南海高師浜線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Nankai group logo.svg 高師浜線
シンボルマーク
2230系による高師浜線の列車
2230系による高師浜線の列車
基本情報
日本の旗 日本
所在地 大阪府
起点 羽衣駅
終点 高師浜駅
駅数 3駅
路線記号 NK NK
開業 1918年10月2日
全通 1919年10月25日
所有者 南海電気鉄道
運営者 南海電気鉄道
車両基地 住ノ江検車区
使用車両 2200系、2230系
路線諸元
路線距離 1.4 km [1]
軌間 1,067 mm狭軌
線路数 単線
電化方式 直流1,500 V 架空電車線方式
最高速度 45 km/h
路線図
Nankai Electric Railway Linemap.svg
テンプレートを表示
停車場・施設・接続路線
STR
JR西阪和線(羽衣線)
東羽衣駅
ABZq+r
0.0 NK16 羽衣駅 Nankai mainline simbole.svg 南海本線
BHF
0.9 NK16-1 伽羅橋駅
KBHFe
1.4 NK16-2 高師浜駅

高師浜線(たかしのはません)は、大阪府高石市羽衣駅から高師浜駅までを結ぶ南海電気鉄道鉄道路線

2021年令和3年)5月22日より2024年(令和6年)春までの予定で、羽衣駅付近での連続立体交差事業に伴い全線休止となっており、バス代行輸送が行われている[2]後述)。

路線データ[編集]

  • 路線距離(営業キロ):1.4 km[1]
  • 軌間:1067 mm
  • 駅数:3駅(起終点駅含む)
  • 複線区間:なし(全線単線)
  • 電化区間:全線電化(直流1500 V)
  • 閉塞方式:自動閉塞式
  • 最高速度:45 km/h

運行形態[編集]

羽衣駅 - 高師浜駅間を往復する線内折り返しの普通列車のみが運行されている。ワンマン運転を実施している。日中はおおむね1時間に3本運行されている。

歴史[編集]

日露戦争時に、現在の高石市高師浜および千代田の沿岸部にロシア兵俘虜収容所(約43ヘクタール)が建設された。講和後しばらくは陸軍が宿舎として使用していたが、大正中期に宿舎跡地を利用した住宅地開発に伴って敷設された。

年表[編集]

駅一覧[編集]

  • 全駅大阪府高石市内に所在。
  • 普通車のみ運転。全列車が各駅に停車。線内での列車交換は不可。
  • 全区間、南海本線・高師浜線(高石市)連続立体交差事業のため運休中。
駅番号 駅名 駅間キロ 営業キロ 接続路線
NK16 羽衣駅 - 0.0 南海電気鉄道■南海本線
西日本旅客鉄道阪和線支線(東羽衣駅
NK16-1 伽羅橋駅 0.9 0.9  
NK16-2 高師浜駅 0.5 1.4  

連続立体交差事業[編集]

羽衣駅 - 伽羅橋駅間の約1.0 kmにおいて連続立体交差事業(鉄道高架化)を進めている[8]。事業主体は大阪府[8]。羽衣駅 - 高石駅間の上下線高架化工事完了後に着手する。この連続立体交差事業のため高師浜線全線が2021年5月22日から2024年春まで休止され、約3年間の休止期間中はバス代行輸送が実施されている[2][9]

羽衣駅には代行バス乗換専用改札口と代行バス専用乗降場が設置されている。伽羅橋駅の代行停留場として、府道堺阪南線上の高師浜線の北側に伽羅橋(北)停留場、高師浜線の南側に伽羅橋(南)停留場が設置されている。高師浜駅の代行バス停留場は大阪府立臨海スポーツセンター敷地内に設置されている[10][11]。運賃は南海他路線との乗り継ぎ時も含め、鉄道運休前と同じく全線とも南海の鉄道運賃を適用する。

代行停留所一覧[編集]

  • 全停留所[12]大阪府高石市内に所在。
  • 各停留所に停車。南海バス堺営業所)の車両で運行[13]
  • 羽衣駅から伽羅橋(北)停留所間のうち南海本線沿いの区間は、高架脇に暫定的に設けられたバス専用道路を走行する。
  • 線内各停留所と羽衣駅以遠の相互間を乗車する場合は、南海電鉄の他路線と同じ乗車券類が利用可能。羽衣駅構内の代行バス乗換専用改札口には伽羅橋駅用・高師浜駅用それぞれの自動改札機自動精算機乗車駅証明書発行機が設置されており、ここで運賃精算や乗降処理を行う。羽衣駅を経由する代行バス利用の場合、代行バス車内での運賃支払は発生しない[11]
  • 伽羅橋(北・南)停留所と高師浜停留所の相互間の乗車の場合に限り、カード形式の乗車券ICカード乗車券等)の利用不可。そのため、同区間のみの乗車で定期乗車券回数乗車券(カード式除く)等の有効な乗車券類を所持していない場合は、現金で同区間の運賃160円をバス車内で支払うことになる[11]
停留所名 駅間キロ 営業キロ 接続路線 設置場所 備考
羽衣 - 0.0 南海電気鉄道■南海本線
西日本旅客鉄道阪和線支線(東羽衣駅
羽衣駅改札内(南海本線高架下)  
伽羅橋(北) 0.9 0.9   新羽衣橋付近(大阪府道204号堺阪南線上) 伽羅橋(南)から乗車の場合下車不可[11]
伽羅橋(南)   高石神社付近(大阪府道204号堺阪南線上) 伽羅橋(北)から乗車の場合下車不可[11]
高師浜 0.5 1.4   大阪府立臨海スポーツセンター敷地内  

