下関球場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

下関球場(しものせききゅうじょう)は、山口県下関市安岡下関北運動公園内にある野球場。施設は下関市が所有し、下関市公営施設管理公社が指定管理者として運営管理を行っている。東隣に山口県立下関武道館がある。

なお、本項では現存する球場の他、かつて市内中心部の向洋町にあった下関市営球場(しものせきしえいきゅうじょう)についても記す。

歴史[編集]

旧球場[編集]

1974年当時の下関市向洋町(東駅地区)上空。写真左側が旧下関市営球場(右側は下関市営下関陸上競技場)。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成

下関市営球場は下関市向洋町の下関運動公園の一角に1949年(昭和24年)に落成、1950年に発足した大洋ホエールズの本拠地として1952年まで使用されていた。

大洋は翌1953年松竹ロビンスと合併し「大洋松竹ロビンス」(洋松ロビンス)となり、大阪球場とのダブルフランチャイズとなったが、主催試合は興行面からほとんどが大阪球場での開催となった。松竹が経営撤退し、再び大洋となった1955年に本拠地を川崎球場に移転してからも下関では大洋主催のオープン戦や公式戦がしばしば開催されてきたが、老朽化など設備に不備が目立つようになるなどしたため、後年は開催されなくなっていった。

この旧下関球場は老朽化のため1985年(昭和60年)をもって廃止となり解体。跡地は当時移転新築工事が進められていた下関市立中央病院(現・下関市立市民病院)の建設用地に充てられ、1988年(昭和63年)に新病院が開院した。

現球場[編集]

下関球場
Shimonoseki Baseball Stadium
施設データ
所在地 山口県下関市大字富任字小迫(下関北運動公園内)
座標 北緯34度1分4.8秒 東経130度56分4.9秒 / 北緯34.018000度 東経130.934694度 / 34.018000; 130.934694座標: 北緯34度1分4.8秒 東経130度56分4.9秒 / 北緯34.018000度 東経130.934694度 / 34.018000; 130.934694
開場 1988年
所有者 下関市
管理・運用者 下関市公営施設管理公社(指定管理者
グラウンド 内野:クレー舗装
外野:天然芝
照明 照明塔:6基
収容能力
25,000人
グラウンドデータ
球場規模 グラウンド面積:-m2
両翼:100 m
中堅:122 m
フェンス m

現在の下関球場は1988年7月、市北郊で整備が進められていた下関北運動公園内に完成。同年夏の高校野球山口県大会がこけら落としで、以後アマチュア野球の公式戦が行われている。

プロ野球は翌1989年から開催されるようになり、かつて下関を本拠地としていた横浜大洋ホエールズが同年3月に読売ジャイアンツ(巨人)とのオープン戦、8月にヤクルトスワローズとの公式戦を主催で開催。大洋は以後、球団名が「横浜ベイスターズ」→「横浜DeNAベイスターズ」となってからもほぼ毎年オープン戦・一軍公式戦・イースタン・リーグ公式戦のいずれかの形で主催試合を行っている。ただし、一軍戦の開催は横浜以外の球団主催も含め2008年以降は実施されていない。なお、ベイスターズは下関市を「球団発祥の地」としてその歴史を尊重しており、日本一となった1960年1998年には下関市内でも優勝パレードを実施している。このような縁から球団は下関を「準本拠地」として明確な定義こそしてはいないものの、地元には「下関はベイスターズのふるさと」「横浜の準本拠地」と崇めるファンも数多い。

下関北運動公園内には、軟式野球専用のサブグラウンドである下関第二球場(両翼91m、中堅112m、旧球場閉鎖の際に本球場建設に先立って1985年にオープンしている)の他、多目的広場やテニスコートが併設されており、県立武道場の建設計画も進められるなど、下関のスポーツのメッカとして知られる。

