平和通駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
平和通駅*
Heiwadori Station 20170330.jpg
平和通駅の入口と駅舎(2017年3月30日)
へいわどおり
Heiwadōri
(魚町商店街前)
01 小倉 (0.4km)
(0.3km) 旦過 03
所在地 北九州市小倉北区堺町一丁目
駅番号 02
所属事業者 北九州高速鉄道(モノレール)
所属路線 小倉線
キロ程 0.4km(小倉起点)
駅構造 高架駅
ホーム 1面2線
乗降人員
-統計年度-
6,792人/日
-2018年-
開業年月日 1985年昭和60年)1月9日[1]
備考 * 1998年(平成10年)4月1日に小倉駅から改称
テンプレートを表示
ホーム

平和通駅(へいわどおりえき)は、福岡県北九州市小倉北区堺町一丁目にある、北九州高速鉄道(北九州モノレール)小倉線。「魚町商店街前」の副駅名が設定され、駅名標にも記載されている。駅番号は「02」。

歴史[編集]

駅構造[編集]

島式1面2線のホームを持つ高架駅である。

開業当初はこの駅が起点であったという歴史上のいきさつのため、小倉駅 - 平和通駅間は単線並列となっており、当駅の下り側にポイントが設置されている。そのため当駅ではそれぞれのホームの上り・下りの区別がなく、乗車時には発車標で方向を確認する必要がある。

のりば
ホーム 路線 行先
1・2 小倉線 (上り)小倉ゆき
(下り)旦過北方志井企救丘方面

利用状況[編集]

2018年度の1日平均乗降人員は6,792人である[3]

駅周辺[編集]

隣の駅[編集]

北九州高速鉄道
小倉線
小倉駅(01) - 平和通駅(02) - 旦過駅(03)

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c 曽根悟(監修)『週刊 歴史でめぐる鉄道全路線 公営鉄道・私鉄』30号 モノレール・新交通システム・鋼索鉄道、朝日新聞出版分冊百科編集部(編集)、朝日新聞出版〈週刊朝日百科〉、2011年10月16日、10頁。
  2. ^ “北九州モノレール「mono SUGOCA」のサービス開始日について” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 九州旅客鉄道/北九州高速鉄道, (2015年6月24日), オリジナルの2017年10月13日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20171013033129/http://www.jrkyushu.co.jp/sugoca/pressrelease/__icsFiles/afieldfile/2017/04/11/150624_press.pdf 2020年2月6日閲覧。 
  3. ^ 西鉄メディア

関連項目[編集]

外部リンク[編集]