日本臓器製薬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Camera-photo Upload.svg 画像提供依頼:本社外観・主要商品パッケージの画像提供をお願いします。2014年2月
日本臓器製薬株式会社
Nippon Zoki Pharmaceutical Co., Ltd.
種類 株式会社
市場情報 非上場
略称 日本臓器 NZK
本社所在地 日本の旗 日本
541-0046
大阪府大阪市中央区平野町2-1-2
設立 1939年(昭和14年)
業種 医薬品
法人番号 4120001077617
事業内容 医療用医薬品、一般用医薬品、プラント事業
代表者 代表取締役社長 小西龍作
資本金 1億円
売上高 非公表
従業員数 非公表
外部リンク http://www.nippon-zoki.co.jp/
テンプレートを表示

日本臓器製薬株式会社(にっぽんぞうきせいやく、英称:Nippon Zoki Pharmaceutical Co., Ltd.)は、大阪府大阪市中央区平野町に本社を置く日本製薬会社である。

会社概要[編集]

関西を発祥とする製薬会社の一つ。過去には抗アレルギー系分野の医薬品を多く扱っていたが、近年では鎮痛剤領域を主なマーケットにしており、中でも整形外科、ペインクリニックなどで汎用される鎮痛薬ノイロトロピンは現在に至るまで同社を代表する薬品の一つとしてその名を知られている。

近年では一般用医薬品で貧血治療剤のマスチゲンシリーズ(マスチゲンS錠、マスチゲンS内服液など)をテレビでCM放映しており、さらには「アイストローチ」、「ドライノーズスプレー」など医薬部外品分野への市場参入している。以前は「セパクリン」という水虫薬の製造・販売も行っていた。

その他製薬会社としては珍しく、ごみ焼却プラントなどのエンジニアリング事業も行っている。かつてはオーストリアに本社を置くイムノ社が製造した血液製剤を輸入販売していたこともある。このため薬害エイズ事件訴訟では被告企業として訴えられた。

沿革[編集]

主な製品[編集]

一般用製品[編集]

  • マスチゲン錠【第2類医薬品】
2016年4月発売。1963年から発売されていたロングセラーの貧血用薬「マスチゲン-S錠」を全面刷新した製品。錠剤を小型化し、服用回数を1日2回から1日1回に変更。これに伴って包装体系を14錠・30錠・60錠に整理し、メーカー希望小売価格を値下げした。
  • マスチゲン-S内服液【第2類医薬品】
鉄分(クエン酸鉄アンモニウム)、ビタミン・ミネラル、タウリンなどを配合したイチゴ味のミニドリンク剤(製造販売元:大同薬品工業)。
  • マスチゲンローヤル【第3類医薬品】
タウリン2000mgに由来の肝臓エキス、ローヤルゼリービタミンB1(ビタミンB1硝酸塩)、ビタミンB2(ビタミンB2リン酸エステル)等を配合した100ml入りドリンク剤(ビタミン含有保健薬)。人工色素無添加(製造販売元:大同薬品工業)。
  • マスチゲンこども用G ぶどう味【第3類医薬品】
必須アミノ酸2種類(L-リジン塩酸塩、L-トレオニン)、カルシウム(グルコン酸カルシウム水和物)、ビタミンB6等を配合したぶどう味の子ども用ミニドリンク剤(ビタミン含有保健薬)。ノンシュガー・人工色素無添加・カフェイン無配合設計(製造販売元:滋賀県製薬)。
  • マスチゲンBBゼリー錠【第3類医薬品】
ビタミンCにビタミンB2・B6を配合し、チュアブル錠としたビタミンB2・B6主薬製剤。
  • ラックル【第2類医薬品】
水に触れるとすぐに溶けだす速溶錠タイプの解熱鎮痛薬(主に腰痛神経痛に向けた製品)。ミント味。アセトアミノフェンのみの単味剤のため、眠くなる成分は含まれていない。2013年1月に価格改定を行い、希望小売価格を値下げした。(製造販売元:東亜薬品
  • 肩用ラックル顆粒【第2類医薬品】
2013年5月発売。満量処方の独活葛根湯乾燥エキスを配合したスティック顆粒タイプの漢方薬。
  • コフト顆粒【指定第2類医薬品】
2015年7月発売。漢方薬の葛根湯と総合感冒薬(5種類の有効成分とビタミンC・B2を配合)をひとつにしたスティック顆粒タイプのかぜ薬。
  • コフトせき止め【指定第2類医薬品】
ドロップタイプの鎮咳去痰薬。ミント味。(製造販売元:高市製薬
  • アガラン錠【第2類医薬品】
2015年6月発売。5種類の生薬成分(カノコソウエキス、トケイソウ乾燥エキス、チョウトウコウ乾燥エキス、ホップ乾燥エキス、ニンジン乾燥エキス)を配合した緊張感の鎮静や緊張感による疲れのための生薬製剤。錠剤タイプ。
  • アイストローチ【指定医薬部外品】
塩化セチルピリジニウムを配合したトローチ剤(一般的なトローチ剤とは異なり、小粒のドロップに近い剤型である)。フレーバーははちみつ味(アイストローチT)、りんご味(アイストローチA)、ブルーハワイ味(アイストローチH)、オレンジ味(アイストローチO)、レモン味(アイストローチL)の5種類。はちみつ味以外のフレーバーはノンシュガー設計である。(製造販売元:高市製薬)
  • ドライノーズスプレー【一般医療機器】
アルコール・メントールなどの刺激成分を含まないコンパクトサイズの鼻腔洗浄スプレー。(製造販売元:明星産商

