大門和彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
大門 和彦
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 京都府宇治市
生年月日 (1965-05-31) 1965年5月31日(51歳)
身長
体重
183 cm
83 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1983年 ドラフト4位
初出場 1986年4月8日
最終出場 1994年6月1日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

大門 和彦(だいもん かずひこ、1965年5月31日 - )は日本の元プロ野球選手の実業家。京都府宇治市出身。京都府立東宇治高等学校卒。投手、右投げ右打ち。

来歴・人物[編集]

1983年、ドラフト4位で大洋に入団。チームのエース遠藤一彦にそっくりな流麗なフォームも有ってか「遠藤二世」と大きく期待された。大洋時代はフォークボールを武器に主に先発で活躍した。また投手ながらバッティングが得意で、自ら先発した試合で3安打を放ち、しかも勝利投手にもなっている。

1993年、チームの先輩の高木豊屋鋪要松本豊市川和正山崎賢一とともに突然の解雇通告を受ける。大門は自由契約になり阪神に移籍したが僅か5試合の登板に留まり現役を引退した。

引退後は同時に解雇され引退した市川が勤める保険会社ソニー生命保険に入社。営業マンとしてメキメキ成績を上げ2002年独立し、コンサルティング会社「IDC-アイディーコンサルティング株式会社」を設立した。またプロ野球OBとして少年野球教室などで指導している。

2010年に「京都ブラックス野球協会」(ヤングリーグ)を立ち上げ、監督として3回の全国大会出場を果たしている(2015年4月現在)。

エピソード[編集]

1990年横浜スタジアムでの対広島戦でロデリック・アレンに死球を与えアレンが大門を追いかけた際に、逃げる際の3段階でアップになる大門のホラーな顔表情と、アレンとマイク・ヤングに追いかけられ必死に外野まで逃げるシーンがフジテレビプロ野球珍プレー好プレー大賞で面白おかしく取り上げられた。

通算勝敗は負け越しているが、中日戦は強く、通算で10勝9敗と勝ち越しをしている。 また阪神戦でも89年に年間4勝を挙げている。(阪神戦の通算成績は8勝10敗)

中学2年の時に受けたツベルクリン注射の結果が悪く、8ヶ月間の運動停止を言い渡されてその間は野球はおろか体育の授業さえも受けることができなかったが、幸いにも3年の春の大会には間に合う事ができた。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1986 大洋 28 19 1 0 0 4 8 0 -- .333 403 93.2 110 11 28 2 1 57 5 0 51 49 4.71 1.47
1987 27 8 2 1 1 2 5 0 -- .286 316 75.1 64 10 32 5 2 57 3 0 35 31 3.70 1.27
1988 32 13 1 0 0 6 6 1 -- .500 384 91.1 85 9 32 2 6 73 5 0 43 42 4.14 1.28
1989 34 25 4 1 1 8 13 1 -- .381 787 183.1 189 20 62 5 5 117 3 0 92 79 3.88 1.37
1990 27 14 5 1 0 8 5 0 -- .615 513 120.1 122 14 35 3 2 93 2 0 48 43 3.22 1.30
1991 42 17 3 1 0 6 8 0 -- .429 587 142.0 146 15 39 1 2 95 3 0 57 55 3.49 1.30
1992 38 7 0 0 0 2 6 1 -- .250 373 87.1 88 12 29 1 4 55 0 1 41 39 4.02 1.34
1994 阪神 5 1 0 0 0 0 1 0 -- .000 58 13.2 14 2 4 1 1 11 0 1 8 8 5.27 1.32
通算:8年 233 104 16 4 2 36 52 3 -- .409 3421 807.0 818 93 261 20 23 558 21 2 375 346 3.86 1.34
  • 各年度の太字はリーグ最高

記録[編集]

  • 初登板:1986年4月8日、対中日ドラゴンズ1回戦(ナゴヤ球場)、8回裏に3番手で救援登板・完了、1回無失点
  • 初奪三振:同上、8回裏に牛島和彦から
  • 初先発:1986年5月3日、対ヤクルトスワローズ4回戦(横浜スタジアム)、4回1/3を3失点(自責点2)で敗戦投手
  • 初勝利・初先発勝利:1986年5月11日、対中日ドラゴンズ6回戦(ナゴヤ球場)、5回2/3を4失点
  • 初完投勝利:1986年7月10日、対中日ドラゴンズ12回戦(横浜スタジアム)、9回1失点
  • 初完封勝利:1987年9月9日、対中日ドラゴンズ22回戦(横浜スタジアム)
  • 初セーブ:1988年8月23日、対阪神タイガース20回戦(草薙球場)、8回表に6番手で救援登板・完了、2回無失点

背番号[編集]

  • 54 (1984年 - 1991年)
  • 14 (1992年 - 1993年)
  • 41 (1994年)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]