和田光太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
わだ こうたろう
和田 光太郎
プロフィール
出身地 日本の旗 日本 東京都豊島区(生育地:埼玉県川口市)
生年月日 (1983-12-18) 1983年12月18日(37歳)
最終学歴 立命館大学法学部卒業
職歴京都)→青森宮崎神戸
活動期間 2003年~(アナウンサーとしては2006年~2019年6月)
ジャンル 地域番組など
公式サイト NHK・和田光太郎
出演番組・活動
出演中 本文参照
出演経歴 本文参照

和田 光太郎(わだ こうたろう、1983年12月18日 - )は、日本の国土交通官僚NHKアナウンサー

人物・来歴[編集]

東京都豊島区出身。二松學舍大学附属高等学校を経て立命館大学法学部卒業。大学在学中にNHK京都放送局にアルバイトとして採用された。その後通常の定期採用試験を経て2006年に正式入局。

趣味は航空機全般で、特にボーイング747-400が好み。もとは、マリンジャンボがきっかけで飛行機が好きになった[1]

所属する放送局ホームページ内の自身のブログでは毎回必ず飛行機や航空業界の話題を発信していたほか、番組などでも航空に関する知識を披露することがあり、その内容についてエアライン (雑誌)は「筋金入り」[2]と表現し、女優とよた真帆も「たまらなく面白い」と評価する[3]。2012年9月には自身で企画しパーソナリティも担当する番組「ヒコーキ・ラジオ NHK001便」が羽田空港第1旅客ターミナルから放送された[4]。その後も続編を制作していたほか、ボーイング787MRJの取材を行ったり、空港イベントで講演を行う[5]など航空関係を中心に活動の範囲を広げていた。

2019年7月、国土交通省に入省[6]海事局総務課企画室課長補佐[7]を経て、2020年6月より大臣官房総務課企画調整官[8]

一方、国土交通省入省後も再放送ながらNHKの全国放送に出演しており[9]、その際はアナウンサーとして表記されている[10]

過去の担当番組[編集]

同期のアナウンサー[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ “飛行機の魅力、熱く”. 宮崎日日新聞. (2012年9月16日) 
  2. ^ 月刊エアライン編集部” (日本語). Twitter. 2020年9月5日閲覧。
  3. ^ 『週刊新潮』2015年11月26日号「私の週間食卓日記」
  4. ^ “飛行機好き女子“空美(そらみ)”にラジオも注目~羽田空港から公開生放送”. オリコンスタイル. (2012年8月28日). http://www.oricon.co.jp/news/movie/2016233/full/ 
  5. ^ “但馬空港、「ありがとうサーブ、こんにちはATRイベント」開催 12月23日”. FlyTeam. (2017年11月23日). https://flyteam.jp/airport/tajima-airport/news/article/81749 
  6. ^ にっぽん全国たのしい船旅 2019-2020. イカロス出版 
  7. ^ 警察庁等に出向した場合は、警視として扱われる階級
  8. ^ 令和2年 6月 2日付 (国土交通省第48号)”. 国土交通省. 2020年6月6日閲覧。
  9. ^ エピソード‐うまいッ!” (日本語). うまいッ!. NHK. 2020年5月1日閲覧。
  10. ^ そのため、出向か完全移籍かは不明。
  11. ^ 和田光太郎の過去の出演番組” (日本語). テレビ出演ランキング. 2019年8月19日閲覧。

外部リンク[編集]