545号掲載(1931)
  • 『支那の仏塔』(1940)
  • 『満州の史蹟』(1944)
  • 『大同大華厳寺』(1943)
  • 法隆寺の建築史』(1987)
  • 居庸関』(京都大学工学部,1955-57)、藤枝晃との編著
  • 『東洋建築史』(建築学大系4-Ⅱ)(1957)
  • 『北方民俗の古俗』(1975)
  • 『中国の帝都』(1981)
  • 『法隆寺建築様式論攷』(村田治郎著作集1)(1986)
  • 『中国建築史叢考』(村田治郎著作集3)(1988)

関連項目[編集]