英進館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
英進館株式会社
EISHINKAN CO.,LTD.
種類 株式会社
本社所在地 810-0021
福岡県福岡市中央区今泉1-11-12
設立 1986年12月
業種 サービス業
事業内容 学習塾の運営
代表者 筒井俊英(代表取締役社長)
資本金 4億5510万円
売上高 108億円(2016年3月期)
従業員数 508名
外部リンク www.eishinkan.net/
テンプレートを表示
小倉本館

英進館(えいしんかん)は、九州地方を拠点とした中学・高校・大学受験対応の総合学習塾。

沿革[編集]

  • 1979年 4月 - 筒井勝美が中学校受験専門塾「九州英才学院」を設立。
  • 1980年11月 - 九州英才学院に高校受験部門を加え「英進館」に改称。
  • 1986年12月 - 英進館株式会社を設立。
  • 1997年 7月 - 大学受験部門「英進館高等部」を立ち上げ。
  • 1998年12月 - 難関私立入試対策の教材の特許取得。受験用教材としての特許取得は日本初[1]
  • 2004年 2月 - 本部を福岡県福岡市薬院から同市天神に移転。
  • 2004年11月 - 筒井俊英が代表取締役社長に就任。
  • 2007年 9月 - 「アルゴクラブ」を立ち上げ[1]
  • 2008年 3月 - 天神本館にて「幼児部」をスタート[1]
  • 2010年11月15日 - 1957年より広島地区で学習塾を展開していた有限会社鯉城学院(りじょうがくいん)をグループ企業とし、新たに英進館株式会社の100%子会社の株式会社鯉城学院を設立[2]
  • 2012年10月 - 花まる学習会を九州で初めてスタート[1]
  • 2014年2月 - シンガポールに小学生を対象とした学習塾を開校[3]
  • 2014年10月 - 北九州市教育委員会と連携し、中学3年生を対象にした無料の学習支援事業「中学生ひまわり学習塾」を始めた[4]

その他[編集]

  • 2016年現在、福岡県など九州7県と広島・岡山に53教場を展開し、約3万人の生徒が学んでいる。全体の約35%が小学生、約50%が中学生、約15%が高校生である[1]
  • 2014年3月期には売上高が100億円を超えた[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f ズームアップインタビュー この人に聞く108 抜群の合格実績で九州ナンバーワンの地位を確立 ~ 成長のカギは人材育成と評価基準の透明化 ~”. 学びネット (2014年11月). 2015年5月3日閲覧。
  2. ^ 会社概要 鯉城学院、2017年2月10日閲覧
  3. ^ 学習塾「英進館」、シンガポールの商業施設に開校-小学生対象に”. シンガポール経済新聞 (2014年3月17日). 2015年5月3日閲覧。
  4. ^ 北九州で中3対象無料学習塾 英進館と提携”. 読売新聞 (2014年11月17日). 2015年5月3日閲覧。

外部リンク[編集]