未来科学への招待

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
未来科学への招待
ジャンル SF科学
放送時間 49分
放送期間 1998年1月11日 - 1998年3月8日(5回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 BBC(英)、ラーニング・チャンネル(米)、プロジーベン(独)
監督 Penny Southgate
プロデューサー Edward Briffa
出演者 ジリアン・アンダーソン
テンプレートを表示

未来科学への招待』(原題:Future Fantastic)は、1996年BBC(英)、ラーニング・チャンネル(米)、プロジーベン(独)が共同制作した科学番組。オリジナル版は全9回だが、日本では全5回にまとめられたものを1998年1月からNHK衛星第1『BBCセレクション』(日曜 23:00 - 23:50)にて放映。その後、8月にNHK教育知への旅』(土曜 23:45 - 24:29)でも同じく放映された。

概要[編集]

宇宙人ロボットテレポーテーション恒星間旅行不老不死など、各回で取り上げるSFアイデアが未来においてどう実現するか、多数の研究者SF作家らの意見をうかがうという内容。案内役を務めたのは『Xファイル』のFBI捜査官ダナ・スカリー役で知られる女優のジリアン・アンダーソン。科学番組の体裁をとりつつも擬似科学UFOといったオカルトじみた話までもが一緒にされているのが特徴。

アイザック・アシモフアーサー・C・クラークブルース・スターリングニール・スティーヴンスンラリイ・ニーヴンロバート・L・フォワードグレッグ・ベアグレゴリイ・ベンフォードジャック・ウィリアムスンフレデリック・ポールキム・スタンリー・ロビンスンといった著名なSF作家達が出演している。

第1回 宇宙人とのコンタクト[編集]

原題は Alien。1998年1月11日(NHK教育では8月1日)放送。

ALH84001SETI計画、ドレイクの方程式ボイジャーのゴールデンレコードエリア51カシミール効果火星の人面岩プロジェクト・ブルーブック英語版ロズウェル事件ヒル夫妻誘拐事件、SF映画『惑星アドベンチャー スペース・モンスター襲来!英語版』、グレイなどが取り上げられた。

冒頭ではSETIを扱うと思いきや、途中から唐突に「秘密基地」エリア51を見張り続けているという自称「研究家」ボブ・ラザー英語版やUFO信者が出演、さらには「水に秘められた未知の力を取り出せた」という触れ込みで、「発明家」の2人組が単なるベニヤ板に高圧水で穴を開けるだけの「実験」が出てくるというような内容が番組内で展開された。サイエンスライター金子隆一はSETIを扱った著書のあとがきでこの回について触れ、「まさに絵に描いたような、いわゆるトンデモ・ネタが次から次へと繰り出され、あまりの惨状に呆然とした筆者は、とうとう番組を最後まで見続けることができなかった」「この番組がSFファンに擬態したUFO信者によって作られたことが歴然としており、SFとUFOの関係性を立証する方向に、話が大きく偏向していた」と批判した[1]

日本語版スタッフ[編集]

  • 平島和代、吉村直子、高橋久義、久保耕吾、山本玄一

声の出演[編集]

第2回 ロボットとの共存[編集]

原題は I, Robot および Brainstorm。1998年1月25日(NHK教育では8月8日)放送。

日本語版スタッフ[編集]

  • 平島和代、山岸由美子、高橋久義、久保耕吾、山本玄一

声の出演[編集]

第3回 テレポーテーション 究極の旅[編集]

原題は Incredible Shrinking Planet および Weird Science。1998年2月1日(NHK教育では8月15日)放送。

ポール・モーラー英語版による回転翼をもつスカイカーアブロ・カナダ社のアブロカー英語版、ロシアの円盤型ジェット旅客機[2]イオンクラフト(リフター)、人工衛星からのマイクロ波ビームを使用するライトクラフト量子テレポーテーションワームホールなどが紹介される中、「発明家」ブライアン・モッツによる太陽エネルギーを利用するというイオン推進飛行船や、トーマス・タウンゼント・ブラウン英語版の「反重力フィールドで物体を浮かせる装置」(実際は空気分子のイオン流で浮上しているだけ)の紹介もあり、番組の姿勢が伺える。

日本語版スタッフ[編集]

  • 志賀和泉、鈴木玲子、高橋久義、久保耕吾、山本玄一

声の出演[編集]

第4回 惑星への移住[編集]

原題は Starman および Underneath a purple sky。1998年3月1日(NHK教育では8月22日)放送。

旅行から恒星間航行まで。ツィオルコフスキーゴダードフォン・ブラウンといった人々と宇宙開発の歴史や、宇宙進出を推進する非営利団体アルテミス協会(Artemis Society)、ダイダロス計画反物質推進、火星テラフォーミングについてなど。

日本語版スタッフ[編集]

  • 志賀和泉、白石京子、高橋久義、久保耕吾、山本玄一

声の出演[編集]

第5回 不老不死への挑戦[編集]

原題:Immortal (および Brave New Body もか?)。1998年3月8日(NHK教育では8月29日)放送。

人体冷凍保存など。

日本語版スタッフ[編集]

  • 志賀和泉、鈴木玲子、高橋久義、久保耕吾、山本玄一

声の出演[編集]

  • ジリアン・アンダーソン - 高島雅羅
  • グレッグ・ベア、ジョン・クルート、シークフリード・ヘキミ、ラルフ・マークルフランク・ティプラー - 稲垣隆史
  • ジョー・ローゼン、マービン・ミンスキー、マイケル・ローズ、ロバート・エッチンガー、グレゴリー・ベンフォード、クリス・ギャレン - 大塚芳忠
  • マーク・ポーリン、W・ゲーリング、R・エレンボーゲン、マックス・ムーア、スティーブ・ブリッジ、ブライアン・ステイブルフォード - 荒川太郎
  • フランケンシュタイン博士の声、チャールズ・バカンティ、ブルース・スターリング、グリーンヒル、フランソワ・シャシュテル、マイク・テイラー - 伊藤和晃
  • ナンシー・ムーア、グリーンヒル夫人 - 叶木翔子

脚注[編集]

  1. ^ 金子隆一『ファースト・コンタクト 地球外知性体と出会う日』(文藝春秋文春新書、1998)
  2. ^ Aviation Concern "EKIP" 2013年10月7日閲覧

外部リンク[編集]