大河原駅 (京都府)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
大河原駅
駅舎(2006年11月)
駅舎(2006年11月)
おおかわら
Ōkawara
月ケ瀬口 (4.0km)
(5.4km) 笠置
京都府相楽郡南山城村大字北大河原小字欠ヶ原15
所属事業者 西日本旅客鉄道(JR西日本)
所属路線 V 関西本線
キロ程 108.8km(名古屋起点)
亀山から48.9km
電報略号 オワ
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
乗車人員
-統計年度-
63人/日(降車客含まず)
-2015年-
開業年月日 1897年明治30年)11月11日
備考 簡易委託駅
POS端末設置
テンプレートを表示

大河原駅(おおかわらえき)は、京都府相楽郡南山城村大字北大河原小字欠ヶ原にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)関西本線。南山城村の代表駅である。

歴史[編集]

鉄道唱歌[編集]

鉄道唱歌第5集(関西・参宮・南海篇)(1900年(明治33年)、大和田建樹作詞)11番の歌詞にて、大河原駅と、笠置駅との間にある木津川橋梁が登場する。

水をはなれて六丈の 高さをわたる鐵の橋 すぐればここぞ大河原 河原の岩のけしきよさ

現在では、駅付近の木津川の河原に岩は見当たらない。

駅構造[編集]

構内(2006年11月)
構内(2007年09月)

相対式ホーム2面2線を持つ交換可能駅で地上駅。出発信号機・場内信号機とも一方向のみの設置のため、逆線入線はできない。駅舎は加茂方面行ホーム側にあり、亀山方面行ホームへは無蓋の跨線橋にて連絡している。

亀山鉄道部が管理している簡易委託駅で、早朝と夕方以降は無人になる。自動券売機は設置されておらず、乗車券の発行はPOS端末による窓口発券のみである。

のりば[編集]

ホーム 路線 方向 行先
駅舎側 V 関西本線 下り 加茂方面
反対側 上り 伊賀上野柘植亀山方面
  • 案内上ののりば番号は割り当てられていない。

利用状況[編集]

京都府統計書によると、1日平均乗車人員は以下の通りである。関西本線で最も利用者の少ない駅である。

年度 一日平均
乗車人員
1999年 244
2000年 222
2001年 211
2002年 200
2003年 121
2004年 110
2005年 104
2006年 104
2007年 99
2008年 93
2009年 77
2010年 66
2011年 66
2012年 71
2013年 68
2014年 63
2015年 63

駅周辺[編集]

バス路線[編集]

相楽東部広域バス

  • 月ヶ瀬口駅行き
  • 加茂駅行き

1日4往復、月・水・金・土の運行。


大河原コミュニティバス

  • 童仙房・道の駅方面行き

月・水・金・第2土曜の運行(祝日・年末年始除く)。運賃無料。

隣の駅[編集]

西日本旅客鉄道
V 関西本線
月ケ瀬口駅 - 大河原駅 - 笠置駅

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 天王寺鉄道管理局三十年写真史P71(写真)、191(年表)
  2. ^ 天王寺鉄道管理局三十年写真史P193(年表)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]