岩田行一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

岩田 行一(いわた こういち、1930年 - 2004年9月28日)は、日本ドイツ文学者東京都立大学名誉教授

来歴[編集]

東京生まれ。

旧制成蹊高等学校卒業(24回生)。

東京大学文学部独文科卒業。1994年まで東京都立大学教授、名誉教授。ノーベル文学賞受賞作家であるエリアス・カネッティの作品を多く翻訳した。

2004年9月28日、前立腺がんのため都内の病院で死去した。

翻訳[編集]

  • 群衆と権力(上下) エリアス・カネッティ 法政大学出版局 1971、新装版2010 叢書・ウニベルシタス
  • マラケシュの声 ある旅のあとの断想 エリアス・カネッティ 法政大学出版局 1973
  • 断ち切られた未来 評論と対話 エリアス・カネッティ 法政大学出版局 1974
  • 断想 1942-1948 エリアス・カネッティ 法政大学出版局 1976 叢書・ウニベルシタス
  • カフカ マイナー文学のために ジル・ドゥルーズ,フェリックス・ガタリ 宇波彰共訳 法政大学出版局 1978.7 叢書・ウニベルシタス
  • 救われた舌 ある青春の物語 エリアス・カネッティ 法政大学出版局 1981.10
  • 耳証人 新・人さまざま エリアス・カネッティ 法政大学出版局 1982.7
  • 酷薄な伴侶との対話 日記と現代作家 カネッティ他 古沢謙次共訳 法政大学出版局 1983.2
  • トーマス・マン日記 1933-1934、浜川祥枝森川俊夫共訳 紀伊国屋書店 1985.12
  • 耳の中の炬火 伝記1921-1931 エリアス・カネッティ 法政大学出版局 1985.7
  • メランコリーと社会 ヴォルフ・レペニース 小竹澄栄共訳.法政大学出版局 1987.10 叢書・ウニベルシタス
  • 宵の明星(抄)・生意気ざかり(抄) ジャン・パウル ドイツ・ロマン派全集 第11巻 国書刊行会 1990.7
  • 陽気なヴッツ先生 他一篇 ジャン・パウル 1991.3 岩波文庫
  • 象徴としての庭園 ユートピアの文化史 ヴォルフガング・タイヒェルト 青土社 1996.11 叢書象徴のラビリンス
  • 眼の戯れ 伝記1931-1937 カネッティ 法政大学出版局 1999.7

参考[編集]