朽網

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
朽網
朽網の位置(福岡県内)
朽網
朽網
朽網の位置
北緯33度48分26.05秒 東経130度57分18.01秒 / 北緯33.8072361度 東経130.9550028度 / 33.8072361; 130.9550028
Flag of Japan.svg 日本
都道府県 Flag of Fukuoka Prefecture.svg 福岡県
市町村 Flag of Kitakyushu, Fukuoka.svg 北九州市
小倉南区
等時帯 UTC+9 (JST)
郵便番号
800-0231
市外局番 093
ナンバープレート 北九州
※座標はJR朽網駅付近
朽網東
Flag of Japan.svg 日本
都道府県 Flag of Fukuoka Prefecture.svg 福岡県
市町村 Flag of Kitakyushu, Fukuoka.svg 北九州市
小倉南区
等時帯 UTC+9 (JST)
郵便番号
800-0232
市外局番 093
ナンバープレート 北九州
朽網西
Flag of Japan.svg 日本
都道府県 Flag of Fukuoka Prefecture.svg 福岡県
市町村 Flag of Kitakyushu, Fukuoka.svg 北九州市
小倉南区
等時帯 UTC+9 (JST)
郵便番号
800-0233
市外局番 093
ナンバープレート 北九州

朽網(くさみ)は福岡県北九州市小倉南区の地名。難読地名として知られる。町名としては住居表示未実施の大字朽網、住居表示実施済みの朽網東(くさみひがし)一-六丁目、朽網西(くさみにし)一-六丁目がある。

地理[編集]

小倉駅から南東約15kmの位置で、京都郡苅田町と接する。国道10号およびJR朽網駅周辺に住宅・商業地が集積している。かつては北九州市郊外の田園地帯であったが、国道10号沿いに宅地開発が進み、今日では日豊団地・スワロータウンなどの住宅地が開発されている。一方、南部方面は市街化調整区域で、水田地帯が存在する。朽網川の上流には貯水池である昭和池が存在し、周辺は山間部で自然も残されている。また、北部は曽根新田と接し、水田になっている。

北九州市の東端に位置するため、行橋市苅田町などの京築地域との結び付きを持つ。

歴史[編集]

沿革[編集]

  • 1889年(明治22年)4月1日 - 町村制施行のため企救郡朽網村・曽根新田が合併し朽網村が成立。朽網村は朽網村大字朽網となる。
  • 1907年(明治40年)6月1日 - 朽網村が曾根村、霧岳村芝津村と合併し曾根村となる。朽網村大字朽網は曾根村大字朽網となる。
  • 1934年(昭和9年)4月1日 - 曾根村が町制施行し曽根町へ移行。曾根村大字朽網は曽根町大字朽網となる。
  • 1942年(昭和17年)5月15日 - 曽根町が小倉市に編入合併。曽根町大字朽網は小倉市大字朽網となる。
  • 1963年(昭和38年)2月10日 - 小倉市は合併により北九州市となる。大字朽網は小倉区の所属となる。
  • 1974年(昭和49年)4月1日 - 小倉区が小倉北区小倉南区に分区。大字朽網は小倉南区の所属となる。
  • xxxx年x月x日 - 住居表示施行により大字朽網より朽網東・朽網西が分立。

工業[編集]

国道10号沿いにTOTO小倉第二工場が所在するほか、沿岸部は北九州臨空産業団地になっており、その一部は読売新聞北九州工場および毎日新聞九州センター北九州工場などが立地する「ニューズポート北九州」(新聞印刷団地)を形成している。そのほかニシラク乳業などの食品関連の工場も立地している。なお、北九州臨空産業団地は曽根干潟に面している。

また、2006年東九州自動車道苅田北九州空港インターチェンジが供用開始、周防灘上には北九州空港が移転・開港した。2008年、北九州臨空産業団地にトヨタ自動車九州小倉工場が進出・操業開始するなど、空港に近い利便性を生かした企業誘致が進められている。新空港開港に合わせて空港最寄駅である朽網駅には東口(空港口)および駅前ロータリーが新たに設けられ、国道10号からのアクセスが可能となり、西鉄バス北九州により空港へのシャトルバスが運行されている。

交通[編集]

鉄道[編集]

JR日豊本線朽網駅が設置されている。

道路[編集]

関連項目[編集]