小倉昭和館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
小倉昭和館
KOKURA SHOWAKAN
外観
情報
正式名称 小倉昭和館
開館 1939年
収容人員 (2館合計)370人
設備 ドルビーデジタルSDDSDLPデジタルシネマ機35mm映写機ブルーレイ・DVDプロジェクター
用途 映画上映
旧用途 芝居小屋
所在地 802-0006
福岡県北九州市小倉北区魚町4-2-9
位置 北緯33度52分53.8秒 東経130度52分47.7秒 / 北緯33.881611度 東経130.879917度 / 33.881611; 130.879917座標: 北緯33度52分53.8秒 東経130度52分47.7秒 / 北緯33.881611度 東経130.879917度 / 33.881611; 130.879917
アクセス 北九州モノレール小倉線旦過駅より徒歩1分
外部リンク kokura-showakan.com
テンプレートを表示

小倉昭和館(こくらしょうわかん)は福岡県北九州市小倉北区魚町にある映画館

特色[編集]

北九州市小倉北区の旦過市場付近にあり、昭和館1・昭和館2の2館からなる。ロードショー館で上映を終えた作品を2本立てで上映する名画座であり、上映終了後の観客の入れ替えを行わない[1]。飲食物の持ち込みは自由である[1]。設備が古くて傾斜が急なため、年配の観客が歩き回らなくていいように、幕間には館主自らが菓子を売り歩く[1]。同じく小倉北区にある小倉名画座は名画座ではなく成人映画館であるため、小倉昭和館と誤って小倉名画座を訪れないよう注意されたい。

歴史[編集]

1939年(昭和14年)、創業者の樋口勇によって昭和館が開館した[1]。当初は映画上映のみならず芝居小屋としても機能する劇場であった。樋口勇は映画館や芝居小屋など計4館の経営者だった[1]。戦後は邦画の上映館となり、東映松竹の作品を多く上映。1970年代には日活ロマンポルノを上映したこともあった。

1982年(昭和57年)、隣接していたパチンコ店跡を改修し、現在の2館体制となる。1990年時点の小倉北区には小倉昭和館1・2のほかに、小倉SY松竹文化・小倉ピカデリー(室町)、小倉松竹劇場・小倉ロマン座(京町)、小倉トキワ映劇(京町)、小倉名画座1・2(京町)、小倉有楽100・150(馬借町)など、系統の異なる映画館が点在していた[2]1990年代は洋画ロードショー館として数々のヒット作を上映したが、市内に複数のシネマコンプレックスがオープンし競争が激化したことも重なり、2004年(平成16年)から封切館で公開が終わった作品を上映する「二番館」スタイルに移行し現在に至る。2代目館主は樋口昭正。

閉館を考えたこともあったが、2012年(平成24年)には主婦の樋口智巳が3代目館主に就任[1]。就任時には北九州市の名画座は昭和館だけになっていたが[1]高倉健からの励ましなどもあって続けている[3]。高倉健特集や文化人や映画人を招いてのトークイベント、地元企業や行政との連携イベントなどの様々な企画を行っている。2016年1月から2月に仲代達矢特集を行った際は、同時期に北九州芸術劇場無名塾公演「おれたちは天使じゃない」を行っていた仲代本人が訪れ、『大菩薩峠』と『無頼漢』を観賞したという逸話がある[4]

2013年からギラヴァンツ北九州の監督を務めていた柱谷幸一は、2015年12月に当館を訪れて『あん』と『アリスのままで』を観賞したことを自身のブログで明かしている[5]

2019年(令和元年)には創業80周年を迎えた。2代目館主の樋口昭正の誕生日に開催した(※正確な創業日がわからないため)記念上映会では、270席の座席が満席となった[1]。2019年には20年ぶりに赤字を抜け出した[1]

2020年(令和2年)には新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、3月21日からは2館のうち1館の上映を取りやめた[6]。館内の消毒や換気などの最善を尽くしているが、観客数は通常時の3分の1程度に減少したという[7]。4月7日には改正新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく緊急事態宣言が発令されたことから、4月11日から5月6日まで臨時休館した[6]

創業81周年となる8月20日の創業日に合わせ、北九州市出身の俳優 光石研さんや映画ファンからの寄付を原資にして、コロナ禍の中でも離れる必要のない、同居夫婦や映画好きのカップルの利用を目的に、2人一組で座れる机付きのソファ「光石研シート」を設置。[8][9][10]
これにより270席あった1号館の客席54席を撤去。代わりに2人一組で座れるソファを6客(12席)設置し228席となった。
光石研シート」の利用は、基本カップル2名が原則で追加料金は不要。昭和館では、食事を食べながら映画を見るといった、映画の新しい楽しみ方を模索中。

座席数[編集]

  • 昭和館1:270席(椅子の色は緑)※光石研シートの設置により228席に(2020.08~)
  • 昭和館2:100席(椅子の色は赤)

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i 元村有希子「窓を開けて にぎやかな映画館」朝日新聞、2019年9月7日
  2. ^ 『映画年鑑 1990年版別冊 映画館名簿』時事映画通信社、1989年。同文献を出典としている1990年の映画館(九州地方) 「消えた映画館の記憶」を参照した。
  3. ^ “高倉健さん一周忌 文通の映画館、感謝の思い今も”. 報知新聞. (2015年11月10日). http://www.hochi.co.jp/topics/20151110-OHT1T50034.html 2016年3月15日閲覧。 
  4. ^ “仲代達矢さんが小倉昭和館に 出演作品2本を観賞”. 西日本新聞 (西日本新聞社). (2016年2月2日). http://www.nishinippon.co.jp/nnp/f_kitakyushu_keichiku/article/222123 2016年3月15日閲覧。 
  5. ^ 小倉昭和館”. 柱谷幸一のオフィシャルブログ. CyberAgent (2015年12月18日). 2016年3月15日閲覧。
  6. ^ a b 映画館 小倉昭和館も臨時休館へ NHKニュース、2020年4月8日
  7. ^ 「最善尽くしたが」「周囲の目が」北九州市などで営業休止相次ぐ 西日本新聞、2020年4月8日
  8. ^ “「光石研シート」小倉昭和館に登場 コロナ対応、ペアでゆったり”. 西日本新聞 (西日本新聞社). (2020年8月21日). https://www.nishinippon.co.jp/item/n/637387/ 2020年9月12日閲覧。 
  9. ^ “福岡)創業81周年の小倉昭和館に「光石研シート」”. 朝日新聞 (朝日新聞社). (2020年8月22日). https://www.asahi.com/articles/ASN8P75MBN8NTIPE00P.html 2020年9月12日閲覧。 
  10. ^ “カップルは「光石研シート」で 2人掛けソファ新設 苦境の映画館を支援 北九州”. 毎日新聞 (毎日新聞社). (2020年8月21日). https://mainichi.jp/articles/20200821/k00/00m/040/062000c 2020年9月12日閲覧。 

外部リンク[編集]