南海ウイングバス南部本社営業所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
南海ウイングバス南部 > 南海ウイングバス南部本社営業所

南海ウイングバス南部本社営業所(なんかいウイングバスなんぶほんしゃえいぎょうしょ)は、大阪府泉佐野市日根野(熊取町との境界)にある南海ウイングバス南部の営業所である。営業所前には停留所はなく、最寄停留所は東側の府道上にある「山原」(府営熊取団地線)である。

概要[編集]

南海電鉄バスからの分社エリアで、泉佐野市[1]や熊取町、泉南市阪南市などの泉南エリア、更に岸和田営業所の統合により岸和田市和泉市と幅広い地域をカバーしている。他にコミュニティバスの運行受託も行っている。一方、府最南部の岬町から先は不採算のため撤退し、現在は中日臨海バスがコミュニティバスを運行している。

各系統の動向に関しては特に熊取方面に関しては熊取駅発着便が増便される一方で泉佐野駅発着便が減少傾向にある。

2014年4月12日より、バス停留所名に番号表示及び車内放送に番号案内を実施している。

2015年12月5日に岸和田営業所が同営業所と統合された[2]。これにより西は阪南市、東は和泉市まで幅広い営業エリアを持つことになった。

運行路線[編集]

泉南エリアは泉佐野駅前、熊取駅前発着が主であるが、イオンモールりんくう泉南尾崎駅前などからも発着している。

岸和田エリアは一部東岸和田駅前、和泉中央駅からも発着するが、大半は岸和田駅前から発着する。東ヶ丘線は岸和田市東ヶ丘町内において上下線共に同方向の外回り循環経路をとるため、上下線で系統が異なる。また、同線は和泉市に跨っている。

泉南エリア[編集]

尾崎線[編集]

停留所・車内放送 番号案内表記「O」

南海電鉄バス時代は山中渓駅前まで運行されていた便も存在していた。

犬鳴線[編集]

  • 21系統:泉佐野駅前 - 日根野駅前 - 久の木 - 犬鳴山
  • 22系統:泉佐野駅前 - 日根野駅前 - 久の木

停留所・車内放送 番号案内表記「I」

一部、英語によるアナウンスあり。

2016年7月より日根野駅前停留所が駅前ロータリー内に移設。同時に踏切を渡らない経路に変更された。

南海熊取ニュータウン線[編集]

  • 42系統:泉佐野駅前 - 泉佐野市役所前 - 上瓦屋町 - 熊取駅前 - 希望が丘 - 自由が丘 - 熊取ニュータウン
  • 91系統:熊取駅前 - 希望が丘 - 自由が丘 - 熊取ニュータウン
  • 急行:泉佐野駅前 - (通過) - 熊取駅前 - (通過) - 熊取ニュータウン
  • 急行:熊取駅前 - (通過) - 熊取ニュータウン

南海電鉄が開発した熊取ニュータウンへの路線。泉佐野駅からの便は減便傾向で、熊取駅からの便がメインである。急行便は熊取ニュータウン終点にある関西医療大学の指定日に運行される。ただし、同大学へはスクールバスも運行している。

停留所・車内放送 番号案内表記「N」

府営熊取団地線[編集]

  • 43系統:泉佐野駅前 - 泉佐野市役所前 - ダンバラ公園前 - 熊取駅前 - 熊取団地 - 浪商学園前 - 大阪体育大学
  • 急43系統:泉佐野駅前 -(通過)- 熊取駅前 -(通過) - 浪商学園前 - 大阪体育大学前
  • 急93系統:熊取駅前 -(通過) - 浪商学園前 - 大阪体育大学前
  • 44系統:泉佐野駅前 - 泉佐野市役所前 - ダンバラ公園前 - 熊取駅前 - 熊取団地
  • 88系統:熊取駅前 - 熊取団地 - 大阪体育大学前 - つばさが丘北口
  • 89系統:熊取駅前 - 熊取団地 - 大阪体育大学口 - つばさが丘北口
  • 90系統:熊取駅前 - 熊取団地 - 大阪体育大学口 - つばさが丘北口
  • 92系統:熊取駅前 - 熊取団地 - 浪商学園前 - 大阪体育大学前
  • 94系統:熊取駅前 - 熊取団地
  • 95系統:熊取駅前 -(直行)- 住友電工ファインポリマー(山原) 2015年4月1日より特定輸送を路線化

