石垣港離島ターミナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
石垣港離島ターミナル(海側から)
石垣港離島ターミナル(陸側から)
石垣港離島ターミナルの桟橋

石垣港離島ターミナル(いしがきこう りとうターミナル)は、沖縄県石垣市石垣港にある離島航路の旅客ターミナルである。主に石垣港と離島を結ぶ旅客船(高速船)が発着する。ユーグレナ命名権を取得し、2018年4月1日から5年間、愛称がユーグレナ石垣港離島ターミナルとなった[1][2][3][4]

概説[編集]

1階(一部2階)建て赤瓦葺き、延床面積約5,000m2の施設で、200席の出発・到着ロビーや観光総合案内カウンターを備え、海運業者の事務所や旅行代理店が入居している[5]

4基の浮桟橋を備え、ターミナルと浮桟橋の間は屋根付き歩道で結ばれている[6]

ターミナル内には大型シアター、電子図鑑、観光情報システム、有料インターネット設備を備える観光情報発信施設「とぅもーるネットセンター石垣」が置かれていたが、利用が低調のため[7]に閉鎖され、2019年7月にデジタルプロジェクターを備えたプラネタリウム施設「美ら星ゲート いしがき島星ノ海プラネタリウム」としてリニューアルオープンしている[8]

石垣港の他の施設との関係[編集]

石垣港と離島を結ぶ貨客船(フェリー)は、八島フェリーターミナルから発着している。

E岸壁には、石垣港ターミナルがあり、かつてはE岸壁に発着する名古屋・大阪等との間の長距離定期フェリー航路のターミナルとして利用されていたが、2008年6月までに全ての航路が休止したため、現在は大型クルーズ船用に利用されている[9]

沿革[編集]

旧離島桟橋(2003年)
旧離島桟橋跡
離島ターミナルに移設された浮桟橋の跡が中央に残る。

かつて、石垣島と離島を結ぶ航路は、離島ターミナルから東に約200mの位置にあった離島桟橋を拠点としていた。しかし、離島桟橋前の道路は一方通行で、旅客、タクシー、貨物車などで混雑していたことから、旧港湾ターミナル跡地にターミナルを建設することとなった[5]

離島ターミナルは2007年(平成9年)1月30日に竣工。翌1月31日から正式な運用が開始された[6]

運用開始時点では浮桟橋は2基で、全長は北側の浮桟橋が35m、南側が30m。幅はともに10mであった[10]2008年(平成10年)5月には、南側に2基が増設され、4基となった。増設されたうちの1基は旧離島桟橋で使われていた設備を移設したもので、全長は新設されたものが30m、移設されたものが42m。幅はともに10mである[11]

2013年(平成25年)12月26日には、石垣島出身の具志堅用高の銅像が設置され、本人を迎えて除幕式が行われた[12][13]2018年(平成30年)7月15日海の日には、本ターミナルを代表施設とする「みなとオアシスいしがき」がみなとオアシスに認定され[14]、石垣港みなとまつりで登録証の交付式が行われた[15]

年表[編集]

  • 2007年(平成19年)
    • 1月30日 - 離島ターミナル竣工[6]
    • 1月31日 - 離島ターミナル正式運用開始[6]。とぅもーるネットセンター石垣供用開始[16]
  • 2008年(平成20年)5月 - 浮桟橋2基が増設され計4基となる。
  • 2009年(平成21年)2月1日 - 無料無線LAN整備。とぅもーるネットセンター石垣の入館無料化[17]
  • 2010年(平成22年)
  • 2011年(平成23年)4月 - 八重山観光フェリーと安栄観光の共通チケット適用航路の拡大に伴い、のりばが会社ごとから航路ごとになる[20]
  • 2012年(平成24年)12月25日 - 八重山警察署の警察官立ち寄り所が設置される[21]
  • 2013年(平成25年)12月26日 - 具志堅用高の銅像の除幕式が行われる。
  • 2014年(平成26年) - 歩道及びバス停留所に屋根を設置[22]
  • 2015年(平成27年) - 発着時刻等を表示する大型モニター6台が故障[23]
  • 2019年(令和元年) - 「とぅもーるネットセンター石垣」跡に、プラネタリウム施設「美ら星ゲート いしがき島星ノ海プラネタリウム」オープン。

定期航路[編集]

