英進館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
英進館株式会社
EISHINKAN CO.,LTD.
種類 株式会社
本社所在地 810-0021
福岡県福岡市中央区今泉1-11-12
設立 1986年12月
業種 サービス業
事業内容 学習塾の運営
代表者 筒井俊英(代表取締役社長)
資本金 4億5510万円
売上高 108億円(2016年3月期)
従業員数 508名
外部リンク www.eishinkan.net/
テンプレートを表示
小倉本館

英進館(えいしんかん)は、九州地方を拠点とした中学・高校・大学受験対応の総合学習塾。

2016年現在、福岡県など九州7県と広島・岡山に53教場を展開し、約3万人の生徒が学んでいる。全体の約35%が小学生、約50%が中学生、約15%が高校生である[1]

生徒数、売上高でともに九州一となっている。2014年3月期には売上高が100億円を突破した[1]日経MJの第33回サービス業総合調査では、売上高ランキングで学習塾部門で15位。九州地区ではNO.1である[要出典]

沿革[編集]

  • 1979年 4月 - 筒井勝美が中学校受験専門塾「九州英才学院」を設立。
  • 1980年11月 - 九州英才学院に高校受験部門を加え「英進館」に改称。
  • 1986年12月 - 英進館株式会社を設立。
  • 1987年12月 - 理科実験教室の導入。
  • 1997年 7月 - 大学受験部門「英進館高等部」を立ち上げ。
  • 1998年12月 - 難関私立入試対策の教材の特許取得。受験用教材としての特許取得は日本初[1]
  • 2004年 2月 - 本部を福岡県福岡市薬院から同市天神に移転。
  • 2004年11月 - 筒井俊英が代表取締役社長に就任。
  • 2007年 9月 - 楽しみながら算数脳を鍛える「アルゴクラブ」を立ち上げ[1]
  • 2008年 3月 - 天神本館にて「幼児部」をスタート[1]
  • 2010年 1月 - 大学生の就職活動支援のため「大学部」を立ち上げ。
  • 2010年11月15日 - 1957年より広島地区で学習塾を展開していた有限会社鯉城学院(りじょうがくいん)をグループ企業とし、新たに英進館株式会社の100%子会社の株式会社鯉城学院を設立[2]
    • このグループ化により広島・岡山両県に進出。鯉城学院の校舎は全て「英進館鯉城○○校」の名前に変更された。
  • 2011年10月 - 玉井式国語的算数教室を天神本館・野間教室・熊本本館でスタート。
  • 2012年10月 - 花まる学習会を九州で初めてスタート[1]
  • 2014年2月 - シンガポールに小学生を対象とした学習塾を開校[3]
  • 2014年10月 - 北九州市教育委員会と連携し、中学3年生を対象にした無料の学習支援事業「中学生ひまわり学習塾」を始めた[4]

方針 [編集]

  • 自立した社会人の育成[3]
教育とは、子どもたちが将来、社会的・経済的・精神的に自立した社会人となるための基礎固めだと考え、通常の受験指導・教科指導以外にも、しつけやあいさつなどを重視している[5]。また、中高生向けにキャリア教育を行っている[6]

授業[編集]

小学部

小学部では、小1・2ではオリジナルテキスト、小3からは四谷大塚のテキストを使って授業を進めていく[1]。小6の後半からは日本初の特許を取得したオリジナルテキストを用いた指導を行っている[7]。また、理科実験授業もあり、理科実験室を使って実際に演習などをし、知識を深めていく。ただし、希望者のみ参加で、授業料とは別に支払う必要がある。

小4からは中学部と同じようにTZS・TZ・S・Aのクラスに分けられる。TZSは全国難関校へ、TZは九州難関校へ、S・Aクラスは私立中学受験に向けたカリキュラムを行う[8]。公立中学に向けた授業をするチャレンジクラスも4・5・6年生にはある[9]