熊取団地への足として、また大阪体育大学・大体大浪商高校への足として運行している。

停留所・車内放送 番号案内表記「D」

熊取山手線[編集]

  • 53A-B系統:泉佐野駅前→泉佐野市役所前→泉陽ヶ丘→熊取駅前→朝和口→山の手台→小谷→野田中央→朝和口→熊取駅前→泉陽ヶ丘→泉佐野市役所前→泉佐野駅前
  • 53A-54B系統:泉佐野駅前→泉佐野市役所前→泉陽ヶ丘→熊取駅前→朝和口→山の手台→小谷→野田中央→朝和口→熊取駅前
  • 53A-55系統:泉佐野駅前→泉佐野市役所前→泉陽ヶ丘→熊取駅前→朝和口→山の手台→小谷→野田中央
  • 54A-53B系統:熊取駅前→朝和口→山の手台→小谷→野田中央→朝和口→熊取駅前→泉陽ヶ丘→泉佐野市役所前→泉佐野駅前
  • 54A-54B系統:熊取駅前→朝和口→山の手台→小谷→野田中央→朝和口→熊取駅前
  • 54A-55系統:熊取駅前→朝和口→山の手台→小谷→野田中央
  • 53B系統:山の手台→小谷→野田中央→朝和口→熊取駅前→泉陽ヶ丘→泉佐野市役所前→泉佐野駅前
  • 54B系統:山の手台→小谷→野田中央→朝和口→熊取駅前

かつては泉佐野駅 - 小谷(51系統)、泉佐野駅 - 山の手台(52系統)として運行されていたものを系統統合されたものである。51系統は南海電鉄バス時代は水間駅前(現在の水間観音駅)まで運行されていた。

停留所・車内放送 番号案内表記「Y」

大阪観光大学線[編集]

  • 31系統 泉佐野駅前 -急行- 大阪観光大学

2015年4月1日から従来の特定輸送スクールバスを路線化。途中、日根野駅前(いずみさのコミュニティバス乗降場)に停車。

停留所・車内放送 番号案内表記「OK」

阪南スカイタウン線[編集]

  • 1系統:箱作駅前→桃の木台一丁目→桃の木台小学校前→桃の木台一丁目→箱作駅前
  • 2系統:桃の木台一丁目→桃の木台小学校前→桃の木台一丁目→箱作駅前

停留所・車内放送 番号案内表記「ST」

イオンりんくう線[編集]

停留所・車内放送 番号案内表記「AR」 また、この路線では英語での車内放送が行われている。

イオン砂川線[編集]

  • A3系統:砂川駅前 - 泉南市役所前 - イオンモールりんくう泉南
  • A4系統:砂川駅前 - 泉南市役所前 - 樽井駅前 - イオンモールりんくう泉南

停留所・車内放送 番号案内表記「AS」

イオン尾崎線[編集]

  • A5系統:尾崎駅前 - イオンモールりんくう泉南

停留所・車内放送 番号案内表記「AO」

岸和田エリア[編集]

牛滝線[編集]

  • 11系統 : 岸和田駅前 - 岸和田警察署前 - 市民病院前 - 久米田 - 内畑 - 牛滝山
  • 13系統 : 岸和田駅前 - 岸和田警察署前 - 市民病院前 - 久米田 - 内畑 - 白原車庫

停留所・車内放送 番号案内表記「U」。岸和田営業所廃止に伴い移管された。

葛城線[編集]

  • 43系統 : 岸和田駅前 - 岸和田警察署前 - 東岸和田 - 土生 - 河合 - 白原車庫
  • 41系統 : 岸和田駅前 - 岸和田警察署前 - 東岸和田 - 土生 - 河合 - 塔原
  • 51系統 : 岸和田駅前 - 岸和田警察署前 - 東岸和田 - 畑町 - 天神山町3丁目
  • 53系統 : 岸和田駅前 - 岸和田警察署前 - 東岸和田 - 流木 - 天神山町3丁目
  • 44系統 : 岸和田駅前 - 泉南府民センター - 東岸和田 - 土生 - 葛城町 - 河合 - 白原車庫
  • 42系統 : 岸和田駅前 - 泉南府民センター - 東岸和田 - 土生 - 河合 - 塔原
  • 55系統 : 東岸和田駅前 - 流木 - 天神山町3丁目