主に旅客船(高速船)が発着。貨客船フェリー)は八島フェリーターミナルから発着している。

- 竹富島竹富東港)・小浜島小浜港)・黒島黒島港)・西表島大原港上原港)・波照間島波照間港)・鳩間島鳩間港[24]
- 竹富島(竹富東港)・小浜島(小浜港)・黒島(黒島港)・西表島(大原港・上原港)・鳩間島(鳩間港)[25]
2018年4月以降、定期航路は運航休止中[26]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ “「石垣港離島ターミナル」のネーミングライツを、ユーグレナ社が取得 ~年間200万人以上が利用、石垣島と離島をつなぐ海の玄関口の愛称が4月1日(日)より「ユーグレナ石垣港離島ターミナル」に~” (プレスリリース), (2018年2月21日), http://www.euglena.jp/news/20180221-2/ 2018年2月22日閲覧。 
  2. ^ 石垣港離島ターミナルネーミングライツ契約調印式について”. 石垣市 (2018年2月21日). 2018年2月22日閲覧。
  3. ^ “ユーグレナが命名権取得 離島ターミナル 維持管理に財源活用”. 八重山日報. (2018年2月22日). https://www.yaeyama-nippo.com/2018/02/22/%E3%83%A6%E3%83%BC%E3%82%B0%E3%83%AC%E3%83%8A%E3%81%8C%E5%91%BD%E5%90%8D%E6%A8%A9%E5%8F%96%E5%BE%97-%E9%9B%A2%E5%B3%B6%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%9F%E3%83%8A%E3%83%AB-%E7%B6%AD%E6%8C%81%E7%AE%A1%E7%90%86%E3%81%AB%E8%B2%A1%E6%BA%90%E6%B4%BB%E7%94%A8/ 2018年2月22日閲覧。 
  4. ^ “「ユーグレナ石垣港離島ターミナル」誕生”. 八重山毎日新聞. (2018年4月2日). http://www.y-mainichi.co.jp/news/33260/ 2018年4月6日閲覧。 
  5. ^ a b “石垣と離島結ぶ新拠点 旅客ターミナル建設へ”. 琉球新報. (2005年5月28日). オリジナルの2017年8月19日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170819185918/http://ryukyushimpo.jp/photo/prentry-2596.html 2018年2月22日閲覧。 
  6. ^ a b c d “石垣新離島ターミナル完成”. ニュースQプラス (琉球朝日放送 報道制作部). (2007年1月31日). オリジナルの2013年4月23日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130423072316/http://www.qab.co.jp/news/200701315412.html 2018年2月22日閲覧。 
  7. ^ “とぅもーるネットセンター石垣、管理運営で揺らぐ”. 八重山毎日新聞. (2008年11月8日). http://www.y-mainichi.co.jp/news/12343/ 2018年2月22日閲覧。 
  8. ^ “美ら星ゲート、ドームシアターを整備 石垣市”. 八重山毎日新聞. (2017年7月21日). http://www.y-mainichi.co.jp/news/31973/ 2018年2月22日閲覧。 
  9. ^ もうひとつのターミナル「石垣港ターミナル」 DEEokinawa、2013年10月24日
  10. ^ 石垣港離島旅客ターミナルビル前浮き桟橋2基 今月末完成へ 八重山毎日新聞、2006年1月20日
  11. ^ 石垣港離島ターミナル浮き桟橋4基に倍増 5月から供用開始見込む 八重山毎日新聞、2008年4月12日
  12. ^ 具志堅用高さん銅像設置 石垣港離島ターミナル内 琉球新報、2013年12月31日
  13. ^ 具志堅用高モニュメント完成 離島ターミナルに常設 八重山毎日新聞、2013年12月27日
  14. ^ 「みなとオアシスひらら」・「みなとオアシスいしがき」が新規登録, , 沖縄みなとオアシス (内閣府沖縄総合事務局), (2018年7月15日), http://www.dc.ogb.go.jp/kyoku/minatooasis/news005.html 
  15. ^ “石垣港 「みなとオアシス」に登録”. 八重山毎日新聞. (2018年7月17日). http://www.y-mainichi.co.jp/news/33842 
  16. ^ とぅもーるネットセンター 入館料無料で出直し 八重山毎日新聞、2009年2月1日
  17. ^ とぅもーるネットセンター、指定管理返還を申し出 市経済振興公社 八重山毎日新聞、2008年10月5日
  18. ^ 離島ターミナルで待望のATMが稼動 JAおきなわが設置 八重山毎日新聞、2010年7月7日
  19. ^ 外国人向け案内所設置 政府観光局 八重山毎日新聞、2010年8月2日
  20. ^ 共通チケット航路を拡大 観光フェリー・安栄観光両社離島間定期運航も開始 八重山毎日新聞、2011年5月1日
  21. ^ 離島ターミナルに警察官立ち寄り所 テナント業者が要請 八重山毎日新聞、2012年12月26日
  22. ^ 快適なバス停に 屋根設置工事急ピッチ 八重山毎日新聞、2014年2月27日
  23. ^ 発着時刻案内モニターが停止 石垣港離島ターミナル 八重山毎日新聞、2015年5月26日
  24. ^ 運航案内 安栄観光
  25. ^ 航路図 八重山観光フェリー
  26. ^ “来年4月に定期船休止 船員不足、ツアーは継続 ドリーム観光”. 八重山日報. (2017年10月22日). https://www.yaeyama-nippo.com/2017/10/22/%E6%9D%A5%E5%B9%B4%EF%BC%94%E6%9C%88%E3%81%AB%E5%AE%9A%E6%9C%9F%E8%88%B9%E4%BC%91%E6%AD%A2-%E8%88%B9%E5%93%A1%E4%B8%8D%E8%B6%B3-%E3%83%84%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%81%AF%E7%B6%99%E7%B6%9A-%E3%83%89%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%A0%E8%A6%B3%E5%85%89/ 2018年4月2日閲覧。 

座標: 北緯24度20分13.7秒 東経124度9分20.2秒 / 北緯24.337139度 東経124.155611度 / 24.337139; 124.155611