アブロ・カナダ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

アブロ・カナダAvro Aircraft Canada )はカナダに存在した航空機メーカーである。

歴史[編集]

第二次世界大戦[編集]

第二次世界大戦中に、ドイツ軍の攻撃に対して安全なカナダで、イギリスの軍用機を生産するためにビクトリー・エアクラフト社(Victory Aircraft )がトロント郊外に作られた。ビクトリー・エアクラフト社は3,200機ほどのアブロ・アンソンや400機ほどのランカスターなどを生産し、1945年にイギリスのアブロの子会社になりアブロ・カナダとなった。

戦後[編集]

戦後、カナダ空軍トランス・カナダ航空のための航空機の生産を始めた。全天候ジェット戦闘機CF-100 カナック1946年に開発を開始したが、運用の開始は1952年からと遅れた。1949年8月にはジェット旅客機C-102 ジェットライナーを初飛行させた。デ・ハビランドコメットに遅れることわずか2週間であった。

解散[編集]

このように順調に事業を進めたかに見えたアブロ・カナダは、大型の超音速デルタ翼迎撃機CF-105 アロー1959年の突然の計画中止で打撃を受け、縮小された。なおこの突然の計画中止は様々な憶測、波紋を呼び、あまりの高性能に驚いたアメリカの航空機メーカーからの圧力とも噂された。

1962年に親会社のアブロがホーカー・シドレーに買収されたが、その後ホーカー・シドレーはカナダの資産を売却し、トロント・ピアソン国際空港北側にあった最初の航空機工場もデ・ハビランド・カナダマクドネル・ダグラスボーイングに運営されたが2005年に閉鎖した。ホーカー・シドレー・カナダは結局、1990年代後半に年金基金を残して解散した。

関連項目[編集]