停留所・車内放送 番号案内表記「K」。営業所廃止に伴い移管された。

東ヶ丘線[編集]

  • 31系統 : 東ヶ丘町→久米田駅前→中央公園前→和泉大宮駅前→岸和田駅前
  • 61系統 : 岸和田駅前→和泉大宮駅前→中央公園前→久米田駅前→東ヶ丘東→東ヶ丘町→和泉中央駅
  • 62系統 : 和泉中央駅→東ヶ丘東→東ヶ丘町→久米田駅前→中央公園前→和泉大宮駅前→岸和田駅前
  • 63系統 : 岸和田駅前→和泉大宮駅前→中央公園前→徳洲会病院→久米田駅前→東ヶ丘東→東ヶ丘町→和泉中央駅
  • 64系統 : 和泉中央駅→東ヶ丘東→東ヶ丘町→久米田駅前→徳洲会病院→中央公園前→和泉大宮駅前→岸和田駅前
  • 65系統 : 岸和田駅前→和泉大宮駅前→市民病院前→久米田駅前→東ヶ丘東→東ヶ丘町→和泉中央駅
  • 66系統 : 和泉中央駅→東ヶ丘東→東ヶ丘町→久米田駅前→市民病院前→和泉大宮駅前→岸和田駅前
  • 67系統 : 東ヶ丘東→東ヶ丘町→和泉中央駅
  • 68系統 : 和泉中央駅→東ヶ丘東→東ヶ丘町

かつては東ヶ丘町止まりだったが、2005年4月より和泉中央駅まで延伸した。

停留所・車内放送 番号案内表記「H」。営業所廃止に伴い移管された。

福田線[編集]

  • 23系統 : 岸和田駅前 - 岸和田警察署前 - 下松駅前 - 道の駅愛彩ランド
  • 22系統 : 岸和田駅前 - 和泉大宮駅前 - 下松駅前 - 道の駅愛彩ランド

沿線に近畿職業能力開発大学校があり、同校の学生や職員の輸送を担っている。営業所廃止に伴い移管された。

コミュニティバス[編集]

ローズバス[編集]

岸和田市のコミュニティバス。営業所廃止に伴い移管された。

右回り
南海岸和田駅前→市役所前→港緑町(波切ホール)→競輪場前→総合体育館前→市民病院前→JR下松駅前→農業会館前(常盤サービスセンター)→職業安定所前→南海岸和田駅前
左回り
右回りの反対回りの経路で運行。
星和・上松ルート
JR下松駅前 - 職業安定所前間において、農業会館前(常盤サービスセンター)を通らずに上松町内を山手まで巡回。右回り・左回り共に6便中2便がこのルートになる。

いずみさのコミュニティバス・いずみさの観光周遊バス[編集]

泉佐野市のコミュニティバス。

熊取町ひまわりバス[編集]

熊取町のコミュニティバス。

泉南市さわやかバス[編集]

泉南市のコミュニティバス。

阪南市さつき号[編集]

阪南市のコミュニティバス。

廃止・移管路線[編集]

光陽台舞線[編集]

  • 11系統:尾崎駅前 → 総合体育館前 → 光陽台2丁目 → 光陽台3丁目 → 舞4丁目 → 尾崎駅前 (循環)

2013年4月1日に試行運行目的で開設。朝5便、夜9便 所要時間22分 運行距離7.6㎞ 運賃230円(均一)だった。ダイヤは、尾崎駅での上り特急電車との接続を考慮していた。2016年3月31日に路線廃止となった。

停留所、車内放送 番号案内表記「K」

牛滝線[編集]

  • 12系統:岸和田駅前 - 岸和田警察署前 - 新市民病院前 - 久米田 - 内畑 - 山口
  • 14系統:岸和田駅前 - 和泉大宮駅前 - 久米田 - 内畑 - 牛滝山

東ヶ丘線[編集]

熊取粉河線[編集]

大阪府南部地区および紀の川市相互間の通勤・通学として開設した路線である。また粉河駅から熊取駅まで、粉河駅から和歌山駅経由で大阪方面へ鉄道を利用するよりも本路線を利用する方が速くて安い(620円、所要45分)。なお、停車駅が少ないことから特急バスではあるが便宜上の名称であり運賃以外の特別料金は一切、発生しない。

