南部縦貫鉄道線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
南部縦貫鉄道線
廃止直前のレールバス
廃止直前のレールバス
車内は満員状態
坪川駅ホームから
概要
現況 廃止
起終点 起点:野辺地駅
終点:七戸駅
駅数 11駅
運営
開業 1962年10月20日 (1962-10-20)
休止 1997年5月6日[1]
廃止 2002年8月1日 (2002-8-1)
所有者 南部縦貫鉄道
使用車両 車両の節を参照
路線諸元
路線総延長 20.9 km (13.0 mi)
軌間 1,067 mm (3 ft 6 in)
電化 全線非電化
テンプレートを表示
停車場・施設・接続路線
STR
東北本線
ABZg+l
大湊線
0.0 野辺地
exABZg+l eABZgr
exBHF tSTRa
5.6 西千曳((旧)千曳) (1) -1986
exBHF tSTRe
5.6 西千曳 (2) 1986-
exSTR HST
(新)千曳
exABZgl xABZql
東北本線
exBHF
9.0 後平
exBHF
10.5
exBHF
11.6 坪川
exWBRÜCKE1
坪川橋梁 坪川
exBHF
13.5 道ノ上
exBHF
14.5 天間林
exBHF
15.6 中野
exWBRÜCKE1
中野川橋梁 中野川
LSTR exBHF
17.2 営農大学校前
HST exSTR
七戸十和田
STRl xKRZ
東北新幹線
exBHF
18.4 盛田牧場前
exWBRÜCKE1
七戸川橋梁 七戸川
exKBHFe
20.9 七戸
南部縦貫鉄道本社屋
国道沿いにある古い案内板
南部縦貫鉄道の表記がある

南部縦貫鉄道線(なんぶじゅうかんてつどうせん)は、かつて青森県上北郡野辺地町野辺地駅から同郡七戸町七戸駅を結んでいた南部縦貫鉄道鉄道路線。旧型レールバスの運行が行われていた。1997年に休止[1]2002年に廃止されている。

概要[編集]

この路線を運営していた南部縦貫鉄道は沿線の開発を目的に自治体が資金を拠出して設立された。免許を取得し着工したものの沿線自治体は寒村ばかりで資力に乏しく、すぐに資金が尽き工事が中断されたが、東北地方の砂鉄を利用する国策会社「むつ製鉄」が沿線の天間林村(当時)から南部縦貫鉄道で砂鉄輸送を行う構想が持ち上がり、むつ製鉄の事業主体である東北開発が南部縦貫鉄道に出資し、1962年にようやく開通にこぎつけた。

しかし、輸入鉄鉱石の価格下落により1965年にむつ製鉄の計画は頓挫。天間林からの砂鉄輸送もほとんど行われないまま中止された。並行道路にバスが走っていることから旅客も見込めず、1966年には会社更生法の適用を申請することとなり倒産、以後「更生会社」の肩書をもつ鉄道会社となった。

鉄道事業だけでは経営が成り立たないため、自治体から清掃事業や給食調理を受託し、その収益で存続してきた。鉄道部門が赤字ながらも路線が維持されていたのは、東北新幹線青森延長の際には沿線に七戸駅が設置される予定があり、旧来の路線を廃止し営農大学校前駅から新線を建設することで七戸駅に乗り入れをし、新幹線アクセスによる経営改善を期待していたからである。

1981年、国鉄大畑線第1次廃止対象路線に選定されると、上北下北一貫の新幹線アクセスを意図して大湊線とセットで引き受けに名乗りを上げた。この際に「更生会社」では大畑線引き受けに不利となるとの判断から、1984年に更生計画を繰り上げて終了した。しかし、大畑線は経営基盤防衛の観点から地元バス会社の下北バスが引き受けることとなり、また新幹線青森延長計画も1988年に「ミニ新幹線」、すなわち七戸を経由しない案で(一時)決定となった。

その後、国有地である旧東北本線の路盤を借用して運行してきた野辺地 - 千曳間について、日本国有鉄道清算事業団から買い取りを要請され、その資金が捻出できないことから1997年に全線休止を余儀なくされた。その後、沿線自治体によって路盤の買い取りが行われたものの、休止中に荒廃した鉄道施設の復旧が予想以上に困難であり、復活を断念。2002年に正式に廃止となった[2]。なお東北新幹線の八戸 - 青森間がフル規格建設へ計画変更されたのは休止後の1998年1月であり、2010年に八戸 - 新青森間が開業した東北新幹線は南部縦貫鉄道線跡と交差している。

現在は、旧七戸駅構内で当時の車両が動態保存されている。なお、当路線を運営していた会社は鉄道事業廃止後も前記の受託事業を行う会社として存続し、2004年南部縦貫株式会社と社名変更している。なおタクシー事業(通称「縦貫タクシー」)は後に売却され、通称と同名の社名で営業している。

路線データ[編集]

  • 路線距離(営業キロ):野辺地 - 七戸間 20.9km[3]
  • 軌間:1067mm[3]
  • 駅数:11駅(起終点駅含む)
  • 複線区間:なし(全線単線)
  • 電化区間:なし(全線非電化
  • 閉塞方式:票券閉塞式

歴史[編集]

運行形態[編集]

