国際学院中学校・高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
国際学院中学校
国際学院高等学校

校門

過去の名称 国際学院伊奈高等専修学校
国公私立の別 私立学校
設置者 学校法人国際学院
設立年月日 1988年4月1日
創立記念日 12月10日
創立者 大野誠
共学・別学 男女共学
中高一貫教育 併設型(外部混合無)[1]
課程 全日制課程
通信制課程
単位制・学年制 単位制
設置学科 普通科
総合学科
学科内専門コース アドバンスコース
セレクトコース
選抜進学コース
進学コース
食物調理コース
学期 2学期制
高校コード 11548H
所在地 362-0806
埼玉県北足立郡伊奈町小室10474
北緯35度59分26.2秒 東経139度36分47.8秒 / 北緯35.990611度 東経139.613278度 / 35.990611; 139.613278座標: 北緯35度59分26.2秒 東経139度36分47.8秒 / 北緯35.990611度 東経139.613278度 / 35.990611; 139.613278
外部リンク 公式サイト(中学校)
公式サイト(高等学校・全日制課程)
公式サイト(高等学校・通信制課程)
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示
国際学院中学校・高等学校の位置(埼玉県内)
国際学院中学校・高等学校

国際学院中学校・高等学校(こくさいがくいんちゅうがっこう・こうとうがっこう、英称:Kokusai Gakuin Junior & Senior High School)は、埼玉県北足立郡伊奈町小室にある中高一貫制私立中学校高等学校。設置者は学校法人国際学院

概観[編集]

国際学院中学校・高等学校は、1988年に国際学院伊奈高等専修学校として設置された。高等専修学校専修学校高等課程)は修業年限3年の全日制高等課程を持ち、食品流通工学科、国際情報経営科、社会体育科の各学科を有していた。

1998年に高等学校を設立し、2013年には中学校が開校し中高一貫校となった。併設型中高一貫校(別クラス型)であり、中学校から入学した内部進学の生徒が高等学校に進学する際、高等学校から入学してくる外部進学の生徒とクラス編成を別とし、内進生は高校卒業まで外進生とは別のクラスで授業を受ける。[2][3]

ユネスコ・スクールに指定されており、国際連合教育科学文化機関の理念を達成するため持続発展教育(ESD)に取り組んでいる。

建学の精神[編集]

  • 誠実・研鑽・慈愛・信頼・和睦

教育方針[編集]

  1. 人間尊重の精神を養い、自他を愛し、礼儀と節度、規律と責任を重んずる人間の育成。
  2. 個性を伸長させ、基礎的、専門的な学力を養い、創造力豊かな人間の育成。
  3. 善意と協力の精神を養い、健康で活力に満ちた人間の育成。
  4. 21世紀知識基盤社会、国際社会に通用する人格の形成と学習力の育成。

教育方針 「礼を尽くし、場を清め、時を守る」(凡事徹底)

教育目標 「未来を創るグローバルリーダーの育成」(Global Leader Cultivation)

沿革[編集]

略歴[編集]

国際学院中学校・高等学校は、1988年に国際学院伊奈高等専修学校として設置された。高等専修学校は修業年限3年の全日制高等課程を持ち、食品流通工学科、国際情報経営科、社会体育科の各学科を有していた。1998年に高等学校を設立し、全日制課程総合学科を設置、その4年後に通信制課程を設置した。2010年に埼玉県内の高等学校として初めてユネスコ・スクールに認定された。2013年には中学校が開校し中高一貫校となり、開校に伴い高等学校に普通科の課程が設置される[4]

年表[編集]

