ハンス・モラベック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ハンス・モラベックHans Moravec1948年11月30日 - )は、カーネギーメロン大学ロボット工学研究所の教授オーストリア生まれ)。ロボット工学人工知能研究で知られ、テクノロジー関連のライターでもある。また、未来学者でもあり、トランスヒューマニズムの信奉者でもある。

概要[編集]

モラベックはマシンビジョン着目点高品質化(ROI)の技法を開発した。同様の技法は他にも、Sherman de Forest や Sobel の開発したものがある。

モラベックは1980年スタンフォード大学で大型のコンピュータで遠隔操作されるテレビ付きロボットの研究で博士号を取得した。このロボットは乱雑な障害コースを走行することができた。ロボット工学への他の貢献としては、ロボットの空間認識に関する新たな手法の発見がある。また、ブッシュロボットの考案者でもある。

モラベックは2003年SEEGRID社というロボット工学企業を共同で設立した。同社は完全自律的に周囲の環境に対応できるロボットの開発を目的としている。

著書[編集]

著書 Mind Childrenの中でモラベックはムーアの法則を解説し、人工生命の将来を予測した。モラベックは大まかな年表とシナリオを示し[1][2]アイザック・アシモフの作品群をサポートするように、2030年から2040年にかけてロボットが新たな人工の種に進化するだろうと述べている[3](⇒技術的特異点)。

1998年の著書 Robot: Mere Machine to Transcendent Mind(日本語版『シェーキーの子どもたち—人間の知性を超えるロボット誕生はあるのか』)では、ロボット知性についてさらに考察している。

ポップカルチャーとの関係[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ Moravec, Hans (1998年). “When will computer hardware match the human brain?”. Journal of Evolution and Technology 1. http://www.transhumanist.com/volume1/moravec.htm 2006年6月23日閲覧。. 
  2. ^ Moravec, Hans (1993年). “The Age of Robots”. 2006年6月23日閲覧。
  3. ^ Moravec, Hans (2004年). “Robot Predictions Evolution”. 2006年6月23日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]