近藤陽次

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

近藤 陽次(こんどう ようじ、1933年5月26日 - )は天体物理学者SF作家

略歴[編集]

東京外国語大学ニューヨーク市立大学を経て、ペンシルベニア大学大学院で天体物理学の博士号を取得。NASAの職員となり、ロケット人工衛星などによる紫外線観測に従事している。アポロ計画およびスカイラブ計画の時にはNASAのジョンソン宇宙センター(前:有人宇宙船センター)の天体物理学研究所を率いていた。

またエリック・コタニ(Eric Kotani)のペンネームSF小説も執筆している。

近藤陽次 (小惑星)は彼に因んで命名された。

受賞歴[編集]

  • NASA Medal for Exceptional Scientific Achievement(1990年)
  • Federal Design Achievement Award(1988年)
  • National Space Club Science Award(1995年)

など他多数。

著書[編集]

近藤陽次名義[編集]

  • 『世界の論争・ビッグバンはあったか―決定的な証拠は見当たらない』、講談社ブルーバックス、2000年、ISBN 4062573008

エリック・コタニ名義[編集]

  • "Act of God", Eric Kotani & John Maddox Roberts, Baen Books (1985).
  • "The Island Worlds", E. Kotani & J.M. Roberts, Baen (1987).
  • "Between the Stars", E. Kotani & J.M. Roberts, Baen (1988).
  • "Delta Pavonis", E. Kotani & J.M. Roberts, Baen Books (1990).
  • "Supernova", R. M. Allen & E. Kotani, Avon Books (1991).
  • "Requiem: New Collected Works by Robert A. Heinlein and Tributes to the Grand Master", ed. Y. Kondo, Tor Books (1992).
  • "Death of A Neutron Star", E. Kotani, Pocket Books (1999).
  • "Legacy of Prometheus", E. Kotani & J.M. Roberts, Tom Doherty Associates (Tor Books) (2000).
  • "The Edgeworld" "Star Colonies", DAW Books (2000)に収録.
  • "Orbital Station Fear", E. Kotani, published in Teknobook anthology, "Space Stations" (2004).

参考文献[編集]

外部リンク[編集]