全国新作花火競技大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
全国新作花火競技大会
Kissoffire.jpg
諏訪湖名物水上スターマイン「Kiss of fire」
概要
開催時期 9月第1土曜日
会場・場所 長野県諏訪市上諏訪温泉諏訪湖畔
打ち上げ数 18,000発
主催 諏訪市観光協会
人出 300,000人(2015年)
最寄駅 上諏訪駅
外部リンク 信州 諏訪湖の花火
備考
優勝者には経済産業大臣賞を授与
テンプレートを表示

全国新作花火競技大会(ぜんこくしんさくはなびきょうぎたいかい)は、長野県諏訪市諏訪湖で、例年9月の第1土曜日に開催されている、若手花火師による花火大会である[1]

諏訪市では8月15日諏訪湖祭湖上花火大会(以下湖上花火大会と表記する)と並んで諏訪二大花火大会となっている。

概要[編集]

諏訪湖では、例年8月に開催される「諏訪湖祭湖上花火大会」が一般の花火師が参加する大規模な花火大会としてられているが、当花火大会は競技大会であり、出場者は若手花火師に限定され、全国から新作を持ち寄ってその優劣を競っている[1]。優勝者には経済産業大臣が授与されているが、2014年(平成26年)現在、同賞が授与されているのは当大会、全国花火競技大会秋田県)、土浦全国花火競技大会茨城県)の3大会のみである。

花火師はそれぞれテーマを決め、そのテーマに沿った曲にのせて花火を打ち上げる。花火6つごとにスターマインが1セットずつ用意されている。

大会の最後には諏訪湖の花火大会で名物となっている「水上スターマイン」が打ち上げられる。

沿革[編集]

1983年昭和58年)の「第4回 杜の賑い『諏訪明神ふるさと祭り』」において、日本交通公社(現・JTB)の協力により15分間ほど打ち上げられた花火を第1回としている[2][3]。翌1984年(昭和59年)から競技花火大会の形となり、日本煙火芸術協会会員の約30社が参加して新作花火を打ち上げ、審査がなされた[2]1986年(昭和61年)には祭りの名称を「第7回 杜の賑い『諏訪よいてこ』」に改称した[2]1990年(平成2年)より「杜の賑い」という祭りの中で「諏訪よいてこ」と「JTB新作花火大会」が並立開催されるようになった[2]

バブル崩壊により「杜の賑い」が終了すると、1993年平成5年)より「諏訪よいてこ」と花火大会は完全分離することになり、花火大会は独立した[2]。この年の花火大会の翌日、「花火サミットin諏訪湖93」と称する討論会が開催され、全国の若手花火師26人や評論家、写真家などが参加した[2]。すると翌1994年(平成6年)、花火大会は「花火サミットin諏訪湖 新作花火大会」と改称し、「参加者は若手花火師」および「タイトルとイメージ文、イメージソングが付けられた花火」という現在の形式の競技大会になった[2]

1996年(平成8年)より「全国新作花火競技大会」(花火サミットin諏訪湖96)に改称し、通商産業省関東通商産業局長賞(現・経済産業省関東経済産業局賞)および長野県知事賞の授与を開始[2]2000年(平成12年)より副題を廃止し、現在の名称になった[2]2004年(平成16年)の第22回大会からは、優勝者に経済産業大臣賞が授与されるようになった[2]

大会規模の推移[編集]

  • 第26回(2008年)大会規模
    • 総打ち上げ数:約17000発
    • 観客数:約31万人
    • セット数:30基
    • 天候:晴れ
  • 第27回(2009年)大会規模
    • 総打ち上げ数:約17000発
    • 観客数:約30万人
    • セット数:28基
    • 天候:晴れ
  • 第28回(2010年)大会規模
    • 総打ち上げ数:約17000発
    • 観客数:約30万人
    • セット数:25基
    • 天候:晴れ
  • 第29回(2011年)大会規模
    • 総打ち上げ数:約16000発
    • 観客数:約20万人
    • セット数:25基
    • 天候:小雨
  • 第30回(2012年)大会規模
    • 総打ち上げ数:約18000発
    • 観客数:約30万人
    • セット数:25基
    • 天候:晴れ
  • 第31回(2013年)大会規模
    • 総打ち上げ数:約18000発
    • 観客数:約30万人
    • セット数:25基
    • 天候:曇り
  • 第32回(2014年)大会規模
    • 総打ち上げ数:約18000発
    • 観客数:約30万人
    • セット数:25基
    • 天候:曇り
  • 第33回(2015年)大会規模
    • 総打ち上げ数:約18000発
    • 観客数:約30万人
    • セット数:25基
    • 天候:晴れ

過去の受賞作品[編集]

