CH星

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

CH星[1](しーえいちせい、CH star[1][2]、CH型星[2])は、スペクトルに強いCHの吸収帯がある炭素星である。種族IIに属する恒星であり、金属量が少なく、中程度の年齢であり、古典的なC-N炭素星と比べると光度は小さい。多くのCH星は、連星であることが知られており、全てのCH星が連星だと考えるのが合理的である。バリウム星のように、現在は白色矮星になっている、以前の炭素星から質量転移が行われた結果が現在のCH星であると考えられている。

出典[編集]

  1. ^ a b 『天文学大事典』 地人書館、初版第1版、277頁。ISBN 978-4-8052-0787-1
  2. ^ a b 『オックスフォード天文学辞典』 朝倉書店、初版第1刷、170頁。ISBN 4-254-15017-2

外部リンク[編集]

  • David Darling. “CH star”. 2009年1月2日閲覧。