代行バスの運行経路[編集]

羽衣駅 -〈南海本線高架脇のバス専用道路〉-〈新村北線〉-[羽衣南交差点]-〈大阪府道204号堺阪南線〉- 伽羅橋(北)停留所 -〈大阪府道204号堺阪南線〉- 伽羅橋(南)停留所 -〈大阪府道204号堺阪南線〉-[高石交差点]-〈高石臨港線〉- 高師浜停留所(大阪府立臨海スポーツセンター内)[14]

代行バスの運行形態[編集]

羽衣駅 - 高師浜停留所間を往復する線内折り返しが基本であるが、平日朝ラッシュ時の上り羽衣方面行に限り伽羅橋(北)停留所始発の区間便が追加される[14]。運行本数は鉄道運休前の本数に準じ、日中は概ね1時間に3 - 4本の運行である[7]。朝夕のラッシュ時には鉄道運休前と比べて増便が行われ、特に平日の朝ラッシュ時には、続行便の運行や区間便(前述)も追加設定されるなど、輸送力確保のために最大で1時間に13本もの本数(バス車両台数は15台)が設定される時間帯も存在している[14]。なお、鉄道による運行では全線の所要時間は3分程度であったのに対し、代行バスでは全線で約15分となっており5倍の時間を要している[7][14]

2021年10月16日からは混雑平準化のために朝夕ラッシュ時の運行間隔が変更され、平日の朝ラッシュ時に設定されていた伽羅橋(北)停留所始発の区間便が高師浜停留所始発に延長となった。これに伴い平日の朝ラッシュ時には最大で1時間あたり15本の本数が設定されることとなった[15]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b JTBパブリッシング『JTB時刻表』2021年10月号 p.834
  2. ^ a b c “南海本線・高師浜線(高石市)連続立体交差事業 令和3年5月22日(土曜日)始発列車から上り線(難波方面)を高架化へ 高師浜線は高架化工事のためバス代行輸送を実施します” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 大阪府/高石市/南海電気鉄道, (2021年3月18日), オリジナルの2021年3月18日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20210318063223/https://www.nankai.co.jp/library/company/news/pdf/210318_2.pdf 2021年3月18日閲覧。 
  3. ^ 南海電気鉄道 『南海二世紀に入って十年の歩み』、1995年、71頁。 
  4. ^ “走る!工場夜景” ラッピング列車が10月8日(土)より運行開始! (PDF) - 南海電気鉄道、2016年9月26日
  5. ^ 走るラッピング電車、運行延長! (PDF) - 南海電気鉄道、2017年3月27日
  6. ^ "走る!工場夜景"ラッピング列車のさらなる運行延長を決定! - 高石市
  7. ^ a b c “南海・高師浜線、全1.5kmが3年間運休 高架化工事”. 朝日新聞DIGITAL. (2021年5月23日). https://www.asahi.com/articles/ASP5Q7TL1P5QPTIL002.html?iref=pc_ss_date_article 2021年5月23日閲覧。 
  8. ^ a b 南海本線・高師浜線(高石市)連続立体交差事業 - 大阪府都市整備部、2019年4月24日閲覧。
  9. ^ 高石市 平成30年9月決算委員会 09月19日 - 01号 - 高石市議会、2019年4月24日閲覧。
  10. ^ “南海本線・高師浜線(高石市)連続立体交差事業 南海本線上り線の高架化に向け、工事が進捗しています” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 南海電気鉄道, (2020年12月11日), オリジナルの2020年12月18日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20201218084544/https://www.nankai.co.jp/library/company/news/pdf/201211.pdf 2021年2月24日閲覧。 
  11. ^ a b c d e “南海本線・高師浜線(高石市)連続立体交差事業に伴う 高師浜線代行バスの運行内容・ご利用方法について” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 南海電気鉄道, (2021年3月18日), オリジナルの2021年3月20日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20210320045707/https://www.nankai.co.jp/library/company/news/pdf/210318_1.pdf 2021年5月22日閲覧。 
  12. ^ 現地表示では「代行駅」と表示。
  13. ^ 南海電鉄 高師浜線代行輸送の運行開始について(2021/5/22~)”. 南海バス (2021年5月13日). 2021年5月24日閲覧。
  14. ^ a b c d “高師浜線 鉄道代行バスの運行内容・利用方法のご案内(バス時刻表掲載版)” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 南海電気鉄道, https://www.nankai.co.jp/library/traffic/jikoku/210522_daikoubus.pdf 2021年5月22日閲覧。 
  15. ^ 2021年10月16日(土) 高師浜線代行バス ダイヤ改正 朝夕通勤通学時間帯の運行間隔の見直しなどを実施します”. 南海電気鉄道 (2021年9月16日). 2021年10月21日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]