なお、これら3賞の他に殊勲賞・敢闘賞・技能賞・特別賞がある。

第15回(1997年)
  • 優勝 - 「湖上の蝶舞」 古澤義勝(信州煙火工業)ある晴れた日に(蝶々夫人
  • 準優勝 - 「くまばちの飛行」 青木昭夫(紅屋青木煙火店) 熊蜂の飛行(リムスキー=コルサコフ
  • 奨励賞 - 「2度咲きブーゲンビリア」 小口芳正(小口煙火)
第16回(1998年)
  • 優勝 - 「空飛ぶタケコプター」 小口友義(三遠煙火)ドラえもんの主題歌
  • 準優勝 - 「親子冠菊」 小勝一弘(丸玉屋小勝煙火店) 母と子のきずな(サイモンとガーファンクル
  • 奨励賞 - 「銀河のロマンス」 小幡哲夫(菊屋小幡花火店) 銀河鉄道999(ゴダイゴ
第17回(1999年)
  • 優勝 - 「風の香り」 金沢克昌(金沢煙火工場) 風の回廊(山下達郎
  • 準優勝 - 「夜空の太陽」 山内俊幸(山内煙火店) 真っ赤な太陽
  • 奨励賞 - 「心の花模様」 小幡哲夫(菊屋小幡花火店) 花(石嶺聡子
第18回(2000年)
  • 優勝 - 「夢想花」 古澤義勝(信州煙火工業) 夢想花(円広志
  • 準優勝 - 「ラストクリスマス」 小幡哲夫(菊屋小幡煙火店) クリスマスキャロルの頃には(稲垣潤一
  • 奨励賞 - 「夜空のイリュージョンマジック」 小口友義(三遠煙火) 交響曲第5番「運命」第一楽章(ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン
第19回(2001年)
  • 優勝 - 「フラワーネックレス」 松本正和(ホソヤエンタープライズ) 花の首飾り(井上陽水
  • 準優勝 - 「幸せのウエディングリング」 小口友義(三遠煙火) I well always love you(ホイットニー・ヒューストン
  • 奨励賞 - 「親子柳にホタルの舞」 関島善(関島煙火製造所) 花の首飾り(井上陽水)
第20回(2002年)
  • 優勝 - 「ビッグバン」 加藤利宏(加藤煙火) ツァラトゥストラはかく語りき(リヒャルト・シュトラウス
  • 準優勝 - 「マジックリング」 小口友義(三遠煙火) オリーブの首飾り(ポール・モーリア)
  • 奨励賞 - 「諏訪湖の花時計」 篠原茂男(篠原煙火店) 時の流れに身をまかせ(テレサ・テン
第21回(2003年)
  • 優勝 - 「湖上の星」 高木政幸(高木煙火) 地上の星(中島みゆき
  • 準優勝 - 「心の灯火」 小口芳正(小口煙火) いとしのエリー(サザンオールスターズ
  • 奨励賞 - 「銀座の柳」 小口友義(三遠煙火) ムーンライトセレナーデ(グレーミラー
第22回(2004年)
  • 優勝 - 「夢花火」 小口芳正(小口煙火) 夢芝居(梅沢富美男
  • 準優勝 - 「湖上のピーコック」 小池秀幸(伊那火工堀内煙火店) 鳥よ(夏川りみ
  • 奨励賞 - 「コスモサンクチュアリ」 本田裕之(加藤煙火) 宇宙よ(機動戦士ガンダムTV版総音楽集DISC1より)
第23回(2005年)
  • 優勝 - 「惑星からのメッセージ」 野原幸明(三遠煙火) 宇宙よ(『機動戦士ガンダム』TV版BGM)
  • 準優勝 - 「花水木」 市川武彦(小口煙火) ハナミズキ(一青窈
  • 奨励賞 - 「パーティーナイトでLet's dance」 小幡知明(菊屋小幡花火店) 恋のマイアヒ(オゾン
第24回(2006年)
  • 優勝 - 「アレンジメント・フラワー」 市川武彦(小口煙火) Precious(伊藤由奈
  • 準優勝 - 「かざぐるま」 今野義和(北日本花火興業) かざぐるま(一青窈)
  • 奨励賞 - 「夜空からのプレゼント」 峰周平(ホソヤエンタープライズ) 星に願いを(L ハーライン
第25回(2007年)
  • 優勝 - 「ドラネコ ジャンボ」今野義和(北日本花火興業) ドラネコロックンロール(NHKおかあさんといっしょ』)
  • 準優勝 - 「燈籠の灯火」 小松忠信(小松煙火工業) 風笛(大島ミチル
  • 奨励賞 - 「夏のかおり」 小幡知明(菊屋小幡花火店) Respect!(Metis
第26回(2008年)
  • 優勝 - 「姫菊物語」 市川武彦(小口煙火) 夕月夜(山下ひろみ
  • 準優勝 - 「夢」 山村知之(信州煙火工業) 夢(ウルフルズ
  • 奨励賞 - 「星空より舞い降りし天使たち」 飯田茂雄(齋木煙火本店) you raise me up(ケルティック・ウーマン
第27回(2009年)
  • 優勝 - 「諏訪湖に輝く希望の星」 加藤峰之(高木煙火) DEPARTURE(Rio&Syuga
  • 準優勝 - 「銀彩繚乱」 西澤公介(紅屋青木煙火店) 風(平間さと子
  • 奨励賞 - 「幻想花風景」 小幡知明(菊屋小幡花火店) のすたるじあ(OTO-DAMA 電気的祝祭楽団
第28回(2010年)
  • 優勝 - 「紫陽花」 齊木智(マルゴー) 星に願いを(L ハーライン
  • 準優勝 - 「夏のそよ風」 柿木博幸(柿木花火工業) 果てしなく続くストーリー
  • 奨励賞 - 「バタフライ〜今日はどんな時よりも素晴らしい〜」 柳沢和彦(オリエンタル加工) Butterfly(木村カエラ
第29回(2011年)
  • 優勝 - 「希望の光」 黒木隆司(丸玉屋小煙火店) 希望という名の光(山下達郎
  • 準優勝 - 「宇宙の彼方」 西田昌弘(太陽堂田村煙火店) スタートレック(映画版)フィナーレ
  • 奨励賞 - 「幻想の華」 山内俊幸(山内煙火) 幻想即興曲ハ短調(ショパン
第30回(2012年)
  • 優勝 - 「日本の花〜侘寂〜」 山内俊幸(山内煙火) 風の時間(久石譲
  • 準優勝 - 「匠〜七変化之華〜」 飯田茂雄(齋木煙火本店) 匠(松谷卓
  • 奨励賞 - 「山紫陽花」 西田昌弘(太陽堂田村煙火店) 紫陽花(DeW
第31回(2013年)
  • 優勝 - 「独楽」 田畑英之(田畑煙火) 和風BGM
  • 準優勝 - 「パステル土星〜元気の輪〜」 尾崎正仁(加藤煙火) 星に願いを(ケルティック・ウーマン
  • 奨励賞 - 「虹色のグラデーション」 飯田茂雄(齋木煙火本店) Time To Say Goodbye(サラ・ブライトマン
第32回(2014年)
  • 優勝 - 「moving illusion」 新堀雄一(野村花火工業) MOBILE SUIT(澤野弘之
  • 準優勝 - 「ビールジョッキ」 広瀬弘幸(丸玉屋小勝煙火店) ボラーレ(ジプシー・キンプス)
  • 奨励賞 - 「♩ぶんぶんぶん蜂が飛ぶ♩〜刺されないように気を付けて!!〜」 村上淳(伊那火工堀内煙火店) ぶんぶんぶん(童謡)
第33回(2015年)
  • 優勝 - 「♪ほ・ほ・ほ〜たる来い♪蛍乱舞」 村上淳(伊那火工堀内煙火店) ほたるこい(童謡)
  • 準優勝 - 「光のダンス」 新堀雄一(野村花火工業) Toulouse(ニッキー・ロメロ
  • 奨励賞 - 「ここに咲く紫陽花の華」 柿木博幸(柿木花火工業) あじさいのうた(原由子
第34回(2016年)
  • 優勝 - 「光の旋律」 新堀雄一(野村花火工業) 革命のエチュード(マキシム
  • 準優勝 - 「レインボール」 飯田茂雄(齊木煙火本店) シンクロ BOM-BA-YE(佐藤直紀
  • 奨励賞 - 「太陽の花」 小口晶大(小口煙火) SUN(星野源
第35回(2017年)
  • 優勝 - 「むすんでひらいて」 新堀雄一(野村花火工業) 交響曲第5番「運命」第1楽章(Trance
  • 準優勝 - 「心に染みる夜空の花」 小幡知明(菊屋小幡花火店) Hey Jude(The Beatles
  • 奨励賞 - 「Gold Rush」 片山智貴(イケブン) Denger zone(Kenny Loggins
第36回(2018年)
第37回(2019年)

