岡野雅行 (会社社長)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
おかの まさゆき
岡野 雅行
生誕 (1933-02-14) 1933年2月14日(87歳)
日本の旗 日本東京都墨田区
国籍 日本の旗 日本
教育 国民学校初等科
職業 工業技術者工場経営者
著名な実績 工業技術開発
代表作 リチウムイオン電池ケース
痛くない注射針(ナノパス33
活動拠点 金属加工会社・岡野工業株式会社
肩書き 会社社長
任期 1972年(昭和47年)-
前任者 実父
栄誉 旭日双光章 2004年

岡野 雅行(おかの まさゆき、1933年(昭和8年)2月14日 - )は、日本工業技術者経営者金属加工会社・岡野工業株式会社の代表取締役(社長)。東京都墨田区出身[1]

概要[編集]

1933年(昭和8年)生まれの東京都出身。金属深絞り加工の世界的工業技術者金型職人)として知られていて、東京都墨田区の従業員数6人という小さな町工場でありながら、その高い技術カが日本はもちろん、世界の大企業NASAなどに注目され、製品が次々に採用される実績を持つ。講演多数、著書20以上[1]

1945年、向島更正国民学校初等科を卒業後、実父が創業した金型工場を手伝い始める。旧制中学校中退。20代の頃に父親に「夕方5時から翌朝の8時まで」工場を貸してくれるように頼み、昼間は工場の仕事を、夜の時間に自ら受注した仕事をこなしながら技術力を磨いた[1]。 そのときに岡野が誓ったのが2つ。「安すぎて誰もやらない仕事」「技術的に難しすぎて他の誰にもできない仕事」しかやらないということだという[1]

1972年(昭和47年)に父親が社長を務めていた岡野金型製作所の2代目社長(自称「代表社員」)に就任して、社名を岡野工業と改める。以後金型生産のみから脱却しプレス加工へ進出、更には生産設備開発で自動化設備開発へと発展する。

世界的にも技術を認められ、テレビ番組にも取り上げられたりしているが、依然として会社規模を少数精鋭で数名のままとして開発を続けた。

2004年(平成16年)秋の動章にて、旭日双光章を受章する[2]

2005年(平成17年)12月、第4回日本イノベーター大賞、ジャパンクール賞を受賞[3][4]

2006年(平成18年)10月12日、岡野工業が、東京商工会議所主催の第4回勇気ある経営大賞の大賞を受賞する[5]

2018年3月13日、日本経済新聞のインタビューで「あと2年で会社を閉じるつもり。自然体でやめていく。」と報じられた[6]

事件[編集]

2012年(平成25年)7月19日に、経営する岡野工業の脱税事件が発覚[7]東京国税局の税務調査を受け、2011年までの5年間に1億円超の所得隠しを指摘されていたことが分かった。この事件について『日経ビジネス』のインタビューで以下の様に語った[8]

仕事を出す代わりに、後で手数料をバックしてもらうことは、この商売ではよくあることなんだけどね。取引先から「仕事が欲しい、仕事をさせてくれ」って頼まれたから「じゃあ、仕事を出してやるか」ってことになったんだよ。

その会社は景気が悪かったんだ。かわいそうだから仕事をやってやったんだよ。ただ、それを帳簿につけていなかった。そこが問題だったんだな。

俺はカネのことは社員任せなんだよ。仕事はどんどん来るからね。仕事だけやっていればいいと思っている。
結局、外部の工場に割り振った仕事の売り上げが、計上されておらず、税務署側からそれらの売り上げを自社分として組み込まれて会計計算されてしまったことになる。岡野工業としての実態収入でない約1億円分(外部の工場分)をかぶることになった[9]

代表作[編集]

リチウムイオン電池ケース
もともとウォークマン用に開発したものを携帯電話向けに転用した。液漏れによる事故を防ぐため、同部品は均一の金属板で作られる必要があるが、これを薄く亀裂の入りやすいステンレスの深絞り加工で実現した。かつて、ジッポーライターのケースを作っていた技術が生きた[1]
痛くない注射針(ナノパス33
針の先端がの口吻とほぼ同じ外径200 μm、内径80 μm。シリンジ側はΦ0.35 ミリメートルと太くテーパーになっている。理論物理学者にも不可能と言われたそれを、ステンレス素材のプレス加工で実現させた。医療機器メーカ、テルモからの依頼により開発。なおテルモは同社に依頼するまでに100社以上に「企画」を持ち込んだがすべて断られたという。同製品は「05年度グッドデザイン大賞」(日本産業デザイン振興会主催)にも選ばれている[10]

著書[編集]

