ロドニー・ブルックス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ロドニー・ブルックス(2005年)

ロドニー・アレン・ブルックスRodney Allen Brooks, 1954年11月30日 - )は、MITコンピュータ科学・人工知能研究所の現所長(2006年)で、ロボット工学教授。アデレード生まれ。

1986年の論文を皮切りとして、彼のロボット工学関連の業績は学界に多大な影響を与え、人工知能の研究の方向性にも影響を与えた。彼は、ゴットロープ・フレーゲに端を発するアラン・チューリング以来の記号処理アプローチによる知的機械の実現には強く反対の立場をとっている。代わりにブルックスは生物学に発想を求めたロボット的アーキテクチャ(包摂アーキテクチャ)を提唱した。彼は、実世界との相互作用よりも実世界を理解することに興味を持っていた人工知能学界の主流からは無視された。ブルックスは逆に実世界との相互作用のほうが単に記号的に理解することよりもずっと難しいと主張した。この観点は、彼の論文Elephants Don't Play Chessでよく説明されている。

経歴と研究[編集]

現在の研究分野:

  • 構造化されていない環境での知的ロボット工学
  • 人間型ロボット製作を通じて人間の知性を理解する

かつての研究分野:

企業設立:

  • iRobot社を設立し、最高技術責任者・取締役を歴任
  • 同社を退社後Rethink Robotics社を設立、会長兼最高技術責任者に就任

著作[編集]

最近の著書および論文:

  • Cambrian Intelligence: The Early History of the New AI (MIT Press, 1999) ISBN 0-262-52263-2
  • The Relationship Between Matter and Life (in ネイチャー 409, pp. 409-411; 2001)
  • Flesh and Machines: How Robots Will Change Us (Pantheon, 2002) ISBN 0-375-42079-7

他に以下のような分野の論文や著作がある:

ブルックスは International Journal of Computer Vision の創刊に関わり、以下のような学術雑誌の編集委員も務めている:

  • Adaptive Behavior
  • Artificial Life
  • Applied Artificial Intelligence
  • Autonomous Robots
  • New Generation Computing

会員資格、受賞歴など[編集]

会員資格:

受賞歴:

講師資格:

彼はドキュメンタリー映画Fast, Cheap and Out of Controlに出演している(映画タイトルも彼の論文と同じである)。

外部リンク[編集]