2008年北京オリンピックの柔道競技

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Beijing 2008-Judo-2777264688.jpg

北京オリンピックにおける柔道競技は、2008年8月9日から8月15日まで北京科学技術大学の体育館を会場として行われた。

概要[編集]

男女とも7階級で行われたのはこれまで通りだったが、前年の国際柔道連盟における理事選挙で、山下泰裕が落選し、柔道発祥国・日本の国際的影響力が低下した中で行われた大会となった。このため、日本人から見れば柔道本来の姿からは大幅に逸脱したと看做される“不可解”な判定が目立った[要出典]。 今回の大会では、日本・ロシア・フランスなどの従来の強豪国に加えて、アラブ諸国中央アジアアフリカの選手の健闘が目立った。しばしば国際柔道はポイント狙いが過ぎて一本を狙う本来の柔道からかけ離れていると日本では言われていたが、実際は上位選手による一本勝ちが増加し、各国の民族格闘技の技法を応用した豪快な投げ技も数多く見られ、柔道の新たな発展と進化をうかがわせる大会となった。 日本男子陣が獲得したメダル数が過去最低となったが前年の世界選手権と比べて上位入賞者の数も試合内容も向上しており、柏崎克彦山口香らによれば、選手の実力はそれなりに発揮された大会だったと評された。

競技結果[編集]

男子[編集]

階級
60kg以下級 韓国 崔敏浩
韓国 (KOR)
オーストリア ルートウィヒ・パイシャー
オーストリア (AUT)
ウズベキスタン リショド・ソビロフ
ウズベキスタン (UZB)
オランダ ルーベン・フーケス
オランダ (NED)
66kg以下級 日本 内柴正人
日本 (JPN)
フランス バンジャマン・ダルベレ
フランス (FRA)
キューバ ヨルダニス・アレンシビア
キューバ (CUB)
北朝鮮 朴哲民
北朝鮮 (PRK)
73kg以下級 アゼルバイジャン エルヌル・ママドリ
アゼルバイジャン (AZE)
韓国 王己春
韓国 (KOR)
タジキスタン ラスル・ボキエフ
タジキスタン (TJK)
ブラジル レアンドロ・ギルヘイロ
ブラジル (BRA)
81kg以下級 ドイツ オーレ・ビショフ
ドイツ (GER)
韓国 金宰範
韓国 (KOR)
ブラジル ティアゴ・カミロ
ブラジル (BRA)
ウクライナ ロマン・ゴンチュク
ウクライナ (UKR)
90kg以下級 グルジア イラクリ・チレキゼ
グルジア (GEO)
アルジェリア アマル・ベニクレフ
アルジェリア (DZA)
エジプト ヘシャム・メシバ
エジプト (EGY)
スイス セルゲイ・アシュワンデン
スイス (SUI)
100kg以下級 モンゴル ナイダン・ツブシンバヤル
モンゴル (MGL)
カザフスタン アスハト・ジトケエフ
カザフスタン (KAZ)
アゼルバイジャン モブルド・ミラリエフ
アゼルバイジャン (AZE)
オランダ ヘンク・フロル
オランダ (NED)
100kg超級 日本 石井慧
日本 (JPN)
ウズベキスタン アブドゥロ・タングリエフ
ウズベキスタン (UZB)
キューバ オスカル・ブライソン
キューバ (CUB)
フランス テディ・リネール
フランス (FRA)

女子[編集]

階級
48kg以下級 ルーマニア アリナ・ドゥミトル
ルーマニア (ROU)
キューバ ヤネト・ベルモイ
キューバ (CUB)
日本 谷亮子
日本 (JPN)
アルゼンチン パウラ・パレト
アルゼンチン (ARG)
52kg以下級 中国 冼東妹
中国 (CHN)
北朝鮮 安琴愛
北朝鮮 (PRK)
アルジェリア ソラヤ・ハダド
アルジェリア (ALG)
日本 中村美里
日本 (JPN)
57kg以下級 イタリア ジュリア・クインタバレ
イタリア (ITA)
オランダ デボラ・フラベンステイン
オランダ (NED)
ブラジル ケトレイン・クアドロス
ブラジル (BRA)
中国 許岩
中国 (CHN)
63kg以下級 日本 谷本歩実
日本 (JPN)
フランス リュシ・ドコス
フランス (FRA)
オランダ エリザベト・ウィルボーダス
オランダ (NED)
北朝鮮 元玉任
北朝鮮 (PRK)
70kg以下級 日本 上野雅恵
日本 (JPN)
キューバ アナイシス・エルナンデス
キューバ (CUB)
アメリカ合衆国 ロンダ・ラウジー
アメリカ合衆国 (USA)
オランダ エディス・ボッシュ
オランダ (NED)
78kg以下級 中国 楊秀麗
中国 (CHN)
キューバ ヤレニス・カスティージョ
キューバ (CUB)
韓国 鄭敬美
韓国 (KOR)
フランス ステファニー・ポサメ
フランス (FRA)
78kg超級 中国 佟文
中国 (CHN)
日本 塚田真希
日本 (JPN)
スロベニア ルツィヤ・ポラウデル
スロベニア (SLO)
キューバ イダリス・オルティス
キューバ (CUB)

各国メダル数[編集]

ランキングは「金メダル獲得数の順」→「金メダル獲得数が同じ場合は銀メダル獲得数の順」→「銀メダル獲得数が同じ場合は銅メダル獲得数の順」で決められている。従って、総獲得数の順とは必ずしも一致しないことがある。日本は金メダル獲得数・総獲得数でトップを保ったものの、男女競技として行われるようになってからは最低の獲得数であった。

国・地域
1 日本 日本 4 1 2 7
2 中国 中国 3 0 1 4
3 韓国 韓国 1 2 1 4
4 アゼルバイジャン アゼルバイジャン 1 0 1 2
5 ジョージア グルジア 1 0 0 1
ドイツ ドイツ 1 0 0 1
イタリア イタリア 1 0 0 1
モンゴル モンゴル 1 0 0 1
ルーマニア ルーマニア 1 0 0 1
10 キューバ キューバ 0 3 3 6
11 フランス フランス 0 2 2 4
12 オランダ オランダ 0 1 4 5
13 北朝鮮 北朝鮮 0 1 2 3
14 アルジェリア アルジェリア 0 1 1 2
ウズベキスタン ウズベキスタン 0 1 1 2
16 オーストリア オーストリア 0 1 0 1
カザフスタン カザフスタン 0 1 0 1
18 ブラジル ブラジル 0 0 3 3
19 アルゼンチン アルゼンチン 0 0 1 1
エジプト エジプト 0 0 1 1
スロベニア スロベニア 0 0 1 1
スイス スイス 0 0 1 1
タジキスタン タジキスタン 0 0 1 1
ウクライナ ウクライナ 0 0 1 1
アメリカ合衆国 アメリカ合衆国 0 0 1 1

日本人選手の成績[編集]

男子[編集]

60kg級   平岡拓晃  2回戦敗退
66kg級   内柴正人  金メダル
73kg級   金丸雄介  7位
81kg級   小野卓志  1回戦敗退
90kg級   泉浩  2回戦敗退
100kg級   鈴木桂治  1回戦敗退
100kg超級   石井慧  金メダル

女子[編集]

48kg級   谷亮子  銅メダル
52kg級   中村美里  銅メダル
57kg級   佐藤愛子  7位
63kg級   谷本歩実  金メダル
70kg級   上野雅恵  金メダル
78kg級   中澤さえ  2回戦敗退
78kg超級   塚田真希  銀メダル

関連項目[編集]

外部リンク[編集]