宇波彰

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

宇波 彰(うなみ あきら、1933年1月24日[1]- )は、日本の哲学者、文芸・芸術評論家。明治学院大学名誉教授。

来歴[編集]

静岡県浜松市生まれ。東京大学文学部仏文科卒業、同大学院哲学科修士課程修了。埼玉県立川越高校、同所沢高校等の教諭をしながら、雑誌等に評論を発表するほか、フランス現代思想の翻訳を数多く上梓する。1990年明治学院大学文学部教授。2001年定年退職、札幌大学教授。2005年退職。

著書[編集]

  • 『言語論の思想と展開』三一書房 1972
  • 『引用の想像力』冬樹社 1979
  • 『批評する機械』ナツメ社 1980
  • 『記号のエコロジー』青土社 1983 (「記号論の思想」として講談社学術文庫 1995)
  • 『批評のパトロジー 差異・分裂・引用』青土社 1986
  • 『メドゥーサの眼 写真の社会学』青弓社 1986
  • 『同時代の建築 八人の建築家たち』青土社 1988
  • 『反市民の文学 対話的批評を求めて』白地社 1991
  • 『引用の想像力』冬樹社 1991
  • 『誘惑するオブジェ 時代精神としてのデザイン』紀伊国屋書店 1991
  • 『誘惑するメディア 同時代を読む哲学』自由国民社 1994
  • 『映像化する現代 ことばと映像の記号論』ジャストシステム 1996
  • 『デザインのエートス <人>と<物>のアイデンティティをめぐって』大村書店 1998
  • 『力としての現代思想 崇高から不気味なものへ』論創社 2002 (増補新版 2007)
  • 『旅に出て世界を考える』論創社 2004
  • 『記号的理性批判 批判的知性の構築に向けて』御茶の水書房 2007
  • 『書評の思想』論創社 2009

翻訳[編集]

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『著作権台帳』第25版