恒星ブラックホール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

恒星ブラックホール(こうせいブラックホール、Stellar black hole)とは、超新星爆発によって生まれたブラックホールである。最も一般的なブラックホールといえる。太陽の30倍以上の質量の恒星でないと、重力崩壊が進行しない為、ブラックホールにはならない。

性質[編集]

恒星ブラックホールの一覧[編集]

我々の銀河系は銀河の中心の超大質量ブラックホールよりも近くにある、幾つかの恒星ブラックホールの候補(BHCs)を持っている。これらの多くがX線連星として降着円盤を形成しながら、連星を吸収する。これらの連星からなるブラックホールの候補の質量は3太陽質量から12太陽質量以上である。[1][2][3]

名前 ブラックホールの質量 (太陽質量) 連星の質量 (太陽質量) 公転周期(日) 地球からの距離(光年) 位置[4]
A0620-00/いっかくじゅう座V616星(いっかくじゅう座X-1) 11 ± 2 2.6–2.8 0.33 約 3500 06:22:44 -00:20:45
GRO J1655-40/さそり座V1033星 6.3 ± 0.3 2.6–2.8 2.8 5000−11000 16:54:00 -39:50:45
XTE J1118+480/おおぐま座KV星 6.8 ± 0.4 6−6.5 0.17 6200 11:18:11 +48:02:13
Cyg X-1(はくちょう座X-1 11 ± 2 ≥18 5.6 6000–8000 19:58:22 +35:12:06
GRO J0422+32/ペルセウス座V518星 4 ± 1 1.1 0.21 約 8500 04:21:43 +32:54:27
GRO J1719-24 ≥4.9 ~1.6 possibly 0.6[5] 約 8500 17:19:37 -25:01:03
GS 2000+25/こぎつね座QZ星 7.5 ± 0.3 4.9–5.1 0.35 約 8800 20:02:50 +25:14:11
GS 2023+338(はくちょう座V404星) 12 ± 2 6.0 6.5 7800±460[6] 20:24:04 +33:52:03
GX 339-4/さいだん座V821星 5–6 1.75 約 15000 17:02:50 -48:47:23
GRS 1124-683/はえ座GU星 7.0 ± 0.6 0.43 約 17000 11:26:27 -68:40:32
XTE J1550-564/じょうぎ座V381星 9.6 ± 1.2 6.0–7.5 1.5 約 17000 15:50:59 -56:28:36
4U 1543-475/おおかみ座IL星 9.4 ± 1.0 0.25 1.1 約 24000 15:47:09 -47:40:10
XTE J1819-254/いて座V4641星英語版 7.1 ± 0.3 5–8 2.82 24000 – 40000[7] 18:19:22 -25:24:25
GRS 1915+105/わし座V1487星 14 ± 4.0 ~1 33.5 約 40000 19:15;12 +10:56:44
XTE J1650-500 9.7 ± 1.6 [8] . 0.32[9] 16:50:01 -49:57:45
GW150914 (62 ± 4) M 36 ± 4 29 ± 4 . 13億
GW151226 (21.8 ± 3.5) M 14.2 ± 6 7.5 ± 2.3 . 29億
GW170104 (48.7 ± 5) M 31.2 ± 7 19.4 ± 6 . 14億
  • LMC X-3(大マゼラン雲X-3) 約9.0太陽質量
  • LMC X-1(大マゼラン雲X-1) 約2.5太陽質量

出典[編集]

  1. ^ J. Casares: Observational evidence for stellar-mass black holes. Preprint
  2. ^ M.R. Garcia et al.: Resolved Jets and Long Period Black Hole Novae. Preprint
  3. ^ J.E. McClintock and R.A. Remillard: Black Hole Binaries. Preprint
  4. ^ ICRS coordinates obtained from SIMBAD. Format: 赤経 (hh:mm:ss) ±赤緯 (dd:mm:ss).
  5. ^ Masetti, N.; Bianchini, A.; Bonibaker, J.; della Valle, M.; Vio, R. (1996), “The superhump phenomenon in GRS 1716-249 (=X-Ray Nova Ophiuchi 1993)”, Astronomy and Astrophysics 314 
  6. ^ Miller-Jones, J. A. C.; Jonker; Dhawan. “The first accurate parallax distance to a black hole”. The Astrophysical Journal Letters 706 (2): L230. arXiv:0910.5253. Bibcode 2009ApJ...706L.230M. doi:10.1088/0004-637X/706/2/L230. 
  7. ^ Orosz et al. A Black Hole in the Superluminal source SAX J1819.3-2525 (V4641 Sgr) Preprint
  8. ^ "Scientists Discovered the Smallest Black Hole" (PDF).
  9. ^ Orosz, J.A. et al. (2004) ApJ 616,376–382.[1], Volume 616, Issue 1, pp. 376–382.

関連項目[編集]