全日本社会人バスケットボール選手権大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
全日本社会人バスケットボール選手権大会
開始年 2005年
主催 日本バスケットボール協会
日本社会人バスケットボール連盟
参加チーム数 男子:16
女子:8
加盟国 日本の旗 日本
前回優勝 男子:リンタツ
女子:鶴屋百貨店
最多優勝 男子:九州電力(5回)
女子:山形銀行(6回)
サイト syakaijin2017.japanbasketball.jp
備考 第3回(2007年)から兼全日本総合バスケットボール選手権大会予選
テンプレートを表示

全日本社会人バスケットボール選手権大会は、日本バスケットボール協会日本社会人バスケットボール連盟が主催する社会人バスケットボールの全国大会である。

概要[編集]

2005年より毎年11月初旬に2日ないし3日に渡り開催される。日本協会及び各連盟(実業団クラブ教員)に加盟しているチームが参加資格を得て、各連盟上位チームが本大会に出場する。すなわちB.LEAGUEB3.LEAGUEW LEAGUE所属チームを除くすべての社会人チームに出場の権利が与えられる。

なお、第3回(2007年)から上位チームは全日本総合バスケットボール選手権大会(オールジャパン)の出場権を獲得する[1]

第5回(2009年)は会場の都合などもあり10月24日ないし25日に開催時期が変わるが、第6回(2010年)は11月に戻る。第11回(2015年)は10月31日・11月1日の2日間開催。

2016年より男子トップリーグがB.LEAGUEに再編されたのを受け、その下部リーグたるB3.LEAGUEへの参加条件として当大会に出場することが課される(但し、B3リーグ参加は各クラブの任意による。また2015-16年度のTKbjリーグ、NBL、NDBLに加盟し、Bリーグへの参加を申請しなかった・または認められなかったクラブ<和歌山トライアンズ含む>についてはこの大会に出場していなくても申請可能であるが、新規加盟希望前年度(2017年のB3加盟であれば、2016年度)に、日本バスケットボール協会にチーム登録を済ませること)[2]

2017年、日本社会人バスケットボール連盟が立ち上がり、当大会は同連盟と日本協会の共催としてリニューアル。2017年はプレ大会として開催され、2019年3月に連盟主催第1回が開催される予定である[3]

開催方式(2016年)[編集]

出場枠[編集]

  • 男子16(クラブ連盟8、教員連盟2、実業団連盟6)
  • 女子8(クラブ連盟3、教員連盟2、実業団連盟3)

大会登録[編集]

  • 1チームの大会登録は、役員・スタッフ8名以内・選手16名以内。
  • 外国人登録は、1チーム2名までとし、オン・ザ・コートは1名(第4回(2008年)より規定)[4]
    • 第6回(2010年)まで女子の外国人登録は禁止されていた[5]
  • ベンチで指揮をするスタッフはJBA公認D級コーチ以上の資格を持っていること(第11回(2015年)より必須[6])。
    • 第8回(2012年)より推奨されていた。

競技方法[編集]

  • ノックアウトトーナメントを採用し、決勝戦の勝者が社会人バスケ日本一の称号を得る。
  • 1回戦で負けたチームは交流戦に回る。
  • 男女とも上位2チームがオールジャパンに進出する。

開催記録[編集]

男子[編集]

会場 優勝 決勝 準優勝 3位 4位
1 2005 ひらつかアリーナ 豊田合成 81 - 79 JR東日本秋田 黒田電気 横河電機
2 2006 船橋アリーナ 横河電機 92 - 65 ガリバークラブ アイシンAW 日本無線
3 2007 船橋アリーナ 九州電力 58 - 57 新生紙パルプ商事 横河電機 ホシザキ
4 2008 ホワイトキューブ 横河電機 82 - 58 JR東日本秋田 九州電力 東京日産
5 2009 ぐんまアリーナ 横河電機 97 - 60 新生紙パルプ商事 GIFU SWOOPS 九州電力
6 2010 春野体育館 九州電力 70 - 63 日本無線 JR東日本秋田 曙ブレーキ工業
7 2011 西部体育C
福野体育館
日本無線 81 - 66 三井住友銀行 横河電機 横浜ギガスピリッツ
8 2012 秋田市立体育館 九州電力 58 - 53 横河電機 日本無線 JR東日本秋田
9 2013 広島グリーンアリーナ 日本無線 79 - 77 九州電力 曙ブレーキ工業 富士通
10 2014 酒田市国体記念体育館 九州電力 91 - 63 和歌山クラブ 日本無線 横河電機
11 2015 アミノバリューホール 九州電力 69 - 59 黒田電気東京 曙ブレーキ工業 石川ブルースパークス
12 2016 ジップアリーナ岡山 リンタツ 54 - 45 九州電力 新生紙パルプ商事 千葉ジェッツネクスト
- 2017 パークアリーナ小牧 新生紙パルプ商事 91 - 71 日本無線 JR東日本秋田 九州電力

女子[編集]

会場 優勝 決勝 準優勝 3位 4位
1 2005 ひらつかアリーナ 鶴屋百貨店 67 - 49 山形銀行 秋田銀行 KNC
2 2006 船橋アリーナ 秋田銀行 95 - 67 クラヤ三星堂 ブルー・ガディス 山形銀行
3 2007 船橋アリーナ 秋田銀行 88 - 78 鶴屋百貨店 山形銀行 千葉女子教員
4 2008 ホワイトキューブ 山形銀行 77 - 68 鶴屋百貨店 秋田銀行 千葉女子教員
5 2009 ぐんまアリーナ 山形銀行 82 - 68 鶴屋百貨店 秋田銀行 千葉女子教員
6 2010 春野体育館 山形銀行 77 - 45 鶴屋百貨店 千葉女子教員 秋田銀行
7 2011 西部体育C
福野体育館
秋田銀行 86 - 75 山形銀行 鶴屋百貨店 千葉女子教員
8 2012 秋田市立体育館 山形銀行 89 - 51 鶴屋百貨店 ストレッチ 秋田銀行
9 2013 広島グリーンアリーナ 山形銀行 51 - 49 秋田銀行 鶴屋百貨店 ストレッチ
10 2014 酒田市国体記念体育館 山形銀行 77 - 56 鶴屋百貨店 紀陽銀行 ストレッチ
11 2015 アミノバリューホール 秋田銀行 78 - 75 鶴屋百貨店 東京教員 JOIN
12 2016 ジップアリーナ岡山 鶴屋百貨店 81 - 70 滋賀銀行 紀陽銀行 AFBB
- 2017 パークアリーナ小牧 山形銀行 70 - 50 鶴屋百貨店 秋田銀行 千葉女子教員

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 第3回 全日本社会人バスケットボール選手権大会 2016年7月18日閲覧
  2. ^ B3リーグ「2017-18シーズン」新規加盟クラブの公募予定 B3.LEAGUE 2016年7月1日
  3. ^ 全国大会
  4. ^ 大会概要”. 第4回 全日本社会人バスケットボール選手権大会. 2013年2月19日閲覧。
  5. ^ 大会概要”. 第6回 全日本社会人バスケットボール選手権大会. 2013年2月19日閲覧。
  6. ^ “「東日本大震災」被災地復興支援 第 8 回全日本社会人バスケットボール選手権大会 兼 第 88 回天皇杯・第 79 回皇后杯 全日本総合バスケットボール選手権大会予選 競技要項” (PDF) (プレスリリース), 公益財団法人日本バスケットボール協会, (2012年10月3日), http://www.japanbasketball.jp/event/syakaijin/2012/pdf/outline_20121003.pdf 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]