6年の後半からは志望校別に、附設クラス、ラ・サールクラス、灘クラスに分かれ、それぞれの出題傾向に適したテストを受ける。

春・夏・冬などの休みには合宿が行われる(小6TZ・TZS・S・Aは基本的に全員参加で、他は希望者のみ)。また、小4・5を対象に、「チャレンジ合宿」(勉強は行わない)も行われる。合宿は、春が二泊三日、夏・冬は四泊五日となっており、クラスに分かれて、毎日のテストで競い合う

中学部

中学部では、次のようなクラス分けが行われる[10]

  1. GTZ(グランドトップゼミ)クラスは、全国超難関私立・国立高校合格、超難関大学への現役合格を目指すクラス[10]。私立中高一貫校生を対象としたクラスである。
  2. TZS・TZ(トップゼミサミット・トップゼミ)TZSクラスは、全国超難関私立校とよばれる高校の受験のためのクラスで、TZクラスから選抜された生徒が集い、英進館中学部のフラッグシップと称されている。TZクラスは、全国超難関高校受験に対応している[10]
  3. 特S(TS)クラスは、難関私立高、公立トップ高を目指すクラスである[10]
  4. S・Aクラスは、基礎・基本の習得を目標とし、公立トップ高合格への実戦力を養成するクラスである[10]

部活対応したクラスも存在する[11][12][13]

しばしばGTZが最高峰クラスと称されることもあるが、そもそもTZS,TZとは募集している生徒が違うため(GTZは私立中生、TZS,TZは公立中生)、一概には比較はできないものである。

高等部

高等部では、天神本館・久留米本館・佐賀校・熊本本館で、英進館教師による集団授業が行われている。それ以外の教室では、東進衛星予備校を用いた映像授業が行われている[14]。 集団授業は、代表的なものに東大九大攻略講座がある[15]

天神高等部には高卒本科(いわゆる浪人生コース)が設置されている[16]

東大攻略講座・九大攻略講座 2014年は9月12日から開始された[17]

広島校・福山校にはZ会東大進学教室が設けられている。

個別指導

集団指導とは別に個別指導パスカルがある[18]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g ズームアップインタビュー この人に聞く108 抜群の合格実績で九州ナンバーワンの地位を確立 ~ 成長のカギは人材育成と評価基準の透明化 ~”. 学びネット (2014年11月). 2015年5月3日閲覧。
  2. ^ 会社概要 鯉城学院、2017年2月10日閲覧
  3. ^ a b 学習塾「英進館」、シンガポールの商業施設に開校-小学生対象に”. シンガポール経済新聞 (2014年3月17日). 2015年5月3日閲覧。
  4. ^ 北九州で中3対象無料学習塾 英進館と提携”. 読売新聞 (2014年11月17日). 2015年5月3日閲覧。
  5. ^ 自立した社会人の育成”. 英進館. 2015年5月3日閲覧。
  6. ^ キャリア教育”. 英進館. 2015年5月3日閲覧。
  7. ^ 小学部 教材・指導システム”. 英進館. 2015年5月3日閲覧。
  8. ^ 小学4年生 クラス設定”. 英進館. 2015年5月3日閲覧。
  9. ^ 茶r年次クラス(小4~小6年生対象)”. 英進館. 2015年5月3日閲覧。
  10. ^ a b c d e 中学部クラス紹介”. 英進館. 2015年5月3日閲覧。
  11. ^ 中学1年生 クラス設定”. 英進館. 2015年5月3日閲覧。
  12. ^ 中学2年生クラス設定”. 英進館. 2015年5月3日閲覧。
  13. ^ |中学3年生 クラス設定”. 英進館. 2015年5月3日閲覧。
  14. ^ 映像授業”. 英進館. 2015年5月3日閲覧。
  15. ^ 東大・九大攻略講座(2014年 週末集中コース)”. 英進館. 2015年5月3日閲覧。
  16. ^ 高卒本科コース”. 英進館. 2015年5月3日閲覧。
  17. ^ 東大・九大攻略講座(2014年 週末集中コース)”. 2015年5月3日閲覧。
  18. ^ 個別指導パスカルとは”. 英進館. 2015年5月3日閲覧。

外部リンク[編集]