明日待子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
あした まつこ
明日 待子
明日 待子
婦女界出版社『婦女界』第58巻第2号(1938)より
本名 須貝 とし子(すがい としこ)
別名義 五條 珠淑(ごじょう たまとし)
生年月日 (1920-03-01) 1920年3月1日
没年月日 (2019-07-14) 2019年7月14日(99歳没)
出生地 日本の旗 日本 岩手県釜石市
国籍 日本の旗 日本
職業 女優舞踊家
ジャンル 軽演劇映画日本舞踊
活動期間 1933年 - 2019年
活動内容 1933年 ムーランルージュ新宿座
1955年 五條流舞踊研究所
テンプレートを表示

明日 待子(あした まつこ、1920年3月1日[1] - 2019年7月14日)は、日本女優日本舞踊家昭和初期〜戦後にかけてムーランルージュ新宿座の看板スターの一人で、元祖・ライブアイドルの一人[2]、また諏訪根自子山口淑子原節子と共に日本初のアイドルの一人とされている。岩手県釜石市出身。本名は須貝 とし子(すがい としこ)。晩年を日本舞踊家として過ごし、正統五條流宗家家元・五條 珠淑(ごじょう たまとし)を名乗っていた。

略歴[編集]

1920年(大正9年)、岩手県釜石市で小野寺とし子[1]として生まれる。尺八を嗜む警察署長の父と義太夫を嗜む母の影響があって芸事に関心を持ち、女優を志すようになる。13歳のとき釜石市において地方巡業中だったムーランルージュの俳優・有馬是馬にスカウトされ、即入団が決定したという。

1933年(昭和8年)上京。劇場設立者の佐々木千里宅に居候する[1]。入団当時の愛称は「チィ」。屈託のない笑顔、愛らしいルックスで人気を博し、ムーランルージュ新宿座の看板女優として活躍。現役時代は雑誌のグラビアや初代カルピスCMガール、ライオン、キッコーマンなどのポスターに起用されるなど一大ブームを巻き起こし、現在でいうところのアイドル的人気であった[3]

また、当時開業して間もなかった小田原急行鉄道(現在の小田急電鉄)が増収策として週末のみ新宿から小田原までをノンストップで運行する列車が計画され、その中の発案でムーランルージュ新宿座に「小田急行進曲」と「小田急音頭」の製作を依頼しており、沿線案内の吹き込みには看板スターの待子が担当していた。実際に78回転盤(SPレコード)6枚組で完成した「小田急行進曲」と「小田急音頭」のレコードを走行中の車内で演奏をテストしたところ、発車起動時の振動から途端に針が飛んでしまいどうにもならず失敗に終わったため、実際に運行開始した「週末温泉急行」の営業列車では使用されなかったという。

1936年(昭和11年)5月、ムーラン・ルージュ新宿座に観劇に来た、間も無く満州に送られる第1師団兵士が、演目終わりに「明日待子万歳!」と声を上げる。この日からムーラン・ルージュ新宿座には「明日待子万歳!」の声が連日響くようになり、学徒出陣が始まるとさらに大きくなっていった。待子はステージから兵隊たちに呼び掛け、一人一人手を握って「ご苦労様。ご武運長久をお祈り致します」と声を掛けて回ったという[4]

1938年(昭和13年)、映画『風車』出演。以降『春爛漫狸祭』・マキノ映画作品『鉄路の薔薇』合わせて3本出演している。

1946年(昭和21年)、キングレコードより「楽しき明日」を発売[5]

1949年(昭和24年)、北海道の興行会社「須貝興業(現・SDエンターテイメント)」の御曹司と結婚。以降は札幌市に居住し、のちに舞踊研究所を開く。

1979年(昭和54年)度札幌市民文化奨励賞受賞。

1994年(平成6年)、正派五條流宗家家元、五條珠淑を襲名。以降、日本舞踊家の師範として活動した。

2011年(平成23年)、新宿ケイズシネマで上映された映画『ムーランルージュの青春』の舞台挨拶に出席。約60年ぶりに公の場に姿を現した。

2017年11月25日放送の『おはよう北海道土曜プラス』に出演し、インタビューを受けている。

2017年12月8日放送の『爆報! THE フライデー』で日本初のアイドルと紹介され、番組内で97歳になっていた待子と95歳になった当時からのファンと感動の再会を果たした。

2019年7月14日に老衰の為死去。99歳没[6]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]