販売店限定品[編集]

  • マスチゲンゴールドS【第3類医薬品】(ビタミン含有保健薬、製造販売元:大同薬品工業)※北海道厚生農業協同組合連合会限定販売

販売終了品[編集]

  • マスチゲンこども用A りんご味【第3類医薬品】
  • マスチゲンこども用D ソーダ味【第3類医薬品】 - 2010年2月販売終了
  • マスチゲンAドリンク ピーチ味【第2類医薬品】(製造販売元:大同薬品工業)
  • マスチゲンGドリンク ぶどう味【第2類医薬品】(製造販売元:大同薬品工業)
  • コフトこども用せき止めゼリー - 2009年10月製造終了
  • コフトこども用総合感冒ゼリー - 2009年10月製造終了
  • コフトせき止め透明液 - 2009年10月製造終了
  • ナチュア胃腸薬A - 2011年5月販売終了
  • ナチュア胃腸薬 - 2011年5月販売終了
  • ルナール【指定第2類医薬品】 - リニューアルに伴い2013年4月販売終了(製造販売元:中央薬品
  • アイストローチ グレープフルーツ味
  • アイストローチ ルビーメロン味
  • アイストローチ 青ゆず味

医療用医薬品[編集]

  • ノイロトロピン(ワクシニアウイルス接種家兎皮膚抽出液)

テレビCM[編集]

地元局の関西テレビを中心にスポットCMを放送。アイストローチのCMにはタレントの藤本ゆき(ノイエ所属)、ドライノーズスプレーのCMには渡辺なおみ(AtoZ所属)が出演している。

提供番組・協賛イベント[編集]

現在放送中のテレビ番組では、『おじゃマップ[1]VS嵐』(いずれもフジテレビ制作の全国ネット番組)のスポンサーになっている。その一方で、地元局の朝日放送が主催する篠山ABCマラソン大会や、日本臓器製薬レディース ABC杯日本女子プロゴルフ協会主催のステップ・アップ・ツアー)に協賛している。

フジテレビ制作の番組では、過去に『クイズ!ヘキサゴンII』などのスポンサーになった。また、「日本臓器」という名義でスポンサーに付いていた『小川宏ショー』の初期(1960年代後半)には、アシスタントの露木茂(出演時点では同局のアナウンサー)による生CMを放送。関西テレビでも、月曜21時台のミニ番組『美WALK』(〜2008年3月)→『美向上計画〜鈴木凛子21歳〜』のスポンサーになっていた。

ニッポン放送では、当社の一社提供によるラジオ番組として、1955年から1960年まで『ものまねのど自慢』を放送。オープニングでは、司会の柳家金語楼が、CMソングを兼ねたテーマソングを歌っていた。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ クイズ!ヘキサゴンII』を放送していた時期から、つなぎ番組を経て、水曜日19時枠のスポンサーに定着している。2017年9月から『バイキング』のスポンサーになった。この時間帯では、当社と同じく大阪市内に本社のある同業メーカーの小林製薬(当社と同じ中央区に本社を設置)とロート製薬も、番組スポンサーに名を連ねている。

外部リンク[編集]