路線名については、南海電鉄(南海ウイングバス南部)は『熊取粉河線』、和歌山バス那賀・水間鉄道は『粉河熊取線』という案内を行っていた。

  • 系統番号:(特急)粉河駅前 - 長田観音前 - 打田国道口 - 勢田西 - 重行 - 神通 - 犬鳴山 - 中大木 - 大阪体育大学口 - 青年会場前 - 熊取駅前
  • 1990年(平成2年)8月、水間鉄道 清児~粉河延長線の建設(2005年開業予定であった)を前提とした代替輸送手段(1998年廃止申請)として、和歌山バス(当時)、南海電鉄バス(当時)、水間鉄道バスの3社共同運行路線として営業開始。愛称は「紀泉シャトルライン」
  • 2006年(平成18年)1月1日、南海ウイングバス南部・水間鉄道バスが撤退し、旧粉河町と旧那賀町(現・紀の川市)の補助を受けて和歌山バス那賀の単独運行となる。これに伴い、スルッとKANSAIカード・バスカードの利用が可能となった。

樽井・岩出線、金熊寺線[編集]

樽井・岩出線[編集]

熊取・粉河線同様に和歌山県岩出と大阪府内をショートカットする路線で、和歌山バス那賀との共同路線であった。運行距離は熊取・粉河線より短く、両駅間をおよそ30分前後で結んだ。和泉砂川駅前後で狭隘区間を走行するため、車両は両社とも小型車を使用して運行していた。

設立は熊取・粉河線より新しく、和歌山県の補助などによって開設されたもので、鉄道路線計画の代替という位置づけの熊取・粉河線とは異なっている。

なお、南海バスのウェブサイト上では時刻表の検索はできず、電話での問い合わせで対応していた(和歌山バスのサイトでは検索が可能)。熊取・粉河線と異なり両事業者ともスルッとKANSAIカードが使用可能な環境が整っていたにも関わらず、スルッとKANSAI共通カードが利用できず、フリー乗車券の類は一切使用できなかった。熊取・粉河線が和歌山バス那賀の単独運行となり、カード類が利用可能となった後もこの制度は続けられたが、2012年10月より和歌山バス那賀の単独運行となり、前述したカード類の利用が可能になった。

金熊寺線[編集]

  • 11系統:樽井駅前 - 砂川駅前
  • 12系統:樽井駅前 - 泉南病院前 - 金熊寺 - つづら畑 - 近畿大学前(つづら畑 - 近畿大学間は総て和歌山県内、後に樽井・岩出線に統合)

元々は、梅の名所として知られる金熊寺へのアクセス路線としてつづら畑停留所まで南海電鉄時代より運行され、後に泉南市と近畿大学和歌山キャンパス(生物理工学部)を結ぶ路線として延伸された。樽井・岩出線開設後は、樽井駅前 - つづら畑間では大半の停留所を通過する樽井・岩出線に対する各停路線としての役割も担っていた。

この路線は樽井・岩出線開設後も併存していたが、後に樽井・岩出線の近畿大学経由便への統合により、和歌山県内全区間が廃止となり、つづら畑停留所止まりに戻った。更に後に泉南市さわやかバスに移管し、樽井・岩出線と同様和泉砂川駅も経由するようになった。移管後も、南海ウイングバス南部所属の車両による代走が度々見られる。

スルッとKANSAI共通カードについては、つづら畑以北の大阪府内のみ利用可能となっており、フリー乗車券の類もつづら畑~近畿大学間のみ利用出来なかった。このため、フリー乗車券利用の乗客も、利用区間を示すために整理券が必須であった。同線がつづら畑止まりとなって以降、金熊寺線は全線利用可能、樽井・岩出線は全線利用不可能と、同じルートを走る路線同士で差異が存在した。ただし2013年現在、前述の通り金熊寺線のコミュニティバス移管と樽井・岩出線の1社運行化により、当時とは利用可能環境が逆になっている。


注釈[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 関西国際空港関連路線については南海バス空港営業所が担当しており、本社営業所が担当するのはイオンモール関係を除けば通勤通学・生活路線である。
  2. ^ 【南海ウイングバス南部】 営業所の統合について - 南海バス(2015年11月27日閲覧)

外部リンク[編集]