米崎薫臣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
米崎 薫臣
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 大阪府豊中市
生年月日 (1968-03-19) 1968年3月19日(49歳)
身長
体重
170 cm
77 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 遊撃手
プロ入り 1988年 ドラフト1位
初出場 1989年7月11日
最終出場 1996年10月5日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
オリンピック
男子 野球
1988 野球

米崎 薫臣(よねざき くんじ、1968年3月19日 - )は、日本の元プロ野球選手内野手)である。遊撃手として強肩に定評があり、近鉄および阪神では捕手へのコンバートも検討された[1]大阪府豊中市出身。

来歴・人物[編集]

此花学院では3年夏にKKコンビを擁するPL学園大阪大会準々決勝で敗れるなど、甲子園出場はならなかった。高校卒業後は日本生命に入社し、1987年1988年には松下電器の補強選手として都市対抗に出場。また1988年には守備を評価されて[2]ソウル五輪代表に野手最年少の20歳で選出された。予選の対オランダ戦では2番・遊撃手で先発出場して1打数1安打、1四球の成績を残し[2]銀メダルを獲得している。

同年のドラフト会議近鉄から1位で指名され、契約金6,500万円、年俸720万円(推定)で入団契約を結んだ[3]。走攻守三拍子が揃った選手として仰木彬監督からは野球センスを評価され[4]、1年目の1989年からスタメンで起用された。同年の日本シリーズでは第1戦で真喜志康永代打として出場している[5]。その後は真喜志や吉田剛安達俊也らと遊撃手のポジションを争うも、攻守で隙を見せる事があり首脳陣の信頼が薄かった[6]。4年目の1992年はコーチに着任した今津光男から走塁を積極的に教わるなどキャンプではレギュラー争いを期待された[6]が、シーズンでは5試合の出場に終わった。

1994年嶋田章弘とのトレード阪神へ移籍し、打撃が伸び悩んでいた久慈照嘉との競争が期待された[7]。同年は出場試合数が53試合に増えたものの、1996年が最後の一軍出場となり1998年限りで現役を引退。その後は地元の豊中市焼き鳥店を経営していたが閉店。現在は兵庫県宝塚市内の会社に勤務。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1989 近鉄 32 79 69 8 14 4 0 2 24 6 1 0 4 0 6 0 0 13 0 .203 .267 .348 .614
1990 70 185 169 21 41 8 0 2 55 20 3 0 4 0 11 0 1 24 1 .243 .293 .325 .618
1991 2 2 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .000 .000 .000 .000
1992 5 9 9 0 2 0 0 0 2 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .222 .222 .222 .444
1993 5 6 6 1 1 1 0 0 2 1 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .167 .167 .333 .500
1994 阪神 53 53 44 7 12 1 1 0 15 6 0 0 2 0 7 1 0 10 0 .273 .373 .341 .713
1995 12 10 10 1 3 1 0 0 4 1 0 0 0 0 0 0 0 3 0 .300 .300 .400 .700
1996 17 13 12 3 2 1 0 0 3 2 0 0 0 0 0 0 1 4 0 .167 .231 .250 .481
通算:8年 196 357 321 41 75 16 1 4 105 36 4 0 10 0 24 1 2 57 1 .234 .291 .327 .618

記録[編集]

背番号[編集]

  • 8 (1989年 - 1993年)
  • 37 (1994年 - 1997年)
  • 00 (1998年)

脚注[編集]

  1. ^ 読売新聞、1994年5月11日付夕刊、P.3
  2. ^ a b 別冊宝島、1545号、P.70
  3. ^ 読売新聞、1988年12月13日付朝刊、P.19
  4. ^ 読売新聞、1989年1月27日付朝刊、P.19
  5. ^ 1989年の日本シリーズ第1戦 NPB公式記録
  6. ^ a b 読売新聞、1992年2月28日付朝刊、P.19
  7. ^ 読売新聞、1994年3月9日付夕刊、P.3

関連項目[編集]

外部リンク[編集]