安栄観光

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
有限会社 安栄観光
Anei Kanko Co., Ltd.
本社が所在する石垣港離島ターミナル
本社が所在する石垣港離島ターミナル
種類 有限会社
本社所在地 日本の旗 日本
907-0012
沖縄県石垣市美崎町1番地
石垣港離島ターミナル
北緯24度20分13.55秒 東経124度9分19.92秒 / 北緯24.3370972度 東経124.1555333度 / 24.3370972; 124.1555333
設立 創業1970年7月17日
業種 海運業
事業内容 八重山群島各離島旅客船輸送など
外部リンク http://aneikankou.co.jp/
テンプレートを表示
「ぱいじま」 - 石垣港沖
「ぱいかじ」 - 石垣港沖
「第68あんえい号」 - 石垣港
石垣港・旧離島桟橋に停泊する「第8あんえい号」

有限会社安栄観光(あんえいかんこう)は、沖縄県石垣市美崎町石垣離島ターミナル内に本社を置く海運会社である。主に石垣島八重山列島の他の島との間で旅客船フェリーを運航し、関連ツアー等も行っている。

概要[編集]

現状は大半の営業航路においてトリプルトラック(一部でダブルトラック)となっている。過当競争気味であることから、2010年4月から黒島航路、同年6月からは竹富島航路にて当社と八重山観光フェリーによる共同運航が開始された。さらに特に竹富航路では両社が同時刻に船を出発させていたが、これを改めて運航時刻を基本的に30分ずらすとともに、乗船券も共通としている。その後、2011年4月からは共同運航航路が拡大し、単独運航である波照間航路以外のすべての航路の高速船において、両社で乗船券を相互利用できる。

沿革[編集]

  • 1970年(昭和45年)7月17日 - 創業。
  • 2010年(平成22年)
    • 4月 - 黒島航路で試験的に八重山観光フェリーと安栄観光の共通チケットを販売開始[1]
    • 6月2日 - 竹富航路で八重山観光フェリーと安栄観光の共通チケットを発売するとともに、共同運航を開始[1]
  • 2011年(平成23年)
    • 1月1日 - カーフェリー「第二ぱいかじ」就航。同時に、波照間航路について一般旅客定期航路事業の許可を取得。これにより、従来不定期運航扱いであった波照間航路が定期運航化するとともに、12名までであった旅客定員の制限が解消された[2]
    • 4月 - 八重山観光フェリーと安栄観光の共通チケット適用航路を拡大し、波照間航路以外のすべての高速船が対象になる[3]
  • 2012年(平成24年)10月 - 2012年6月から運休していた波照間海運の「フェリーはてるま」の運航を受け継ぎ、再開[4]

航路[編集]

※冬ダイヤ 2011年1月現在

石垣島(石垣港)発着の旅客船航路
  • - 竹富島 ※旅客船1日20往復(八重山観光フェリー運航分も含む)
  • - 小浜島 ※旅客船1日9往復
  • - 黒島 ※旅客船1日6往復(八重山観光フェリー運航分も含む)
  • - 西表島大原港 ※旅客船1日9往復
  • - 西表島・上原港 ※旅客船1日9往復(うち上下各1便は鳩間島経由)
  • - 波照間島 ※旅客船1日4往復
  • - 鳩間島 ※旅客船1日1往復
その他の航路
  • 西表島・大原港→竹富島 ※片道のみ1日1便(不定期)
  • 波照間島→西表島・大原港 ※片道のみ1日1便(不定期)
貨客船(フェリー)航路
  • 石垣港 - 竹富島 ※火・土曜日就航
  • 石垣港 - 小浜島 ※水・金・日曜日就航
  • 石垣港 - 黒島 ※月・木曜日就航
  • 石垣港 - 西表島・大原港 ※火・木・土曜日就航
  • 石垣港→鳩間島→西表島・上原港→石垣港 ※月・金曜日就航
  • 石垣港→西表島・上原港→鳩間島→石垣港 ※水曜日就航
  • 石垣港 - 波照間島 ※火・木・土曜日就航

保有船舶[編集]

  • 第1あんえい号 - 総トン数19t 旅客定員90名 航海速力38.0ノット 1996年8月進水[5][6]
  • 第3あんえい号 - 総トン数19t 旅客定員90名 航海速力38.0ノット 1997年10月進水
  • 第5あんえい号 - 総トン数19t 旅客定員66名 航海速力30.0ノット 1990年5月進水 ※予備船
  • 第8あんえい号 - 総トン数19t 旅客定員90名 航海速力38.0ノット 2000年3月進水・2000年4月就航
  • 第12あんえい号 - 総トン数19t 旅客定員89名 航海速力38.0ノット 2003年12月進水・2004年1月就航
  • 第18あんえい号 - 総トン数19t 旅客定員90名 航海速力30.0ノット 1995年3月進水
  • 第38あんえい号 - 総トン数19t 旅客定員89名 航海速力38.0ノット 2000年12月進水・2001年1月就航
  • 第88あんえい号 - 総トン数19t 旅客定員89名 航海速力38.0ノット 2004年11月進水・2004年12月就航
  • 第98あんえい号 - 総トン数29t 旅客定員97名 航海速力36.0ノット 2005年4月進水・2005年5月就航
  • あさひ1号 - 総トン数19t 旅客定員60名 航海速力30.0ノット 1993年5月進水
    かつて那覇(泊港)-伊江島航路に就航していた[7]
  • ぱいじま - 総トン数98t 旅客定員181名 航海速力32.0ノット 2007年8月進水・2007年就航 ※当社初の大型高速船[8]
  • うみかじ - 総トン数65t 旅客定員147名 航海速力29.0ノット 1993年7月進水・2008年10月就航
  • うみかじ2 - 総トン数120t 旅客定員162名 2016年6月就航 ※当社初の大型双胴船[8]
    前身は福岡市営渡船の博多港-志賀島航路に就航していた「きんいん2」[9]
  • カーフェリーぱいかじ - 総トン数19t 旅客定員54名 乗用車6台 航海速力20.0ノット 2002年8月進水・2003年3月就航 ※貨客船(カーフェリー)
  • フェリーはてるま - 総トン数194t 旅客定員50名 速力14ノット 1990年2月進水 ※貨客船(カーフェリー)
    1990年2月進水。波照間海運より2012年7月購入[10]、2012年10月就航[4]
    老朽化が進んでおり[11]、代替船として600t規模の新造船を導入することも検討されたが、現在と同規模の中古貨客船を2019年度に導入する方針となった[12]

2017年9月に定員240名、284tの大型双胴客船が波照間航路に導入される予定である[12][13]。なお、波照間航路ではかつて波照間海運が総トン数 85t、旅客定員 120名の双胴船「ぱいぱてぃろーま」を運航していた。

過去の保有船舶[編集]

  • 第28あんえい号 - 旅客定員75名 速力28ノット
  • 第48あんえい号 - 旅客定員51名 速力30ノット
  • 第58あんえい号 - 旅客定員69名 速力32ノット
  • 第68あんえい号 - 旅客定員 名 速力32ノット
  • 第78あんえい号 - 旅客定員 名 速力32ノット
    旅客定員が12名に制限されていた頃から波照間航路に使用されていた船舶である。2008年1月16日には、運航を中止すべき波浪があったにもかかわらず運航し、乗客3人が腰椎圧迫骨折等の重傷を負う事件を起こしている[14]
  • 第二ぱいかじ - 旅客定員38名 ※貨客船(カーフェリー)
    2011年1月就航。前身は1981年12月に竣工した平戸港-度島航路の「フェリー度島」[15]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]