峯本達雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
峯本 達雄
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 和歌山県
生年月日 (1953-06-12) 1953年6月12日(65歳)
身長
体重
177 cm
79 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手
プロ入り 1976年 ドラフト4位
初出場 1978年6月29日
最終出場 1980年8月27日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

峯本 達雄(みねもと たつお、1953年6月12日 - )は、和歌山県出身の元プロ野球選手外野手内野手)。右投右打。

来歴・人物[編集]

プロ入り前[編集]

新宮高では、左翼手として1971年夏の甲子園県予選準決勝に進出するが、市和歌山商に敗退。高校時代のチームメイトに庄司智久がいた。

高校卒業後は、社会人野球新日本製鐵堺に入団。1976年都市対抗野球では、試合前の本塁打競争に優勝。河合楽器との1回戦でも本塁打を放ち注目される。社会人時代のチームメートに中出謙二尾西和夫などがいた。

1976年のドラフト会議で、阪神タイガースから4位指名を受けて入団した。

プロ入り後[編集]

1977年には、ウエスタン・リーグ公式戦42試合に出場。打率.269、4本塁打、27打点という成績を残した。しかし、足の骨折で出遅れたため、一軍公式戦への出場機会がなかった。

1978年には、一軍公式戦17試合に出場。主に代打として起用された。7月5日の対中日ドラゴンズ戦(阪神甲子園球場)では、代打で一軍初本塁打を放っている。

1979年には、ウエスタン・リーグ公式戦62試合に出場。55打点で打点王のタイトルを獲得したほか、打率.309、10本塁打という好成績を挙げた。しかし、一軍公式戦への出場機会はなかった。

1980年には、登録を内野手に変更。一軍公式戦へ2年振りに出場したが、1試合にとどまった。68試合に出場したウエスタン・リーグ公式戦では、打率.272、46打点を記録。さらに、8月24日の対広島東洋カープ戦で3打席連続本塁打を放つなど、自己最多の16本塁打(いずれも球団のファーム公式戦シーズン最多記録)を達成した。

1981年には、一軍・二軍とも、公式戦への出場機会がなかった。結局、一軍公式戦で守備に就くことがないまま、この年限りで現役を引退した。

現役引退後[編集]

1982年から2015年まで、阪神球団に職員として在籍。用具係・スコアラー・管理部査定担当・編成部査定調査担当・管理部次長・管理部長を経て、球団本部長を最後に退職した[1]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1978 阪神 17 18 18 2 2 1 0 1 6 1 0 0 0 0 0 0 0 8 0 .111 .111 .333 .444
1980 1 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .000 .000 .000 .000
通算:2年 18 19 19 2 2 1 0 1 6 1 0 0 0 0 0 0 0 9 0 .105 .105 .316 .421

タイトル[編集]

  • ウエスタン・リーグ打点王:1回(1979年)

記録[編集]

背番号[編集]

  • 35 (1977年 - 1981年)

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]