筒井勝美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

筒井 勝美(つつい かつみ、1941年3月17日 - )は、日本の教育者、進学塾英進館館長・取締役会長[1]

経歴[編集]

1941年、福岡市に生まれる。1959年、福岡県立修猷館高等学校を卒業。1963年、九州大学工学部通信工学科を卒業、同年、九州松下電器(現・パナソニック システムネットワークス)に入社する[2]

同社に16年間勤務し、エンジニア、技術課長、工場長代行などを経て退職[3]

1979年4月、中学受験専門の進学塾「九州英才学院」を福岡市中央区大名で創立。1980年、高校受験部門を加え「英進館」に改称し、1986年、株式会社に改組してイーシープランニングを設立し社長に就任する。1988年、英進館株式会社を設立し、1993年、イーシープランニングを英進館(株)に合併統合。2004年11月、英進館取締役会長に就任する[4]


長年、政府の学習指導要領に基づいた「ゆとり教育」の弊害について警鐘を鳴らすスポークスマンとして活動しており、高等教育フォーラムや(社)日本工学教育協会主催のシンポジウムでの講演[5]や、『「理数教育」が危ない!』『どうする「理数力」崩壊』(共著)、『教育と医学(01年5月号)』特集・教育における競い合い「教育立国再生へ」などをはじめとする執筆活動を通じて、ゆとり教育の抜本的な見直しを一貫して提唱し続けた。


1999年に開催された高等教育フォーラム主催のシンポジウムでは、塾の代表の一人として出席、初めて塾との対話を試みた文科省に意見や質問をぶつけ、その成果の一つとして、中教審から答申が出されていた「夜7時以降の過度の塾通いの自粛」を事実上撤回へと持ち込む[6]

また、「学習塾百年の歴史ー塾団体50年史ー」(全日本学習塾連絡会議、2012年)の編纂においても、全国各地の各塾へ協力を呼びかけ、1170ページにも及ぶ大作となった同誌の発刊にも尽力した。

 

英進館取締役会長のほか、現在公職として公益社団法人全国学習塾協会相談役[7]、国際教育学会(ISE)理事[8]、福岡商工会議所議員[9]等。


著書[編集]

  • 『「理数教育」が危ない!』(PHP研究所、1999年)
  • 『どうする「理数力」崩壊』(共著)(PHP研究所、2004年)
  • 『危機に立つ日本の理数教育』(共著)(明石書店、2005年)
  • 『世界の科学教育 : 国際比較からみた日本の理科教育』(共著)(明石書店、2006年)

脚注[編集]

  1. ^ 英才教育で学習塾業界九州トップへ - COW TV
  2. ^ 会社情報英進館株式会社
  3. ^ 会社情報英進館株式会社
  4. ^ 会社情報英進館株式会社
  5. ^ それでも学力低下はないといえるか教育イベントレポート/内田洋行教育総合研究所2005.01.25
  6. ^ 「教育の場」としての学習塾/平尾俊郎(毎日新聞社、2002年)
  7. ^ 役員名簿全国学習塾協会
  8. ^ 役員・顧問国際教育学会
  9. ^ 議員一覧福岡商工会議所