人体冷凍保存

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

人体冷凍保存(じんたいれいとうほぞん、: cryonics)は、未来医療技術で蘇生できることを期待して、遺体を約-196℃の液体窒素下で冷凍保存すること。

現在の医療技術では治療不可能な病気や怪我でも、それが可能になったころ蘇生させ治療しようという考え方である。

ただし実際には、人体に含まれる水分が冷凍されることで膨張し細胞膜等を破壊してしまう等の問題があり、単に遺体を冷凍しただけでは、解凍したとしてもその人体を蘇生させることは困難である。そのため「水分を事前に何らかの方法で不凍液などに置換し、冷凍時における細胞膜の破壊を防ぐ」などの技術が模索されている。いまのところ「解凍後にナノテクノロジーの応用で細胞膜を補修する」といった未来の技術発展を期待した試みである。

関連項目[編集]