  • 1988年3月11日 - 埼玉県知事から国際学院伊奈高等専修学校の設置について学校教育法第82条の8第1項の規定により許可される。
  • 1988年4月1日 - 国際学院伊奈高等専修学校が開校する。
  • 1989年7月21日 - 労働大臣に無料職業紹介事業開始の旨を届け出て受理される。
  • 1989年12月15日 - 文部大臣から1989年度より3年間の「専修学校における職業教育の高度化に関する開発・研究」の委託を受ける。
  • 1990年3月26日 - 厚生大臣から食品流通工学科(調理師課程)に対し調理師養成施設としての指定を受ける。
  • 1990年3月31日 - 埼玉県教育委員会委員長から学校教育法第45条2の規定による技能教育のための施設として指定される。
  • 1990年10月15日 - 文部大臣から大学入学資格付与校の指定(文部省告示第111号)を受ける。
  • 1991年11月8日 - 埼玉県知事から国際英語科の設置が認可される。
  • 1992年10月19日 - 文部省から1991年度より3年間の「専修学校における職業教育の高度化に関する開発・研究」の委託を受ける。
  • 1998年3月13日 - 埼玉県知事から国際学院高等学校の設置について学校教育法第4条の規定により認可される。
  • 1998年4月1日 国際学院高等学校が開校する。
  • 1999年4月14日 - フランス国立グルノーブル調理技術専門学校と姉妹校提携を行う。
  • 2002年4月1日 国際学院高等学校に通信制課程を設置する。
  • 2005年3月28日 - 文部科学省から国際学院高等学校の「問題発見・解決能力を育成する課題研究」が「平成16年度教育改革推進モデル事業」に指定される。
  • 2005年10月14日 - カナダブリティッシュコロンビア州アーチビショップカーニー中等学校と姉妹提携を行う。
  • 2006年12月1日 - 文部科学省から、国際学院高等学校の「海外研究」が「平成18年度教育改革推進モデル事業」に指定される。
  • 2008年10月15日 - 文部科学省から、国際学院高等学校の「語学研修」が「平成20年度教育改革推進モデル事業」に指定される。
  • 2010年7月9日 - 埼玉県内の高等学校として初めてユネスコ・スクールに加盟が認められる。
  • 2012年3月29日 - 国際学院中学校の設置計画、普通科課程の設置計画について承認申請行う。
  • 2013年2月5日 - 埼玉県私立学校審議会により国際学院中学校設置認可及び国際学院高等学校普通科設置認可が答申される。
  • 2013年4月1日 - 国際学院中学校が開校する。
  • 2013年11月12日 - 埼玉県私立学校審議会により国際学院高等学校の学科の設置計画が承認される[5]
  • 2016年4月1日 - 普通科設置。

アクセス[編集]

設置形態[編集]

  • 中学校
  • 高等学校
    • 全日制課程
      • 普通科[6]
        • 普通科設置に伴い、2016年度より、特別選抜コースからアドバンスコースに、現・特別進学コースからセレクトコースにそれぞれ変更される[7]
      • 総合学科
        • 2016年度より、総合進学コースⅠから選抜進学コースに、総合進学コースⅡから進学コースにそれぞれ変更される[8]
        • 食物調理コース
    • 通信制課程

制服[編集]

学校行事[編集]

学園祭[編集]

学園祭は「五峯祭」と呼ばれ、毎年9月に2日間の日程で開催される。各団体による展示や模擬店、バザーなどが催される。

部活動[編集]

運動部[編集]

  • サッカー部 - 国際学院の強化指定部。2001年12月から元サッカー日本代表GK田口光久が総監督を務めていた。2006年に選手権埼玉大会3位、2011年インターハイ予選8強の実績あり。2012年度より元・大宮アルディージャユースコーチの酒井宏治監督が就任。2013年度からはJリーグ経験者の道本大三郎をGK新コーチに追加。サッカー強豪校を目指して体制を強化している。2013年5月にU-16が県S2リーグに昇格。2014年埼玉県高校選手権ベスト16の実績あり。2015年度よりU-18が県S2リーグに昇格。2015年度は関東大会・インターハイ・選手権の埼玉県予選で3連続ベスト8を達成している。
  • 射撃部 - 国際学院の強化指定部。2012年第67回国民体育大会BR女子準優勝。2012年JOCジュニアオリンピックカップBR女子優勝。2012年全日本社会人大会BR女子優勝。2012年国体関東ブロック兼全関東大会BR女子優勝。2012年全国大会個人戦BR女子準優勝。2012年東日本大会BR/BP女子優勝、AR女子準優勝。2012年関東大会団体戦BR女子準優勝、個人戦BR女子優勝。2012年全日本ジュニアBR大会個人戦女子優勝の実績あり。
  • 陸上競技部 - 国際学院の強化指定部。2010年沖縄インターハイ出場(女子100m/女子400mH)。2011年埼玉県女子学校対抗3位。2011年北東北インターハイ5種目出場 女子400mH3位入賞の実績あり。 
  • バレーボール部 - 国際学院の強化指定部。2012年ビーチバレーボール全国大会出場の実績あり。
  • 硬式野球
  • バスケットボール
  • 卓球
  • バドミントン
  • 硬式テニス
  • ソフトテニス

文化部[編集]

併設校[編集]

脚注及び参照[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 国際学院高校の学校情報-高校受験パスナビ旺文社)の「ワンポイント情報」の冒頭によれば「●内部進学生とは3年間別クラス。」と記されている。
  2. ^ 2013年中学入試・高校入試の変更点エール学院
  3. ^ 注目の新設校インタビューENニュース
  4. ^ 2013年2月5日に開催された2012年度第5回埼玉県私立学校審議会により、国際学院高等学校に普通科を設置することが適当である認可答申がなされた。
  5. ^ 2013年度第4回埼玉県私立学校審議会開催結果による。
  6. ^ 沿革国際学院高等学校
  7. ^ 国際学院高校の学校情報-高校受験パスナビ(旺文社)の「学校の広場TOPICS」による。
  8. ^ 前掲による。

アドバンスコースと中高一貫生は一部授業を除き、一緒に授業を受けている

関連項目[編集]

外部リンク[編集]