前主系列星

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

前主系列星[1](ぜんしゅけいれつせい、pre-main-sequence star[1])は、未だ主系列星の段階まで達していない恒星である。おうし座T型星か、オリオン座FU型星(<2太陽質量)か、ハービッグAe/Be型星(2-8太陽質量)になりうる。PMSとも呼ばれる[2]

主系列星のエネルギー源は水素の燃焼であるのに対して、前主系列星のエネルギー源は重力収縮である。ヘルツシュプルング・ラッセル図では、0.5太陽質量以下の前主系列星は、林トラックに沿ってほぼ垂直に降下し、後にヘニエイトラックに沿って左方に水平に移動することで主系列星に達する。

前主系列星は、スペクトル線で重力と温度の相関関係を測定することによって主系列の矮星から区別することができる。前主系列星は主系列星よりも大きな半径を持つが、密度や表面重力は小さい。

中央の凝集部に周囲の物質が降着し、原始星ができると考えられている。ここで周囲のガスや塵が希薄で降着が止まると前主系列星ができる。前主系列星は、Stellar birthlineを超えた後に可視光で見えるようになる。前主系列星の段階にある期間は、恒星の生涯の1%以下である(これに対して、主系列星である期間は80%以上である)。

この段階にある期間は、全ての恒星が密度の高い原始惑星系円盤を持っていると信じられている。

出典[編集]

  1. ^ a b 『文部省 学術用語集 天文学編(増訂版)』 丸善株式会社、第1版、262頁。ISBN 4-8181-9404-2
  2. ^ 太陽系外惑星観測”. 日本惑星科学会. p. 9. 2015年9月1日閲覧。

関連項目[編集]