北九州市立松本清張記念館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
松本清張記念館から転送)
移動先: 案内検索
Japanese Map symbol (Museum) w.svg 北九州市立松本清張記念館
Matsumoto Seicho
Memorial Museum
140721 Matsumoto Seicho Memorial Museum Kitakyushu Japan01bs3.jpg
施設情報
正式名称 北九州市立松本清張記念館
愛称 松本清張記念館
専門分野 松本清張の業績
事業主体 北九州市
管理運営 北九州市
開館 1998年平成10年)8月4日
所在地 803-0813
福岡県北九州市小倉北区城内2番3号
公式サイト 北九州市立松本清張記念館 公式サイト
プロジェクト:GLAM
入口側

北九州市立松本清張記念館(きたきゅうしゅうしりつまつもとせいちょうきねんかん)は、福岡県北九州市小倉北区城内にある、作家・松本清張の生涯と業績にかかわる展示を行う文学館である。

概要[編集]

清張死没を受け、生前の功績を称え後世に語り継ぐことを目的として、清張の郷里である小倉北区に記念館を建設することを決定。小倉城址域の南西端の一角に1998年平成10年)8月4日開館。

館内では、作家としての清張の業績について、映像や展示物などで紹介している。なかでも、東京都杉並区高井戸の自宅の外観をはじめ、遺族から寄贈を受け、書斎や書庫・応接間を清張が亡くなった当時の状態で忠実に再現した展示室が目玉の一つである。また、オリジナルドキュメンタリー映像「日本の黒い霧 - 遙かな照射」の上映も行なっている。他に、随時実施される企画展のほか、講演会などのイベントも開催されている。

開館10周年にあたる2008年(平成20年)には、第56回菊池寛賞を受賞した。受賞の理由は、「地方財政が厳しい折、水準の高い研究誌を刊行しつつ、多彩な企画展を催すなど、健闘しながら開館10周年を迎えた」[1]ことによる。

2009年(平成21年)、北九州市などが清張の生誕100年を記念した各種イベントを展開したこともあり入館者が増え、まさに「100歳の誕生日」[2]の2日前となった12月19日に、累計入館者が100万人に達した。

開館以来、2015年(平成27年)現在まで、文藝春秋で長年清張の担当編集者であった藤井康栄が館長を務めている。

記念館による刊行物として、随時発行される館報(ウェブサイト内で閲覧可能)、企画展図録のほか、各分野の専門家による研究誌『松本清張研究』がある。

建築概要[編集]

利用情報[編集]

  • 所在地 - 福岡県北九州市小倉北区城内2番3号
  • 入館料 - 一般500円、高校生以下や団体などには割引料金有、障害者手帳[4]所持者。
  • 開館時間 - 9:30〜18:00(入館は17:30まで)
  • 休館日 - 年末(12月29日〜12月31日)

交通[編集]

名称は違うが警察署側は同じ場所にバス停がある[5]
なお、西鉄バス北九州は小倉駅から上記バス停までの運賃は100円である。

周辺施設[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 文藝春秋 菊池賞菊池賞受賞者一覧
  2. ^ 1909年12月21日生まれ。なおこの日は、開館から5年後に、西向かいからリバーウォーク北九州へ、清張のかつての職場であったところの朝日新聞社とともに移転したNHK北九州放送局の開局日でもあり、小倉でラジオ放送が始まったのは清張22歳の誕生日であった。
  3. ^ 当初の設計図では、長方形の建物の中央に書斎があって、周囲に展示物やパネルがあるというものだったが、後に館長を務める藤井康栄の異論をふまえ、宮本を交えた話し合いが行われ、現在の形に再設計された。藤井『松本清張の残像』(2002年、文春新書)25 - 27頁参照。
  4. ^ 身体障害者手帳療育手帳精神障害者保健福祉手帳の3種類(本人及び条件付きで介護者1人を含む)
  5. ^ 以前は「NHK前」という名称のバス停であった。NHKのリバーウォーク移転により清張記念館がバス停の名称となった。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯33度53分02秒 東経130度52分21秒 / 北緯33.88389度 東経130.87250度 / 33.88389; 130.87250