この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

大阪偕星学園高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

大阪偕星学園高等学校
Osaka Kaisei Gakuen High School.JPG
過去の名称 此花商業学校
此花工業学校
此花商業高等学校
此花学院高等学校
国公私立の別 私立学校
設置者 学校法人偕星学園
校訓 誠実・努力・信念
設立年月日 1929年
創立記念日 4月1日
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科
学科内専門コース 特別進学コース
福祉進学コース
総合進学コース
スポーツ進学コース
学期 3学期制
高校コード 27517E
所在地 544-0021
大阪市生野区勝山南2丁目6番38号
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

大阪偕星学園高等学校(おおさかかいせいがくえんこうとうがっこう、英称:Osaka Kaisei Gakuen High School)は、大阪府大阪市生野区にある私立高等学校

概要

旧制此花商業学校として1929年に創立した。学制改革によって新制商業高等学校として発足したが、その後普通科単科の高等学校に改編され、進学指導やスポーツに力を入れている。生徒一人一人の夢と個性に応じた教育をおこなうことをうたっている。

男子校として出発したが、1995年に男女共学が実施された。

硬式野球部

  • 2011年山本皙が監督就任以後、徐々に府内を勝ち上がり始める。2015年の夏は姫野優也らを擁し、前回大会優勝の大阪桐蔭に準々決勝で勝利。決勝では大体大浪商を破り、第97回全国高等学校野球選手権大会へ甲子園初出場した。なお、大阪桐蔭を破った際、高校のホームページにアクセスが集中してサーバーがダウンする事態となった。[1]
  • 1回戦では滋賀県代表の比叡山に延長戦の末7-3で勝利。
  • 2回戦は福岡県代表・九州国際大付と対戦。9-10でサヨナラ負けしたものの、強打の高校として全国に名を知らしめた。

沿革

  • 1929年4月1日 - 此花商業学校として、大阪市東淀川区長柄中通3丁目(現在の大阪市北区長柄中)で開校。
  • 1945年4月1日 - 戦時措置により校名を此花工業学校と改称。
  • 1945年9月1日 - 校舎の戦時転用のため、大阪市西区堀江国民学校(戦災による校区被害のため、当時休校中)の仮校舎へ移転。校名を此花商業学校に復す。
  • 1949年3月22日 - 大阪市生野区北生野町2丁目(現在地)に移転。
  • 1949年4月1日 - 学制改革に伴い此花商業高等学校を設置。
  • 1960年 - 普通科を新設。
  • 1973年 - 此花学院高等学校に改称。
  • 1991年 - 商業科を募集停止。
  • 1995年 - 一部コースで女子生徒の募集を開始、男女共学化。
  • 2004年 - 全コースで男女共学化を実施。
  • 2013年4月1日 - 校名を大阪偕星学園高等学校に改称。
  • 2018年3月22日 - eラーニング対応型教室を備えた「すばる館」が竣工。
  • 2018年4月1日 - 法人名を偕星学園に改称。

著名な出身者

交通

脚注

[ヘルプ]
  1. ^ デイリースポーツ (2015年7月28日). “桐蔭倒した大阪偕星学園HPがダウン-野球-デイリースポーツ online”. 2016年3月31日閲覧。

関連項目

外部リンク