  • 『俺が、つくる! - 世界一の職人岡野雅行』中経出版、2003年1月、ISBN 978-4806117605
    • 『俺が、つくる! - 世界一の職人が語る仕事の哲学(中経文庫)』中経出版、2006年9月1日、ISBN 978-4806125013
    カセット・ビデオ・CD-ROMも発売されている。
『CD 俺がつくる!「世界一の職人」』日本経営合理化協会、2003年8月1日、ISBN 978-4891010836
  • 『あしたの発想学 - いかにして痛くない注射針はできたのか!?』リヨン社、2003年7月、ISBN 978-4576031521
  • 『カネは後からついてくる!』青春出版社、2005年9月29日、ISBN 978-4413037280
  • 『岡野雅行 人のやらないことをやれ! - 世界一の技術を誇る下町の金型プレス職人、その経営哲学と生き方指南』ぱる出版、2006年3月、ISBN 978-4827202380
  • 『世界一の職人が教える仕事がおもしろくなる発想法 - 結果が出ない人はいない』青春出版社、2006年8月、ISBN 978-4413036047
    • 『世界一の職人が教える仕事がおもしろくなる発想法(青春文庫)』青春出版社、2008年2月9日、ISBN 978-4413093903
  • 『あしたの発想学 - 従来の延長ではなく既存を壊すことが新しい発想のスタートだ! (かに心書)』リヨン社、2006年8月、ISBN 978-4576061436
  • 『学校の勉強だけではメシは食えない! - 世界一の職人が教える「世渡り力」「仕事」「成功」の発想』こう書房、2007年11月、ISBN 9784769609568
    オーディオブックCD『学校の勉強だけではメシは食えない!』でじじ発行 パンローリング発売、2008年3月27日、ISBN 978-4775925904
  • 『人生は勉強より「世渡り力」だ! (青春新書インテリジェンス)』青春出版社、2008年6月3日、ISBN 978-4413042048
    • 『人生は勉強より「世渡り力」だ! (青春文庫)』青春出版社、2011年2月9日、ISBN 978-4413094849
  • 『メシが食いたければ好きなことをやれ! - 世界一の職人が教える「自分ブランド」「人づきあい」「心丈夫」の方法』こう書房、2008年9月、ISBN 978-4769609834
  • 『俺の感性が羅針盤だ! - 人生の答案用紙にナビはない』こう書房、2010年4月1日、ISBN 978-4769610250
  • 『試練は乗り越えろ』ロングセラーズ、2010年2月25日、ISBN 978-4845421770
  • 『不可能を可能にするあしたの発想術 (ロング新書)』ロングセラーズ、2010年9月25日、ISBN 978-4845408498
  • 『日本人の「正義」の話をしよう』アスコム、2011年3月17日、ISBN 978-4776206514
  • 『心が折れない働き方 (青春新書インテリジェンス)』青春出版社、2011年12月2日、ISBN 978-4413043441
  • 『他人と違うことをしなければ生き残れない』PHP研究所、2012年7月6日、ISBN 978-4569805160
  • 『学校で教えない“お金"を生む発想法』朝日新聞出版、2012年7月20日、ISBN 978-4022509956
  • 『人生は勉強より「世渡り力」だ!』青春出版社、2014年8月1日、ISBN 978-4413039239

共著・対談本[編集]

テレビ・メディア出演掲載[編集]

インターネット番組[編集]

その他[編集]

  • 2011年1月23日に開催された第78回自民党大会のゲストスピーチを行い、報じられる。
  • 2013年6月18日、「Visionetビジョネット」出演、ビッグインタビューズ「小さな町工場から世界へ!岡野式超一流の仕事力」
  • 2014年2月24日、「ニュースの深層」出演、中小企業のカリスマ登場。
  • 2004年10月20日号掲載「ニューズウィーク日本版」米軍も頼りにする職人芸[11]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e 篁 笙子『不可能を可能にした男-技術力で世界に挑む職人 岡野雅行』メトロポリタン出版、2001年10月1日。ISBN 978-4434013720
  2. ^ TOPIC No.2-74 日本人 秋の叙勲 4065人輝く栄誉 旭日大綬章に明石康氏ら12人 2004/11/03 The Sankei Shimbun”. 2020年1月14日閲覧。
  3. ^ 日経ビジネス2005年12月12日号 16p
  4. ^ philobomu イノベーター!2” (2005年12月15日). 2020年1月15日閲覧。
  5. ^ 岡野工業株式会社”. 東京商工会議所 (2006年10月12日). 2020年1月15日閲覧。
  6. ^ 「痛くない注射針」の岡野工業、家族に引き継がない理由  :日本経済新聞」『日本経済新聞』、2018年3月13日。2020年1月15日閲覧。
  7. ^ 「産経新聞」2012年7月19日「岡野工業が所得隠し1億円 極細針開発の金属加工会社 東京」
  8. ^ 『日経ビジネス』インタビュー「日経ビジネス」2012年12月23日号「敗軍の将、兵を語る」欄
  9. ^ 『日経ビジネス』インタビュー「日経ビジネス」2012年12月23日号「敗軍の将、兵を語る」欄
  10. ^ グッドデザイン大賞 テルモの世界一細いインスリン用注射針 - Aerodynamik - 航空力学” (2005年10月26日). 2020年1月14日閲覧。
  11. ^ 岡野雅行(岡野工業社長) | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

参考図書[編集]

  • 篁 笙子『不可能を可能にした男-技術力で世界に挑む職人 岡野雅行』メトロポリタン出版、2001年10月1日。ISBN 978-4434013720

関連項目[編集]

外部リンク[編集]