2006年のシーズン中には、スコアボードがパネル式から電光式に改修された。

近年では、福岡ソフトバンクホークスによる野球教室やウエスタン・リーグの公式戦などが行われている。

2017年4月より3年間、下関市内に本社を置く不動産会社「エストラスト」に命名権を売却し、同社のマンションブランド「オーヴィジョン」に由来する「オーヴィジョンスタジアム下関」の名称となり、下関第二球場についても同様に「オーヴィジョンスタジアム下関第二球場」となる[1]

主なエピソード[編集]

下関市営球場(旧球場)時代
下関球場(現球場)時代
  • 1989年3月4日にプロ野球として初めて開催された大洋対巨人のオープン戦は、前日まで降り続いた雨の影響でグラウンドが一部ぬかるむなど開催が危ぶまれた。しかしフィールドに砂と土を入れ、さらに灯油を散布して点火し水分を蒸発させるなどした結果、何とか開催可能なコンディションに回復することができ、無事に試合は行われた。なお、この試合では当時大洋の新人だった谷繁元信が巨人の斎藤雅樹からプロ入り初の本塁打を通算2打席目にして放っている。谷繁は後に「下関でリーグを代表する投手の斎藤さんから本塁打を打てたおかげで、プロでやっていける自信がついた」と振り返っている(ちなみに谷繁の公式戦初本塁打は同年5月27日柏崎市佐藤池野球場でのヤクルト戦で尾花高夫から)。
  • 1996年9月8日の横浜対ヤクルト23回戦では、延長14回に宮本慎也が決勝タイムリーを放ち勝ち越すも、その裏に打者で投手の河原隆一がヤクルトの守護神・高津臣吾から12球粘るなど最後まで白熱した試合となった。なお、この試合は中断を含まないものでは日本最長となる6時間19分を記録した(16時PBで試合終了が22時過ぎ)。
  • 1998年5月10日の横浜対広島東洋カープ8回戦では、8回裏に横浜の駒田徳広が広島の小林幹英から2号逆転満塁本塁打を放った。試合は7-4で横浜が勝利。駒田はこの年の1号も満塁本塁打で、これがこの年2本目。また、駒田の満塁本塁打はこれが現役通算12本目で史上2位タイとなった。駒田は試合後のヒーローインタビューで水を向けられると「満塁以外でも打たなきゃね」と苦笑し、場内の笑いを誘った。
  • 2006年9月7日の横浜対広島18回戦では珍事が続発した。初回表、先頭の梵英心が右翼ポール際へ本塁打性の打球を打ち上げ、そのままスタンドに消えた。当初は「本塁打」と判定されたが、その後確認したところ右翼スタンドの観客がフェンス手前にグラブを差し出して捕球していたことが分かり、エンタイトル二塁打となった。試合は5-5のまま延長に入り、10回にはマーク・クルーンが登板。時速159kmを記録してスタンドを沸かせたが、直後に左臀部に違和感を訴えて途中降板。極め付きはその裏の横浜の攻撃で、二死満塁から佐伯貴弘がスイングしたバットに石原慶幸捕手のミットが当たり、押し出し打撃妨害により横浜が6x-5でサヨナラ勝ち。珍事に始まり珍事に終わった一戦となった。

施設概要[編集]

  • 両翼:100m、中堅:122m
  • 内野:土、外野:天然芝
  • ナイター設備:(鉄塔)6基
  • 25,000人収容(内野:椅子、外野:芝)
  • スコアボード:電光式

交通[編集]

  • JR新下関駅3番のりばよりサンデン交通バス「安岡駅前」「横野」「安岡経由下関駅」行で「蒲生野」バス停下車後徒歩約5分
  • JR梶栗郷台地駅より徒歩17分、JR新下関駅より徒歩35分
    • 新下関駅からはバスで約10分
    • プロ野球1軍公式戦の開催時は新下関駅および下関駅から臨時バス運行あり。ただし、ウエスタンリーグ開催時は臨時バスの運行はない。
  • 中国自動車道下関ICより約20分

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]