廃止まですべて気動車(レールバス・キハ10)による普通列車のみの運転で区間運転はなく、全列車が野辺地 - 七戸間の通し運転であった。

1984年1月31日までは7往復の定期列車(うち朝夕の1往復は休日・休校日運休)、2往復の貨物列車(うち1往復は不定期貨物列車)が運行されており、一部を除いたほとんどの列車が中間の天間林駅列車交換を行うダイヤであった。しかし翌2月1日の国鉄ダイヤ改正で貨物列車の運行がすべて廃止され、休日・休校日運休の列車も不定期列車に変更されたことで定期列車は1日5往復となり天間林駅での列車交換も不定期列車運転時以外は廃止された。ただし、天間林駅での駅係員とのタブレット交換は毎日行われていた。

さらに1985年5月1日のダイヤ改正で不定期列車が完全に廃止され、多客時は大型車のキハ10が運行されるようになり、閉塞方式も天間林駅を境界とするタブレット閉塞式から全線票券閉塞式に変更されたことで列車交換は完全に廃止され、以後は1997年の運転休止まで1日5往復の普通列車が運行されるのみとなっていた。

駅一覧[編集]

  • 全駅青森県上北郡内に所在した。所在地の町村名、接続路線名は休止当時のもの。
    天間林村は2005年3月31日に七戸町と新設合併、七戸町となる。
    東北本線は2010年12月4日に青い森鉄道へ移管し青い森鉄道線となる。
  • 線路 - ∧:列車交換可、|:列車交換不可
駅名 駅間営業キロ 累計営業キロ 接続路線 線路 所在地
野辺地駅 - 0.0 東日本旅客鉄道東北本線大湊線 野辺地町
西千曳駅 5.6 5.6   東北町
後平駅 3.4 9.0   天間林村
坪駅 1.5 10.5  
坪川駅 1.1 11.6  
道ノ上駅 1.9 13.5  
天間林駅 1.0 14.5  
中野駅 1.1 15.6  
営農大学校前駅 1.6 17.2   七戸町
盛田牧場前駅 1.2 18.4  
七戸駅 2.5 20.9  

過去の接続路線

  • 西千曳駅 - 東北本線(開業当時は千曳駅

車両[編集]

気動車[編集]

3グループ4両が在籍し、いずれもキハ10形と称したが、各グループ間に関連はない。

キハ101・キハ102
1962年製、開業時からの車両(レールバス)、主力車両
キハ103
1937年製、元筑波鉄道キハ302
キハ104
1956年製、元日本国有鉄道キハ10 45

ディーゼル機関車[編集]

D45形
開業時(1962年)に日立製作所にて製造されたディーゼル機関車1984年に貨物輸送が廃止されると、ほとんど運用されなかった。
DC25形
1959年協三工業で製造された元羽後交通DC2。1973年に南部縦貫鉄道に移る。
DB11形
1962年富士重工業で製造されたモーターカー。当初は機械扱いであったが、1964年に車籍をとり、DB11となる。主に除雪車として運用。

その他[編集]

  • 計画では七戸駅より南下し、三本木で十和田観光電鉄十和田市駅に接続[3]、さらに五戸へ延ばし、尻内(現在の八戸駅)から五戸まで運行していた南部鉄道と結ぶ予定だったといわれる。
  • 1997年の時点で廃止の予定だった。しかし、東北新幹線が延伸したときに新幹線の駅と接続する計画もあったことと、廃止前に鉄道ファンが殺到したため、急遽廃止を休止に切り替えた。なお、結果的には新幹線の延伸を待たずに廃止となった。
  • 南部縦貫鉄道には当初京成電鉄が出資し、経営に参加していた。南部縦貫鉄道のレールバスのカラーリングは京成の赤電と同じである。
  • キンカン本舗のテレビCMにも登場している。
  • マスメディアで「南部鉄道」と誤記されていることがあるが、前記のように「南部鉄道」を名乗る鉄道事業者が南部縦貫鉄道とは別に存在する。南部縦貫鉄道は設立こそ南部鉄道関係者によってなされたが、資金調達過程で自治体や京成などの資本が入り、全く関係はない。
  • 青森放送で放送されていた『金曜ワイドあおもり』内コーナー「駅前物語」が100回を迎えたことから、記念として1992年5月8日伊奈かっぺい野坂真理および抽選で選ばれた視聴者30人が野辺地から七戸までレールバスに乗車し、その模様が生中継された。
  • 2009年10月19日月曜日夜に青森放送テレビで放送された『あの瞬 RABテレビが伝えた青森』では、線路敷設の模様や開業日の様子などが放送された。
  • 2010年12月4日に開業した東北新幹線七戸十和田駅で販売されている駅弁「桜弁当」のパッケージには、南部縦貫鉄道の車両が描かれている。ほぼ同時期にはレールバスが描かれた切手が発行され、七戸郵便局ではレールバスを描いた風景印を使用している。

脚注[編集]

  1. ^ a b c 鉄道ジャーナル』第31巻第8号、鉄道ジャーナル社、1997年8月、 104頁。
  2. ^ a b 「鉄道記録帳」、『RAIL FAN』第49巻第10号、鉄道友の会、2002年10月号、 22頁。
  3. ^ a b c d e f 運輸省鉄道監督局監修『民鉄要覧』鉄道図書刊行会、1979年、13頁

参考文献[編集]

外部リンク[編集]