交通[編集]

道路[編集]

花火大会当日は諏訪湖周辺で例年18:00 - 22:00まで会場周辺の歩行者天国、道路の一方通行化等の交通規制が敷かれる。また諏訪湖近辺から最寄インターチェンジである中央自動車道諏訪IC長野自動車道岡谷ICを結ぶ道路は渋滞する。花火大会終了直後は特に車の移動が相次ぐ。

市施設等の駐車場が無料・有料の臨時駐車場として開放されるが、その数は人出と比べて極めて少ない。また諏訪湖間欠泉センター駐車場は歩行者天国内の臨時駐車場となり、22:00に歩行者天国が解除されるまで出車できない。中央自動車道諏訪湖SAでの花火の見物はできない。

鉄道[編集]

会場最寄駅は、東日本旅客鉄道(JR東日本)の中央本線上諏訪駅である。当日は臨時列車も運行され輸送増強がなされるが、利用者は多く大変な混雑になる。臨時改札口が設けられるものの、混雑による混乱・危険の防止のために、状況により改札止めが実施される。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b よくある質問(信州諏訪湖の花火)
  2. ^ a b c d e f g h i j 全国新作花火競技大会の歴史(信州諏訪湖の花火)
  3. ^ 諏訪よいてこの歴史(諏訪よいてこ実行委員会)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]