オリオン変光星

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

オリオン変光星[1](オリオンへんこうせい、Orion variable[1])(星雲型変光星[1](nebular variable[1]))は、不規則で爆発的な光度の変化を示す変光星である。通常、希薄な星雲を伴い、将来光度の変化しない通常の主系列星となる若い恒星であると考えられている。明るさの変動は、数等級にも及ぶ。

オリオン変光星に含まれるのは、おうし座T型星を含む分類INの変光星、およびオリオン座FU型星である[1]。また、閃光星のうち分類UVNの変光星もおそらく含むものと考えられている[1]。オリオン変光星の大部分は、INに分類される[1]

おうし座T型星は、スペクトル中に単イオン化に由来する特徴的な蛍光紫色輝線と通常は核融合で破壊されるリチウムの輝線を持つオリオン変光星である。

オリオン座FU型星は、5から6等級上昇し、最大1等級暗くなり、その状態が数十年続く。プロトタイプ星はオリオン座FU星で、その他はくちょう座V1057星はくちょう座V1515星がある。

また、最大1等級程度の周期的な小さな変動を見せるものや突然暗くなるもの、恒星への質量の降着を示すスペクトルを持つもの等もある。これらの特徴の複数が1つのオリオン変光星で見られる場合もある。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g 『オックスフォード天文学辞典』 朝倉書店、初版第1刷、72、219頁。ISBN 4-254-15017-2
  • Samus N.N., Durlevich O.V., et al. Combined General Catalog of Variable Stars (GCVS4.2, 2004 Ed.)

外部リンク[編集]